スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミの声

012年7月24日(火) はれ 

 今年、初めての「セミの声」です。
 やはり、セミの声を聞くと、夏だなぁ~~~と感じます。
 夏といえば、高校野球も。まもなく始まります。

002520_000124_1277034661[1]

 今日は、厚生消防委員会の質問準備の一日です。
 委員会は来週の火曜日ですが、しっかりと調べて、市民の声も聞いて取り組みたいと思います。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流   

 「福島の人たちの苦しみに比べれば、私のがんの痛みや苦しみなど小さい」。この6月に亡くなった日隅一雄弁護士(享年49歳)は、生前、梓澤和幸弁護士に「なぜ頑張るのか」と聞かれ、こう答えたそうです。
弁護士 ● 故 日隅一雄弁護士(享年49歳)
 元新聞記者で東電と政府の記者会見に通いつめていた日隅さんは、昨年5月、胆のうがんで「余命半年」と宣告されます。その後も取材を続け、情報の隠ぺいや誤りを告発。亡くなる直前まで執筆、講演、ブログ投稿と、すさまじい活動を展開しました。
 その日隅さんが、寝られない夜に書いた最初で最後の絵本「大きな木の上の大きな目」。自分の身を犠牲にして仲間を危険から救ったサルの話で、最新刊『国民が本当の主権者になるための5つの方法』(現代書館)に収められています。
えほん ● 絵本「大きな木の上の大きな目」
 チンパンジーのミサのパパは、大きなヒョウが仲間に近づいてくるのを見つけます。「ウホウホ、あぶない」。大声で危険を知らせ、仲間の群れとは逆の方向へ逃げたミサのパパ。自分はヒョウに襲われ、仲間の命は助かります。でも誰もが同じようにできるわけではない。物語は大きな木の上で、順番に危険を見張ることを呼びかけます。
 マスメディアが権力の監視役を果たしていないもとで、いかに情報を得るか、強い問題意識を持っていた日隅さん。真実を知るためには、みんなが「大きな目」を光らせる必要があるのでしょう。
 「ウホウホ、あぶない」。日隅さんは、国民主権のためには比例代表制中心の選挙制度に変えるべきだとも訴えています。 
       
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 7月25日(水)・建設委員会
   26日(木)・平和のための奈良市戦争展(29日まで)
   27日(金)・議会制度検討特別委員会
   31日(火)・厚生消防委員会
         ※ この日の委員会には、私も質問に立ちます。一番最初に質問します。
           13時から始まります。インターネットライブ放送でもご覧いただけます。
 8月 1日(水)・総務委員会
    4日(土)・原水爆禁止世界大会(6日まで)
    9日(木)・市民環境委員会
   21日(火)・観光文教水道委員会
   24日(金)・議会制度検討特別委員会
 
■ メールのアドレスが変わりました。
以下まで、よろしくお願いします。
oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。