スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道路修繕要望が実る

2012年5月17日(木) はれ

 あやめ池南のTさんからいただいていた「道路を修繕してほしい」という声。

DSCF4251.jpg

 奈良市の道路維持課が対応してくれました。
 さっそく工事が始まり、ご近所の皆さんが喜んでいます。

 また、あやめ池南の三輪神社から南方面に向けての市道の速度制限。
 30キロ制限から40キロ制限に「規制緩和」されたことを受け、伏見小学校PTA、伏見地区自治連合会、伏見小学校の三者で「速度制限を元に戻して欲しい」との要望書が出されました。
 奈良市の「防犯・交通安全課」を通じて、奈良西警察のほうに届けました。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
     きょうの潮流

 イスラエルのバイオリン奏者イブリー・ギトリスさんは、ことし8月で90歳になります。個性にみちた演奏を聴かせ、「鬼才」とよばれて久しい。
 よく日本にくるギトリスさん。7年前、長野の木曽町を訪れています。演奏会で、愛器ストラディバリウスを別のバイオリン「木曽号」にとりかえ「浜辺の歌」を弾きました。
 鬼才は、「すばらしい」を連発して木曽号をほめたたえました。木曽号は、「東洋のストラディバリ」とよばれる世界の第一人者、陳昌鉉(チンチャンヒョン)さんが作り、木曽町に贈った逸品です。
ストラディバリウス
 陳さんの悲報が伝わりました。82歳。日本の植民地だった韓国の、農村の生まれ。6歳で、薬売りが行商の合間に弾く音を聴いたのが、バイオリンとの「初恋のような出会い」です。14歳で日本へ渡り、働きながら学びます。が、望んでいた教職の道は「君は朝鮮人だから」と閉ざされました。
 ある科学者の「名器ストラディバリウスの音は再現できない。謎、神秘だ」との話をきき、製作への情熱がめばえます。たどりついた土地が、バイオリン工場のあった木曽です。掘っ立て小屋に住み、川の砂利すくいで食いつなぎ、独学で製作にうちこみました。
 名器づくりの謎は、自然の中にもあったようです。小川のせせらぎ。鳥や虫の鳴き声。陳さんは、木曽で「自然に問い、自然に学んだ」といいます。木曽号は「優しい音がする」、とギトリスさん。自然と同じように人を癒やす名器作りに人生をささげた陳さんへの、最高の賛辞かもしれません。
      
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
■ 直近の予定(主なもの)

 5月19日(土) あやめ池診療所健康まつり
   21日(月) 厚生委員会
   24日(木) 日本共産党全国活動者会議(全活)~25日まで
   28日(月) 総務・水道委員会
   29日(火) 民医連後援会「小池晃さんと語るつどい」
   31日(木) 議会制度検討特別委員会 
 6月 2日(土) 松岡かつひこ事務所開き
    5日(火) 6月議会「内示会」
   10日(日) 奈良県母親大会(奈良県文化会館)
   12日(火) 6月議会開会
       ※15日代表質問 18・19日一般質問 20日~常任委員会 その後(議長選挙など)役員選挙の予定です。 
   16日(土) 日本共産党演説会(志位委員長を迎えて) 6時30分開場 於:100年会館
       ※ 学園南・あやめ池・疋田町・菅原町方面から直通送迎バスを計画しています。
         詳細は後日ご案内します。

 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         
   演説会のご案内

DSCF4304.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

自衛隊機が飛ぶのは予行を入れて年二回のことを、世界遺産があるし騒音&危険と言われるんでしたら、自衛隊よりも低空を爆音をたてて飛んでいるヘリにも当然抗議されているんですよね?
ヘリも旅客機もセスナも墜落事故を起こしているんだから、奈良市街地上空を飛行するすべてに抗議されるべきではありませんか?

コメントに対する返事です。

コメント、ありがとうございます。

 ご指摘の「ヘリも旅客機もセスナも墜落事故を起こしているんだから、奈良市街地上空を飛行するすべてに抗議されるべきではありませんか?」についてですが、当然、事故はあってはならないものは言うまでもありません。ただ、私どもは、航空機(旅客機・セスナ・ヘリなどの飛行コースも含め)全てを否定しているわけではありません。
 なぜ、戦闘機が年に2回であれ(回数に関係なく)飛ばす必要があるのでしょうか。そこが問題だと思います(弱にいえば、飛ばす必要がないのではないでしょうか)。もちろん、沖縄など基地の問題も含めて私どもは「撤去」すべきだと考えますし、抗議もしています。

 先日の「東日本大震災で世話になった・・・」等のお話はありました。私どもは、先の災害の際、警察・自衛隊・自治体職員(公務員)など、昼夜を分たぬご苦労に、心から敬意を表しました。コメントを寄せていただいたあなたもその気持ちは一緒だと思います。

 ご返事とさせていただきます。
 
プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。