スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から「全国活動者会議」

012年5月23日(水) はれ・のちくもり

 お便りをいただきました。「文字の設定をしてください。文字が小さすぎて記事が読めない箇所(漢字)がありますから」と。

 ありがとうございます。文字のサイズを大きくするとこのようになります 実は、恥ずかしいところ、いまだに操作が慣れていない(充分理解していない)のです。申し訳ありません。どなたか、文字のポイントを変更する方法を教えていただければありがたいのですが・・・・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 明日から2日間、日本共産党の「全国活動者会議」(全活)が東京の本部で開かれます。
 
 消費税増税問題、TPP問題、福井県大飯原発再稼働問題など、これからの日本の進むべき道を語ってくるると思います。楽しみにしています。

DSCF3767.jpg

 今日は、日本共産党奈良地区委員会の事務所で会議でした。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あやめ池南4丁目の道路で、こんなところがあります。これも市道なんです。
 私は、結構気に入っています。
 今日は、地域を回りながら、ついシャッターを切りました。

DSCF3718.jpg

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
     きょうの潮流

 金環日食を路上で一緒に見ていた、隣家の年配の女性がいいました。「太陽ってすごいね」。
 続けて、「金環日食でもこんなに明るい。ふだんは暑いとかなんとか文句いっているけど、感謝したいわ」。同感でした。降り注ぐ光、おこる熱。太陽の恵みと自然エネルギーを生かせば原発などいるものか、と。
seinengekijo[1]
 青年劇場の「臨界幻想2011」(27日まで。東京・紀伊國屋サザンシアター)の、舞台と客席が熱い。初演は1981年でした。原発で働く息子を急病で亡くした農家の母が、いちずに突き詰める話です。元気だった息子がなぜ?。
 彼女は町の青年たちとともに、しだいに真相に迫ってゆく。彼らに、電力会社や原発を守ろうとする人々のあの手この手のしめつけが強まる。そんなとき、放射能に敏感な植物に異変が表れ、そして…。母はいう。「(息子の死を)無駄にしてしまったんだもんね、わだしたぢ」。作者ふじたあさやさんの、福島の事故を30年前に予言しつつ防げなかった口惜しさが重なります。
rinkai_ura_out[1]
 劇の下請け労働者は、“石油の時代だ”と炭鉱を追われ、こんどは“原子力の時代”といわれて原発で働きます。彼らの命とひきかえに、お粗末な技術を「安全」とみせかけてきた原発。作者は問いかけます。目に見えないのは放射能だけではない。「安全神話」のからくりも人々に見えていなかったのではないか。
 笑いと涙を誘い、再演にかける劇団の意気込み十分の舞台に、演技中も拍手がわく。演劇の力を思い知らされました。
      
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
■ 直近の予定(主なもの)

 5月24日(木) 日本共産党全国活動者会議(全活)~25日まで
   28日(月) 総務・水道委員会
   29日(火) 民医連後援会「小池晃さんと語るつどい」
   31日(木) 議会制度検討特別委員会 
 6月 2日(土) 松岡かつひこ事務所開き
    5日(火) 6月議会「内示会」
   10日(日) 奈良県母親大会(奈良県文化会館)
   12日(火) 6月議会開会
       ※15日代表質問 18・19日一般質問 20日~常任委員会 その後(議長選挙など)役員選挙の予定です。 
   16日(土) 日本共産党演説会(志位委員長を迎えて) 6時30分開場 於:100年会館
       ※ 学園南・あやめ池・疋田町・菅原町方面から直通送迎バスを計画しています。
         詳細は後日ご案内します。
 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         
   演説会のご案内

DSCF4304.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【明日から「全国活動者会議」】

    2012年5月23日(水) はれ・のちくもり お便りをいただきました。「文字の設定をしてください。文字が小さすぎて記事が読めない箇所(漢字)がありますから」と。...

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。