スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歓迎会

012年8月 4日(土) はれ 

 毎週金曜日の、首相官邸前「原発再稼働反対」抗議行動は、昨日も8万人(主催者発表)を超えました。最初は350人から始まった抗議行動。
 奈良市内の「関西電力奈良支店前抗議行動」も首相官邸前抗議行動に呼応して始まっています。
   
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSCF4811.jpg

 世直し大運動を通じて奈良市では200人以上、新たに日本共産党に入っていただきました。
 今日は、「歓迎会」です。
DSCF4812.jpg           ● 歓迎と挨拶する広井暢子副委員長
 
 市田忠義書記局長が来県の予定でしたが、国会の7野党「内閣不信任案提出」の取り組みで時間が取れず,
広井暢子副委員長が来てくれました。  
     
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流   

 先月末、インターネットのTwitter(ツイッター)が世界規模でシステム障害を起こしました。ちょうどロンドン五輪のサッカーで日本がスペインに勝利した時間と重なり、「つぶやく」ことができない利用者が続出したと話題に。
 ツイッターは全世界で1億4千万人が利用。1日の投稿数は3億4千万件にのぼるといいます。日本でも2000万人以上が活用しているそうです。
 このツイッターが大活躍したのが原発再稼働に反対する官邸前抗議行動です。ある大学の研究者が行ったアンケート調査では参加者の約4割が、ツイッターで行動を知ったと答えています。
スマート ● スマートフォン
 3月29日、最初の行動について本紙は、有志グループが「『ツイッター』を通じて参加を呼びかけ」たと報じました。当初から取材している同僚記者は、参加者が「再稼働反対」を元気いっぱいアピールしながら、スマートフォンを操作してツイッターで“実況中継”するという光景をよく見かけたといいます。
 350人から始まった抗議行動は、20万人余の大集会に。全国各地にも燎原(りょうげん)の火のように広がりました。いまやツイッターだけではなく本紙などの報道、口コミ、団体を通じてと、多彩な経路で伝播(でんぱ)しています。
 中東の政変でも大きな役割を果たしたツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディア。時とともに集う手段は変わりますが、変わらないものがあります。それは集った人々の変革への思い。「再稼働反対」の唱和が響くたびに実感するのです。
          
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 8月 9日(木)・市民環境委員会
   21日(火)・観光文教水道委員会
   24日(金)・議会制度検討特別委員会
 
■ メールのアドレスが変わりました。
以下まで、よろしくお願いします。
oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。