スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時給780円

2012年5月22日(火) くもり・ときどきあめ

 いつものように「コンビ二」に立ち寄ります。
 あら?レジにいるのは見かけない顔です。年のころなら40歳代でしょうか・・・・(レジにいるのは女性が多いのですが)。

IMG_2625_2[1] ● 記事と関係ありません

 店の方にお話をうかがいました。「新しい人?」。
 「そうなんですよ」。
 「へぇ~~~。男性で、少し年配の人ってめずらしいですね」。
 「リストラにあって、職をなくしたらしいのです。ほかにもいろいろ探したらしいのだけれど、なかなか(職が)見つからないのですって」。

 子どもさんも、まだまだ学費がいる世代と容易に想像できます。なんとか収入を得るために・・・・。店舗の張り紙に、「パート募集!時給780円~」とあります。
 頭をめぐります。780円×8時間(一日)×20(日)=12万4800円
 仮に25日働いたとしても15万6千円。
 
 憲法25条のいう「最低限度の生活を営む権利・・」までもいきそうにありません。

最賃

 貧困と格差の拡大が日本社会をおおう深刻な問題になっています。生活保護水準にも達しない「ワーキング・プア」と呼ばれる世帯数が400万とも500万ともいわれています。年収200万円以下の労働者が1,023万人(22.8%)にのぼり、多くの労働者は、こうした低賃金に苦しんでいます。なぜ、働いてもはたらいても貧困から抜け出せないのか。その根底には、「先進国」で最低の最低賃金があります。働いている人の最低賃金が生活保護基準を下回るという低額です。
 最低賃金制は、労働者全体の賃金水準を引き上げるものでなければなりません。日本共産党は、全国一律最低賃金制の確立を主張し、当面、最低賃金額として時給1000円以上を目標に、抜本的に引き上げるよう求めています。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
     きょうの潮流

目の前の障害物が取り除かれて視界が大きく広がり、晴れ晴れとした気持ちになる。そんな体験は大なり小なり誰にもあるでしょう。
 「日米安保条約をなくしたらどういう展望が開かれるか」。志位和夫委員長が12日の全国革新懇年次総会で行った記念講演にはそれと似たような感想を持ちます。米軍基地の重圧から一挙に解放される。憲法9条を生かした平和の発信地に日本が変わる…。
リー
 米軍基地が集中する沖縄県民の「被差別感」をうんぬんしながら結局、“本土が引き取れ”と説く大手メディアには閉塞(へいそく)感が募るばかりです。講演は、軍事に頼らない平和的安全保障の構想も提言しました。「異なる体制、発展段階、文明を、相互に尊重する対話と信頼醸成の努力をはかり、紛争の平和的解決に徹するなど、道理に立った外交」の薦めです。
 可能性をくみつくし、豊かな想像力が試されるような外交は、日米安保を前提にしていたのでは見えてこないでしょう。脅威をあおりたてるのが関の山です。
まごうけ
 専門家も指摘します。「自民党政権以来、アメリカ主導のシステムに長年依存してきたので外交の構想力が弱い」(李鍾元(リージョンウォン)・早稲田大学大学院教授=本紙11日付)。「日本はこれまで『米国と一体であれば栄える』というキャッチフレーズにのせられて知的怠慢の中にあった」(孫崎享(まごさきうける)・元防衛大学校教授著『不愉快な現実』)。
 外交も経済と同様、古い枠組みを本当に改革すれば未来ある道が開けます。待っているのではなく、そう思う人を増やすことによって。
      
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
■ 直近の予定(主なもの)

 5月24日(木) 日本共産党全国活動者会議(全活)~25日まで
   28日(月) 総務・水道委員会
   29日(火) 民医連後援会「小池晃さんと語るつどい」
   31日(木) 議会制度検討特別委員会 
 6月 2日(土) 松岡かつひこ事務所開き
    5日(火) 6月議会「内示会」
   10日(日) 奈良県母親大会(奈良県文化会館)
   12日(火) 6月議会開会
       ※15日代表質問 18・19日一般質問 20日~常任委員会 その後(議長選挙など)役員選挙の予定です。 
   16日(土) 日本共産党演説会(志位委員長を迎えて) 6時30分開場 於:100年会館
       ※ 学園南・あやめ池・疋田町・菅原町方面から直通送迎バスを計画しています。
         詳細は後日ご案内します。
 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         
   演説会のご案内

DSCF4304.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【時給780円】

2012年5月22日(火) くもり・ときどきあめ いつものように「コンビ二」に立ち寄ります。 あら?レジにいるのは見かけない顔です。年のころなら40歳代でしょうか・・・...

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。