スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当らない”宝くじ”

012年7月25日(水) はれ 

 サマージャンボ宝くじが発売中です。
 数人でお金を出し合って”一攫千金”を狙う方もいます。

宝くじ ● 記事と関係ありません

 私の友人も数人でお金を出し合って買っています。でも、高額の当選経験はないらしい・・・。
 昨年の年末ジャンボの抽選の後、「10、000円が当たった・・・」(と記憶していますが)と喜んで、お酒をのみに・・・。結局、当日は約5000の出費。
 おまけに、酔ったあげく様々な”災難”(というか、自分たちから、”いたずら”をした)というかに・・。
 「ふんだりけったりじゃぁ~~~~~」と愚痴をこぼしていました。 
 
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日の建設委員会は、下水道関係に集中しました。
 奈良市の下水道普及率は、90%を超えていますが、年間予算で見ると、基準内損失(国の基準による下水道建設費用等の赤字分)は年間約17億円、基準外損失(下水道事業そのものの赤字分)は約15億円となっています。
 市は、将来的に、下水道事業(現在は”特別会計”=市民の税金と下水道利用料等で運営)を水道局(独立採算制=公営企業)と一体化し「上下水道局」にすすめたいとしていますが、。現在の赤字分(とりわけ、基準外損失分)を下水道料金の引き上げで、「解消したい」という考えが明らかになった下での本日の建設委員会での質問に集中したものです。

DSCF4774.jpg ●質問する西本議員(インターネットより)

 そもそも、下水道事業は「汚水と雨水」の両方を管理・処理しており、「独立採算」にはなじまないとされてきました。

 今後、大幅な下水道料金の”引き上げ”問題が問われることになると思います。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流   

 「僕は天才ではありません。なぜかというと自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです」。
 数多いイチロー選手の語録の中でも、とりわけ興味深い一つです。地道な練習や試みの積み重ねの中から、もっとも自分にあったよいやり方を選びとり、それを磨き身につけてゆく。イチロー選手が「努力を発見する」型の人間、といわれるわけです。
イチロー ●「ヤンキース」に移籍したイチロー選手
 そんなイチロー選手ですから、最近なぜ不振なのかについても、よく分かっているはずです。昨年、日米の通算で17年続いた打率3割以上の記録が途切れました。米大リーグに移った01年から10年連続で打ってきた、200本安打にも届きませんでした。
 かつて、「壁は乗り越えられる者にだけ訪れる」と語ったイチロー選手。マリナーズからヤンキースへの電撃移籍です。「環境を変えて刺激を求めたいという強い思いが芽生えました」。壁を乗り越えるため、よじ登るコースを変えたのでしょうか。リーグ優勝を争う名門ヤンキースなら、刺激に不足はありません。
 イチロー選手を、一野球選手というより1人の人間としてみる人が多い。イチローファンかどうかにかかわらず、野球が好きな人も、あまり関心のない人も。やはり、人間はどこまで自分の力を発見でき、発揮できるのかを、見守りたい気持ちからと察します。
 もちろん、挑戦し続ける姿は人々の励みです。イチロー選手のいう通り、「世の中の常識を少しでも変えるっていうことは、人間としての生きがいでもありますから」。
       
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 7月26日(木)・平和のための奈良市戦争展(29日まで)
   27日(金)・議会制度検討特別委員会
   31日(火)・厚生消防委員会
         ※ この日の委員会には、私も質問に立ちます。一番最初に質問します。
           13時から始まります。インターネットライブ放送でもご覧いただけます。
 8月 1日(水)・総務委員会
    4日(土)・原水爆禁止世界大会(6日まで)
    9日(木)・市民環境委員会
   21日(火)・観光文教水道委員会
   24日(金)・議会制度検討特別委員会
 
■ メールのアドレスが変わりました。
以下まで、よろしくお願いします。
oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。