スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近鉄本社への要請

012年8月 9日(木) はれ 

 地域のみなさんが、近鉄本社に「要請」に行きました。
 あやめ池駅のエレベーター設置に向けての要請です。

近鉄本社          ● 近鉄本社ビル

 担当した近鉄側の返事が”煮え切らない”。そうです。
 駅のエレベーターの設置については、近鉄も「合意」しています。

 ただ、「維持管理」についてかなりの費用がいるし、運転時間をどうするか・事故があった場合の問題など、課題はたくさんある。等の答弁。

 なにか煮え切らない答弁だったらしい。 
 
 地域の方は「これまでのように、『奈良市が・・・・』とは言わなかった。『奈良市とわかり合えた』とのべるなど、少しづつ進展している感じがした」と感想を述べています。
 
 私も、議会で引き続き取り組んでいきたいと思います。 
  
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流   

 「その時、巨大な火の玉をみた。地球の中から飛び出した火の玉のようであり…地上から異様な光景がわきだして、新しい生命が生まれてきているようだった」。
長崎原爆 ● 長崎原爆
 1945年8月9日午前、長崎の上空。原爆を落とした米軍機の搭乗員、ニューヨーク・タイムズ特派員ウイリアム・L・ローレンスの報告です。彼は、「怪物」のようなキノコ雲も「生命力に満ちているようだった」と書きました。
 勝ち誇るように「感動した」とのべた報告は、のちに非難されます。「火の玉」「怪物」の下で地上の地獄をみた人への同情もない、と。もともとアメリカ政府・軍みずから、広島・長崎の中心の上空で原爆を爆発させる考えでした。
 日本軍の施設や兵器工場をねらうだけなら、通常爆弾ですむはずです。しかし、どれほど大量に人を殺傷できるか試す思惑もあり、原爆を使ったのです。敵・味方をこえて被爆者が生まれました。
被団協 ● 被団協の「原爆と人間展」ポスター
 三十数カ国におよぶ国の人々が、被爆したとみられます。日本に連行されていた韓国・朝鮮人。長崎で捕虜になっていたオランダ軍兵士。戦後に広島や長崎にきた米軍兵士…。核兵器をなくす運動は、初めから国境をこえた人々の願いに根ざしています。
 日本原水爆被害者団体協議会の「原爆と人間展」に紹介されている日本の被爆者の叫びが、みる人たちを奮い立たせています。「俺は十歳で原爆孤児になった/…原爆は俺の体の中で ガンになって生きている/俺は死ねないんだ。原爆と心中するまでは―」(福田良弌(りょういち)さん)。 
           
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 8月21日(火)・観光文教水道委員会
   24日(金)・議会制度検討特別委員会
   26日(日)・奈良県日本共産党後援会総会
   27日(月)・市会議員団総会
   28日(火)・9月議会内示会(提出予定案件の説明)
 9月 4日(火)・9月議会開会
 
      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。