スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護世帯の引越し

012年5月27日(日) はれ

 西大寺北町の「S」さんから電話がかかります。
 「秋篠皐月町にお住まいの『M』さん、生活の問題で困っているのですが、相談に乗ってあげてもらえませんか?」と。

 さっそく「M」さんに電話をします。
 「電話ではなんですから、自宅にお伺いしたいと思うのですが・・・・」。
 「お待ちしています」。

 Mさんは80歳。マンションの3階にお一人暮らしです。年金を受給していますが、年金額が少額のため生活保護を受けています。
 若い頃、必死に働きずめ(ほとんどが立ち仕事)のため、足が痛むそうで、「身体障害2級」の認定をしてもらっています。

 買い物もままならず、困っている時、保護課のケースワーカーさんが「近くに店があるところに引越したらどうでしょうか」とアドバイスを受けました。Mさんは喜んで手続きに入りました。

 ところが4月、市職員の人事移動で担当のケースワーカーが変わります。
 変わったとたん「あなたは、年金を受給していますが、過去に(年金額を「収入認定」して保護費の支給額から差し引きますが)多く受け取っています。そのお金を返してもらっていないのに、引越しを認めるかわけがない」。と手のひらをかわされたそうです。

保護

 Mさんは「覚えがないそうです」。でも、多くもらっていたのなら「毎月いくらづつかお返ししますので」と言っても取り合ってくれないらしい。
(以上がMさんの話)

 Mさんの話を聞けば、悪意があって保護費を多く受け取っていたわけでもなく、認識不足のようです。
 そもそも、保護費の「過払い」と「引越し」の問題は性格が違います。
 これまでも、生活保護行政について何件かブログでも紹介しました。
 特に、奈良市の生活保護行政は、全国的にみても「市民の立場に立った行政」を行なっていると思いますし、これまでもそのように紹介もしてきました。
 
 今回の件も、何か他の事情もあるかもしれませんし、行き違いがあるかもしれません。
 円満に解決できるように対応したいと思います。
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
  
     きょうの潮流

 「できることなら娘を返してほしい」。先ごろ、東京のタクシー運転手、千財信行さんの無念の声が伝えられました。
 娘の明菜さんは、東京・渋谷の温泉施設の爆発で亡くなりました。そこで働く23歳でした。あれから5年。信行さんは時々、乗客を事故現場の近くへ運びます。手を合わせ、明菜さんに語りかけます。「近くに来られたよ」。
温泉爆発 ● 東京・渋谷の温泉施設の爆発
 従業員3人の命を奪った爆発は、天然ガスに火がついて起こりました。屋外に出せば散らばるガスが、室内にたまったようです。設計・工事にあたった会社の、責任が問われています。首都圏の地下には、水に天然ガスが溶け込んだ南関東ガス田が広がります。
 天然ガスは、メタンが主な成分の、天然の燃えるガスです。燃やしても、石油や石炭ほど二酸化炭素が出ません。江戸時代、越後を旅した人はこの世とは思えない光景に仰天しました。地中から火が噴き出し、燃え続ける。「まさに奇中の奇なり」。地元の人は天然ガスを「風草生水(かぜくそうず)」とよび、煮炊きなどに使っていました。
20120524-00000029-mai-000-11-view[1] ● 南魚沼市の工事中トンネルで爆発
 越後の新潟は、いまも天然ガス生産で全国の7割近くを占めます。南魚沼市の工事中のトンネルで起こった爆発も、天然ガスに火がついたせいのようです。工事を請け負った会社の現場監督と下請け労働者の4人が閉じ込められたまま、きょうで3日。一刻も早く救いだされるよう願うばかりです。
 いったい、天然ガスの危うさをどれほどしっかり調べていたのか。爆発を防ぐ備えは万全だったのか。憤りと疑いが募ります。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 ■ 直近の予定(主なもの)

 5月28日(月) 総務・水道委員会
   29日(火) 民医連後援会「小池晃さんと語るつどい」
   31日(木) 議会制度検討特別委員会 
 6月 2日(土) 松岡かつひこ事務所開き
    5日(火) 6月議会「内示会」
   10日(日) 奈良県母親大会(奈良県文化会館)
   12日(火) 6月議会開会
       
   16日(土) 日本共産党演説会(志位委員長を迎えて) 6時30分開場 於:100年会館
       ※ 学園南・あやめ池・疋田町・菅原町方面から直通送迎バスを計画しています。
         詳細は後日ご案内します。 

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         
   演説会のご案内

DSCF4304.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【生活保護世帯の引越し】

2012年5月27日(日) はれ 西大寺北町の「S」さんから電話がかかります。 「秋篠皐月町にお住まいの『M』さん、生活の問題で困っているのですが、相談に乗ってあげても...

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。