スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全職員アンケート

012年5月25日(金) くもり・ときどきあめ

 昨日、市長の「定例記者会見」があり、「職員アンケート」(記名式)を実施する旨”表明”がされ(本日付け「奈良新聞」に詳細報道)、報道資料が議員にも配布されました。

DSCF4419.jpg

 確かに、この間の市役所・市議会の不祥事が相次いでおり、市民からも「あ~~~またか」との批判が寄せられています。「原因究明」と「再発防止」「責任の所在」は、市民も含めた共通の声ではないでしょうか。共産党市会議員団は、この間の不祥事に関して、「100条調査委員会を設置して、徹底した真相解明と再発防止策をとるべき」と一貫して求めてきました。

 今回の「全職員アンケート」についてはいくつかの疑問も感じられます。
1、アンケートの目的は何か、現状を把握するとあるが、現状とは何か。
2、氏名まで記入させる目的は何か、また正直に言えば”減刑する”という意味は何か。
3、なぜ、職務命令でやるのか、「報告しなかった場合、処分の対象となる」とあるが、処分の内容はどのようなものか。
4、報告の内容によっては、そのことで処分される可能性はどうなのか。
5、「うわさなども報告」とあるが、職員同士の疑心暗鬼にならないか。また、一般市民も対象になってしまう危惧があるが、どうか。
6、(アンケートを取るという)このような方法で不祥事がなくせるとおもうか。」
などです。

DSCF4417.jpg

 直近でみても、市職員の不祥事は、保健所等複合施設の設計費水増しによる”地元対策費”と言う名の不正支出、夜間・救急診療所の診療費着服など目にあまります。
 しかし、税滞納金を集金して、それを着服した事件は記憶に新しいですが、あの時「特命」と任命し、不正を起こした職員と会食を共にするというこれまでには考えられなかったことをしながら「不正を起こした職員」を”助長”してきたのは市長自身ではなかったでしょうか。
 結果責任として、報酬の減額という”処分”を自ら課したものの「有効な再発防止策」を取らなかったのも問われなければなりません。

DSCF4420.jpg
 
  問題は、この間の不祥事に対して、「市長が(再発防止に)どう取り組んできたか」だと思います。ことあるごとに、職員”個人の責任””個人のモラル”にしていては、抜本的な解決策にはなりません。
 
 月曜日(5月28日)の「総務・水道委員会」、6月議会での論戦になることは間違いないです。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
     きょうの潮流

 5月初め、絵の値段の記録が塗りかわりました。ニューヨークの競売で、ノルウェーの画家ムンクの「叫び」が1億1990万ドルで落札されました。
ムンク
 約96億円。存在が知られている5枚の「叫び」のうち、1895年に描かれた1枚です。20年近く前、東京の美術館の人だかりの中で「叫び」をみた時の、鳥肌の立つような感覚がよみがえります。
 その展覧会の記録をひもとくと、ムンクの日記が載っています。歩道を歩いていた。太陽は沈みかけ、突然、空の色が赤に変わる。炎の舌と血とがフィヨルドや町にかぶさるかのように。「私はそこに立ちつくしたまま不安に震え…そして、自然をつらぬく果てしない叫びを聞いた」。
ヒトラー
 人は、ムンクが描いた「叫び」を、世の不安におののくみずからの叫びに重ねてきたのでしょう。死や孤独への不安。炎と血にまみれる戦争や虐殺の恐れ。「叫び」の値打ちは、お金で計りきれません。
 ことしは、競売の話題に事欠きません。1月、若いころ画家を志したナチス・ドイツ総統ヒトラーの絵「夜の海」が落札されました。3万2千ユーロは約320万円。同じ月、旧ソ連の指導者スターリンの死に顔の面(デスマスク)が落札されました。青銅製。1枚4400ポンド、約55万円でした。
 戦争と虐殺にあけくれたヒトラー。大勢の共産党員や市民を殺し、一時はヒトラーと組んだスターリン。恐怖の“叫び”をよびおこした独裁者のなれの果てを物語る、物珍しさが値打ちの320万円や55万円かもしれません。
     
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 ■ 直近の予定(主なもの)

 5月24日(木) 日本共産党全国活動者会議(全活)~25日まで
   28日(月) 総務・水道委員会
   29日(火) 民医連後援会「小池晃さんと語るつどい」
   31日(木) 議会制度検討特別委員会 
 6月 2日(土) 松岡かつひこ事務所開き
    5日(火) 6月議会「内示会」
   10日(日) 奈良県母親大会(奈良県文化会館)
   12日(火) 6月議会開会
       ※15日代表質問 18・19日一般質問 20日~常任委員会 その後(議長選挙など)役員選挙の予定です。 
   16日(土) 日本共産党演説会(志位委員長を迎えて) 6時30分開場 於:100年会館
       ※ 学園南・あやめ池・疋田町・菅原町方面から直通送迎バスを計画しています。
         詳細は後日ご案内します。 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         
   演説会のご案内

DSCF4304.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【全職員アンケート】

2012年5月25日(金) くもり・ときどきあめ 昨日、市長の「定例記者会見」があり、「職員アンケート」(記名式)を実施する旨”表明”がされ(本日付け「奈良新聞」に詳細...

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。