スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと出会えた「塚口とうふ」

2012年5月13日(日) はれ

 今日は「母の日」。私の母は「和歌山市」に住んでいます。元気です。「ありがとうございます。いつも感謝の気持ちです」。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 うまい!
 やっと出会えました。「塚口とうふ店」。

DSCF4348.jpg                 ● 菅原町にある「塚口とうふ店」

 菅原町・疋田町かいわいを、いつも自転車にのって「チリン・チリン・・・」と「とうふ」を売っている”おじいちゃん”がいます(寒い日も、暑い日も・・・・)。「おはようございます」と挨拶をすると、「いい天気になったあぁ~~~」と元気な声がかえってきます。「有名じいちゃん」。

 一度、とうふを買おうと思っていたのですが、「(とうふを入れる)うつわ」を持っていないので、機会がありませんでした。今日やっと「店」を見つけました。

DSCF4346.jpg                 ● 「張り紙」だけのお店

 「店」といっても”看板”はありません。ただ「キヌトーフあります」との張り紙だけ(表札もなし)。
「こんにちは~」。声をかけると、奥のほうから、おじいちゃんの「は~~~~~い。」元気な声です。

DSCF4344.jpg                 ● おばあちゃんが「薪」の部屋を見せてくれました。

 「店」に入ると所狭しと「とうふ作りの”工房”」(小学校から”社会見学”にくるらしい)。おじいちゃんとばあちゃんが迎えてくれます。

DSCF4343.jpg                 ● とうふ工房

 80歳台のご夫婦。豆腐店の2代目だそうで、「店」は、この場所で70年くらいやっているそうです。
 薪で湯を沸かす「かま」はさすがに歴史を感じます。おじいちゃんの話では「戦地、内モンゴルにも行った」戦争体験者。

DSCF4342.jpg                 ● 元気なおじいちゃんとおばあちゃん

 きぬこし豆腐を2丁買いました。200円。20年も前から値段は変わらないと言います。

DSCF4349.jpg

 この「店」のとうふ。ぜったいおすすめです。
 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 西大寺駅南北のトイレ・・・・
 駅南口の「交番派出所」の横にあります。駅北口には「仮設トイレ」があります。

DSCF4312.jpg                 ● 西大寺駅北口にある仮設トイレ

 明日の「建設委員会」の質問準備を進める中でわかりました。
 駅南口のトイレは近く取り壊されます。当面「仮設トイレ」を設置する予定になっています。
 
 「仮設」ですから、当然「本格設置」が前提です。建設委員会で求めていきたいと思います。
 また、「仮設」であれ「場所がわかりにくい」という声もお聞きします。「案内板」の設置も必要だと加えたいと思います。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
    きょうの潮流

 東京の郊外、国分寺市の共産党市議・幸野おさむさんは、先ごろ、党支部の人たちと商店街を巡りました。消費税の増税をやめるよう求める署名簿を携えて。
 ● 国分寺市の共産党市議・幸野おさむさんposuta1[1]
 軒並み、「増税は困る」の声が返ってきます。しかし、もし増税されてしまったら…。駅に近い商店街の店主たちは、おおむね、「やっぱり不況になる。しかし、なんとか値段に転嫁しなければ…」と考えていました。
 幸野さんが「私もびっくりした」と語るのは、駅から離れた通りでの話です。ある、おそば屋さん。党支部の人が「カツ丼、ずっと前から800円ですね」と話しかけると、ご主人がいいました。「もし1割値上げすれば、お客はこない。店をやめます」。
国分寺駅北口商店街 ● 国分寺駅北口商店街
 増税分を転嫁すれば客がこない。転嫁しなければ損ばかり。だから店を閉じる。そば屋さんだけではありません。文房具店、酒屋さん…。「みんな、いまでは利益をあげるためというより、来てくれるお客さんのために開いているような店」(幸野さん)です。
 「経済のグローバル化ですよ」と酒屋さん。「グローバル(地球規模)化」のかけ声のもと、酒を売る大型店がふえました。そこへ大増税。消費税の増税が、地域住民のためがんばってきた多くの店にとどめを刺そうとしています。
 15年前の消費税増税も、不況を起こしました。いま、当時より「グローバル化」の影響ははるかに大きい。働く人の賃金も、「グローバル化」の名のもとに大幅に減らされました。なにか、社会の崩壊さえ予感させる増税案です。
     
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
■ 直近の予定(主なもの)
 
 5月14日(月) 奈良市議会建設委員会 13時~(私の質問は4時頃からです=早まることがあります。)
   16日(水) 橋下・維新の会をどう考える「学習会」6時30分~
          奈良県文化会館
   19日(土) あやめ池診療所健康まつり


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         
   演説会のご案内

DSCF4304.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【やっと出会えた「塚口とうふ」】

2012年5月13日(日) はれ 今日は「母の日」。私の母は「和歌山市」に住んでいます。元気です。「ありがとうございます。いつも感謝の気持ちです」。    ・・・・・・...

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。