スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膠原病内科

012年6月23日(土) はれ

 過日ブログで紹介した、友人のHさん。膠原病でK病院に入院しています。
 本会議の合間の休日、お見舞いに行ってきました。
 高速道路を乗り継いで片道4時間。結構遠い。

DSCF4609.jpg                   ● 病院への道のり、海が見えました。
 
 でも、ご主人は週に2~3回は(看護のため)病院に通っているらしい。80歳近くになるご主人、この間まで一人で車で、運転してして(今は、電車で)看護に行っていたらしい。

DSCF4613.jpg ● K病院 

 膠原病は難病指定されていますから、医療費は”補助”が出ますが、現地までの交通費はばかになりません。しかし、同病院には「膠原病内科」があります。そんな病院は珍しいそうです。

 病院でHさんの顔を見ましたが、たいそう喜んでくれました(ありがとう・・・遠いところからわざわざ来てくれて・・・)。行ってよかった。早く良くなってくださいねHさん。

DSCF4617.jpg                ● 帰途、交通事故で渋滞しました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 近所に住むWさんから電話がかかります。
 どうやら、自宅の裏庭で転んで怪我をしたみたいです。

 「足痛いから、病院へ連れて行って!私ねぇ介護保険に入っているから、それ使うから・・・」と。
 あらら・・・困っているようです。痛そうですし・・・・。しかし、「介護保険使うから・・・」とは。
 
 とりあえず、病院へ。同時に「介護保険」について説明しながら考えました。
 保険に入っているんだから、困ったときに保険を使うのは当たり前です。しかし、「医者の診断・介護認定・ケアプラン・利用料の自己負担・・・・・」利用しにくい「保険」。Wさんの発想の方が正常です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流  
  
 黒澤明監督の映画、「七人の侍」の公開は、1954年でした。翌55年、世界平和アピール七人委員会が生まれます。
 会をつくろうとよびかけた下中弥三郎(世界連邦建設同盟理事長)や、ノーベル賞学者の湯川秀樹、日本婦人団体連合会会長の平塚らいてうなどが名を連ねました。野盗から農民を守る「七人の侍」に人間の良心が描かれたとすれば、七人委員会は平和を願う日本の良識の代表とみなされました。
 いま、次の7人が後を継いでいます。武者小路公秀(きんひで)(国際政治学)、土山秀夫(病理学)、大石芳野(写真家)、池田香代子(翻訳家)、小沼通二(みちじ)(物理学)、池内了(さとる)(宇宙物理学)、辻井喬(作家)。
七人委員会
 7人は先日、危機感に満ちたアピールを出しました。先に成立した、原子力規制委員会を設ける法律について。民自公などは、法の目的に「我が国の安全保障に資する」を入れ、原子力行政を方向づける原子力基本法にも同じ言葉を加えました。研究・開発も利用も「平和の目的に限り…」と定める基本法に、です。
 七人委員会は、軍事利用を警戒し「撤回」を求めました。たとえば、自民党の石破茂政調会長は昨年、雑誌などで語っています。“核の潜在的抑止力を持ち続けるためにも、原発をやめるべきではない”。日本はいつでも核兵器をつくれるぞと示すため原発はなくすな、というわけです。
 七人委員会は、原子力基本法は平和憲法のもとにある法律といいます。いま、問わなければなりません。日本は、どこにきているのか。
     
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  6月議会の日程
  
 6月26日(火)・本会議(討論・採決)1時~
   27日(水)・役員改選(議長選挙など)
   29日(金)・最終日

    直近の予定

 6月25日(月) 原爆パネル展(市役所ロビーで)~29日まで
   26日(火) 平和行進(京都~奈良市着)
   27日(水) 平和行進(奈良市発~郡山方面へ)
 7月 3日(火) あやめ池駅エレベーター問題で市に要請・懇談
    4日(水) 議会制度検討特別委員会 

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【膠原病内科】

2012年6月23日(土) はれ 過日ブログで紹介した、友人のHさん。膠原病でK病院に入院しています。 本会議の合間の休日、お見舞いに行ってきました。 高速道路を乗り継...

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。