スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニの続き

012年7月 5日(木) あめ 

 近くのコンビニで聞かれました。
 「ブログ見ているのですが、なにか、あやめ池6丁目のところに、新たにコンビニが出来るんですって?」
 「そうですね、現在計画中ですが、歩道の確保などとともに、周辺の自治会などの理解が得られれば、工事が始まると思いますよ。」
 「あやめ池南6丁目周辺のお客さんがなくなってしまう気がします。影響が大きい・・・・・」
 コンビニの経営者が心配顔で話します。

DSCF4643.jpg

 コンビニの過当競争は激烈です。周辺に新店舗ができれば、競合し店を閉めることにもつながるらしい・・・・・。
 同時に、「消費税増税も頭が痛い」と続きます。「なんとしても消費税は阻止してや!」と頼まれました。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自宅にTさんから電話が入ります。
 「先日の県文化会館の党と後援会の決起集会、よかったわー。で、その時ね、『まだ、党に入っていない方は、ぜひ入党してください。』って言ってたでしょ。『そらきた』と思ったのだけど、いっこうにお声がかからないし・・・・・」と。

DSCF4648.jpg

 本当に失礼なことをしました。心から悔やみながら、お詫びをしました。
 同時に、ぜひ入って(入党して)くださいと訴えると、「入らせていただきます」と。

 思わず、「ばんざーい」と声を上げていました。
     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

   きょうの潮流  
  
 かつての社会党委員長、村山富市氏は、小沢一郎氏と1度だけ会話らしい会話を交わしたといいます。2人が「非自民」の細川内閣を与党政治家として支えていたころです。
村山氏●村山富市氏
 新聞に、小沢氏がイギリスに行くと報じられていました。会合で一緒になり、村山氏が「いつお立ちですか」と聞きました。「まだ決まっていません」と小沢氏。「ああ、そうですか」と村山氏。ところが小沢氏は、翌日旅立ちました。
 人に「?」とよく思わせる小沢氏の、人物像を物語る話です。民主党を離党し除籍される小沢氏は、自身四つめの新党をつくります。小沢氏らの行き先は、決まっているのでしょうか。
 さて1994年、消費税を今の5%に上げると決め、法案を通したのが村山氏の内閣でした。社会党は小沢氏らと別れ、自民党中心の連立政権に入っていました。やがて村山氏は、首相の座を自民党の橋本龍太郎氏にゆずります。自民党は、社会党を利用する形で与党に戻ったうえ政権を取り返し、増税を実施しました。
橋本●橋本龍太郎氏
 いま、当時を思い起こさせます。自民党は、消費税増税の3党合意を民主党に結ばせ、合わせて民主分裂を誘う。民主の力をそぎ、総選挙で第一党への復帰をねらいます。自民党にとって、3党合意と民主分裂は、あの社会党のとりこみ同様、政権取り返しへの布石、しかけなのでしょう。
 それが分かっていても、自民と談合する民主党。党利党略の増税勢力にひとあわ吹かせたい。古い政治を拒む人々の声はこんなにも大きいのだ、と。
      
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【コンビニの続き】

2012年7月 5日(木) あめ  近くのコンビニで聞かれました。 「ブログ見ているのですが、なにか、あやめ池6丁目のところに、新たにコンビニが出来るんですって?」 「...

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。