スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小規模多機能型施設

012年8月 3日(金) はれ 

 奈良市の地域包括支援センター圏域内に、それぞれ設置・運営されていますが、東部地域・鼓坂地域・富雄地域内にはありません。8月から3ヵ所が「公募」(8月末まで)されており、土地以外の建物には、約5200万円の補助金(全額国庫補助)がつきます。今日は「公募」の問い合わせに同行しました(とは言っても、「公募」されているわけですから、「担当課の紹介だけで、同席せず退席しましたが・・・・)。

DSCF4800.jpg
  
 小規模多機能型居宅介護は、「通い(デイサービス)」を中心として、要介護者の様態や希望に応じて、随時「訪問(訪問介護)」や「泊まり(ショートステイ)」を組み合わせてサービスを提供することで、中重度となっても在宅での生活が継続できるように支援するものです。
 このサービスが創設される前では、「通い」、「訪問」と「泊まり」などの介護サービスをそれぞれ別の施設で受けることにより、それぞれの場面で利用者に対応するスタッフが異なるために馴染みの関係やケアの連続性が保たれないなどの問題がありました。特に認知症高齢者の場合、記憶や認知機能の障害のために、自分のいる場所がわからなくなったり、周囲の環境の変化に対応ができなくなるなど、不安や混乱から症状の悪化を引き起こすことがみられました。
 小規模多機能居宅介護を提供する施設は、地域に根ざした小規模の施設であるため、「通い」、「訪問」、「泊まり」等のサービスを利用するときに同じスタッフが対応できますので、連続性のあるケアを利用できる利点があります。 
 サービスを提供する事業所での利用者の登録数は、25名程度で、1日当たりの「通い」の利用者は、15名以下、「泊まり」の利用者は、5~9名が上限です。このサービスを利用しながら、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、福祉用具貸与などを利用できます。
 
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 3時30分から、定例のあやめ池南ショッピング宣伝。

 4時から西大寺駅北口で伊藤えみ子候補や県議・市議そろい踏みで宣伝。でした。

西大寺駅宣伝

 皆さん、励ましてくれます。がんばらなくちゃ。
     
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 夜は、久々に「暑気払い」(飲み会)でした。親友と”乾杯”。
 ビールが美味しかった。

生ビール

DSCF4801.jpg
 
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流   

 動物たちが集まり、相談を始めました。運動会を開こう。さて、どんな競技がいいのやら。
 宮沢賢治の童話、「けだもの運動会」です。トラは、「引き裂き競争」を提案します。組んだ相手を引き裂く。しかし、1等賞の1匹だけ残して動物は滅んでしまうので、採用されません。ゾウの提案は、「鉄棒ぶらさがり競争」です。
宮沢賢治 ●宮沢賢治
 動物の体つきや得手はばらばらだから、鉄棒へのとりつきは指でもひじでも足でもいい。「公平だ」「名案だ」と採用されます。1等の本命はサルだが、「それもやってみなければわからない」。ほんと、サルは途中で落ち、1等賞は誰? 残念ながら、賢治の原稿が残っておらず謎です。
 滅ぼしあうのではなく、ともに生きる。競い合いは公平に。なんだか、オリンピックのようです。本命の選手でも結果は「やってみなければわからない」、競技のむずかしさもほのめかしています。
内村 ●内村航平選手
 ロンドン五輪の体操個人総合の本命、内村航平選手が優勝を果たしました。予選で思わぬ不調、団体総合のあん馬では後味悪い降り技ミスもあり、苦しんだ末の栄冠です。練習の積み重ねに裏打ちされた美技の連続は、観客を魅了し、立花泰則監督に「人類で究極の動き」といわせました。
 「ようやく、自分が自分であることを証明できた」と内村選手。が、「満足したなという思いはありません。自分の理想が表現できたときでも終着点ではない」と語ります。「自分の限界に挑戦したい」。それは、人類の限界に挑んでゆく旅です。 
          
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 8月 9日(木)・市民環境委員会
   21日(火)・観光文教水道委員会
   24日(金)・議会制度検討特別委員会
 
■ メールのアドレスが変わりました。
以下まで、よろしくお願いします。
oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。