スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不祥事根絶への提言

012年6月 4日(月) はれ・ときどきくもり

 先日、ブログで紹介しました、奈良市の「職員アンケート」。
 共産党市会議員団は「撤回・中止とともに、集まったアンケートの廃棄」を申し入れましたが、同時に、「不祥事根絶のために、今、奈良市がなすべきこと」(提言)を論議しました。

DSCF3959.jpg

 以下、紹介します(すこし長文ですが、お読みください)。
 みなさんのご意見・感想をお寄せください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奈良市の不祥事根絶に、市はどう取り組むのか 
     1202年6月4日  日本共産党奈良市会議員団

● 続発する不祥事の原因は
 最近、市役所の不祥事が後を絶たず、この1年だけでも5回も警察が市役所に捜索に入っており、異常な事態です。こうした問題は司直の手に委ねるだけでなく、市としても不祥事根絶に向けた取り組みが急がれます。
私たち市会議員団はこれまで数々の疑惑や不正を指摘し、解決のために努力してきたが、その多くはなかなか解明されず、「強いものには弱く、弱いものには強い」体質は過去から一掃できていません。しかし現在の仲川市長が2009年7月に就任して以降、特にここ1~2年にかけて不祥事が続発しており、これまでの体質だけでは説明できないものがあり、仲川市長の下でおきている看過できない特徴についてみてみます。

 仲川市長就任以来の不祥事の数々 
 
 仲川市長就任以来不正・不祥事が続き、市に対して市民の怒りと不振が広がっています。この間、横井人権文化センター職員が停職期間中にもかかわらずスナックで同席した客の財布から現金などを盗む。(2009年8月、懲戒免職)、生活保護課職員が生活保護受給者からの保護費返還金等約181万円を着服(2009年8月、懲戒免職)、ある市民の約5千万円もの滞納税について市は納付指導や財産調査を全く行なわずに不納欠損処理(2011年3月)、滞納整理課の課長・課長補佐の職員が市民から預かった税金の延滞金を一部だけ入金処理し、その差額約4200万円を着服(2人とも2011年8月、懲戒免職)、ごみ収集時にパッカー車の後部につかまり乗車する「ステップ乗車」をして道交法違反で 取り締まりを受けたとして、環境部職員3人を処分(2011年12月、戒告)2010年度の高額滞納者上位20位の税額、延滞金などについての情報が一部実名入りで「流出」。市は真偽を明らかにしていないが警察に相談している。(2012年2月)病院事業課職員が市立診療所及び休日夜間応急診療所の受診者が払った診察代約360万円を着服(2012年4月懲戒免職)、JR奈良駅西口の保健所等複合施設の新築工事について多額の工事費水増し疑惑で職員1人が逮捕される(2012年5月)などです。
仲川市長はこうした不祥事を反省するより、自ら「奈良市は不祥事のデパート」などといい、不正事件を利用して、罰則々々で職員を縛ろうとする大阪市の職員基本条例を参考に奈良市でも条例をつくると表明したり、4月から職員の人事評価制度を導入し、その上計画を上回る大幅な人員削減や給与カット、一方的な労働条件の改悪提案など、公務員バッシングの先頭に立っています。もちろん不祥事そのものは許されず、厳しく対処する必要があります。しかし続出する背景に、仲川市長が憲法や地方自治法など「全体の奉仕者」としての公務員の寄って立つべき立場を尊重せず、、逆に「民間でできることは民間に」「職員削減・賃金削減」などすでに破綻している新自由主義路線を踏襲し、公務の責任を果たす立場に立っていないことがあると言えます。
 連続する不祥事ではベテランの幹部職員が逮捕されています。自ら徴収した税金を着服して逮捕された元職員は、税の徴収では仲川市長と会食を共にし、綿密に打ち合わせをしていました。市は減収で、ほんとうに困った人からも容赦なく徴収するなど、取立てを厳しくしていますが、大口滞納者には甘いなど、不公平がまかり通っているのが実態です。これでは不正を正せるはずもありません。どうすれば不正を根絶し、清潔な奈良市をつくることができるのか、市民のみなさんと共に考えたいと思います。

 どこに原因があるのか
 バッシングですすむ、物言わせない職員づくり
 
 仲川市長は就任当初から、「職員の声を聞いていたのでは、過去のしがらみは絶てない」と職員の声を聞かず、「○○委員会」と言った組織を立ち上げ、提言を出させてそれを採用する手法を多用していますが、これでは職員の意欲など引き出せるはずはありません。すでにやる気を無くして、定年前に退職する職員も増えています。  
また「財政難で職員がまず身を削れ」と人員削減や、給与カットなどを強行し、職場は長時間・過密労働に追い込まれて余裕がなく、職員同士が個々バラバラにされてきており、職員の意見や考えも聞かず、事業仕分けや予算の一律カットなどが強行され、仕事に対する誇りも失われてきています。
また公金着服を働いた税務担当職員の任命責任については市長自ら不問にしたり、議員の人事の口利きを批判する一方、市長自ら議員の意見を取り入れて職員を異動させたという話が広がるなど、職員から見て納得いかないことが増え、それが職員の心が離れる大きな原因のひとつにもなっています。
今の市役所は組織としての体をなしていない状態で、幹部職員の中から「職員力が低下し、市民のために働けない。これでは市民と協働する力が失われていく」と指摘する声も出ています。

 なぜ外部からの不当要求を拒否できないのか
保健所等複合施設建設に絡む問題は、警察の捜査過程で出てきた話で少し異質ですが、組織からの不当要求を断固として退けてきた職員がいる一方、不当な圧力に屈してきた職員もいます。今回の問題も複数の職員がかかわっていたのかどうかなど、多くの疑問が浮かび上がっています。
ただこうした金銭要求が職員に来るというのも、最近の入札制度の改革や、最低制限価格の撤廃など
とともに、公共事業全般の予算の削減なども影響していることも考えられますが、いずれにせよ不当要求を跳ね返せないのは、こうした問題が個々の職員任せで、市長以下職員が一丸となって、職場全体として確固たる姿勢を貫けていないところに問題があります。

● 引き出すべき教訓と、解決の道は
 教訓とすべきものは何か

 ① 市政についていえば、今のように市長の独断ですすめるのではなく、市民の願い、要求をどうコーデイネートするのか、市民の暮らしをどう守り地域経済をどう活性化させていくのかなど、職員の力を引き出し、政策化することです。
 ② 度重なる不祥事に市民の怒りは頂点に達していますが、仲川市長は市民に謝罪することもせず、逆に不祥事をいいことにして職員バッシングに走っています。こうした手法ではやる気をなくし、職員力を低下させるだけであり、仲川市長になってから不祥事が目立って多くなっているのも、こうしたところにおおきな原因があります。こうした市政運営を改めることです。
 ③ 不祥事の出てきた背景や事実関係について市長以下、職場を上げた取り組みが必要であるがそれができていません。
今回、こうした不祥事をなくすためと称して、全職員を対象にした強制的なアンケートを実施したが、職務命令のため拒否することもできない上、うわさ話も含めて報告するとなっているため密告を奨励することになり、職員同士お互いに疑心暗鬼になって、ますます職場のまとまりが薄れていくことになります。またうわさ話の報告となると、一般市民が巻き込まれていくことも考えられ、わが党議員団は憲法38条に抵触する恐れがあると、このアンケートの中止・撤回と、すでに回収したものは廃棄処分にすることを市長に申し入れていますが、このようなやり方はきっぱり改めるべきです。

 不祥事根絶、清潔で公正な市政への転換が求められる

 ① 決定的なのは市長の姿勢であり、外部からの不当な要求は市長が断固として拒否し、全責任をとるという姿勢を貫くことが必要です。今のように不祥事をいいことにして職員をいじめていては誰もついていかないし、職員の心は離れるばかりで不祥事を断つことなど到底できません。
 市長に今求められているのは、職員を信頼し、職員の持てる力を引き出し、不正事件の全容を解明し、真に市民本位の市政実現に力をつくすことです。
 ② 徹底した職場の議論を通じ、職員の中から改革・正常化の動きをつくっていくことで、この優秀な職員力をどう引き出すか、ここに力を尽くすことが必要です。また不正を根絶し公正な市政を実現していく上で、労働組合の果たす役割も大きなものがあります。労働組合とルールにもとづき話し合いをし、その声に耳を傾けるべきです。
 ③ 不当要求行為については、市の法令順守に関する条例などにも規定されており、わが党議員団が要求してきた内部通報者保護制度もあります。こうした条例や制度の活用とあわせて、職員個人任せではなく、職場全体で対応していく体制づくりが必要です。
 ④ 現在のような市政運営を続けていては、不祥事の根絶も期待できないし、最後にそのしわ寄せを受けるのは37万市民だと言うことを最後に付け加えておきます。
 ⑤ 現奈良市の不祥事、不正事件をただし、公正・公平な市政を実現することは、市民の暮らしに直結することです。市民自らも市政への関心を高め、市政の転換へ力を合わせることを呼びかけます。
 日本共産党奈良市会議員団は、これまで不正事件の究明へ、議会に100条調査委員会を設置することを求め、不正のない、市民の立場に立った市政と議会をつくるために力をつくしてきました。ともに力を合わせて、明るい清潔な奈良市をつくっていきましょう。

 以  上

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

       きょうの潮流

 鮮やかな紅白、黄金、渋い浅黄…。水面に議事堂が映る池を大きな体をくねらしながら悠然と泳ぐ姿に、しばし見入りました。
 先月31日、衆院の中庭にある池に放たれた30匹のニシキゴイ。「国会を訪れる人に楽しんでほしい」と全日本錦鯉振興会が寄贈しました。この池でコイが泳ぐのは12年ぶりのことです。
こい
 同振興会の担当者によると、コイは仲間同士で争わないそうです。弱いものいじめもしません。「国会にふさわしい平和の象徴です」と担当者。
 コイが放たれたのと同じ日、原発再稼働問題を次の総選挙で争点にすると国政進出に意欲をみせていた、「維新の会」の橋下徹大阪市長が態度を豹変(ひょうへん)させました。これまで「反対」していた関西電力大飯原発の再稼働について「事実上の容認です」と、恥ずかしげもなく認めてしまったのです。
 はなから橋下市長の再稼働「反対」は眉唾ものだったのでは。5月15日には関西電力会長と会談しています。その場では、関電側の再稼働要請を断ったことになっていますが、今となっては、再稼働容認に向けたセレモニーだったと言われてもしかたありません。
 既成政党批判を繰り返す橋下市長ですが、原発容認という点でも民主党野田政権とどこが違うのか。どちらも財界の威光の前では“まな板のコイ”です。いやいや、例えに使ったらコイに失礼かも。“平和主義者”の国会のコイは、憲法9条を敵視し、強権政治を国政の場に持ち込もうと狙う「維新の会」を歓迎しないでしょう。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 ■ 直近の予定(主なもの)
    
 6月 5日(火) 6月議会「内示会」
    6日(水) 定例早あやめ池朝駅宣伝
    8日(金) 近畿地域いっせい早朝全駅宣伝(私は西大寺駅北口)
   10日(日) 奈良県母親大会(奈良県文化会館)
   12日(火) 6月議会開会       
   16日(土) 日本共産党演説会(志位委員長を迎えて) 6時30分開場 於:100年会館
    ■ 学園南・あやめ池・疋田町・菅原町方面から直通送迎バスを出します。
      下記のとおりです。ぜひお乗りください。(座席確保の都合上、事前に連絡いただければ幸いです)。 
DSCF4441.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【不祥事根絶への提言】

2012年6月 4日(月) はれ・ときどきくもり 先日、ブログで紹介しました、奈良市の「職員アンケート」。 共産党市会議員団は「撤回・中止とともに、集まったアンケートの...

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。