スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車両の速度規制・・・「要望書を出します」と。

2012年5月12日(土) はれ

  日本共産党奈良県全県支部交流会議(「支部活動の手引き」を学ぶ学習会)が大和高田市の「さざんかホール」
で行われまいた。学習会の講師は土方明果氏(日本共産党中央員会幹部委員 組織局次長)。

DSCF4339.jpg

 30数万の党員、21000の支部、362万人お後援会員、130万人のしんぶん赤旗読者をもつ日本共産党。草の根の組織を持つ日本共産党は、今や日本の政治にはなくてはらない存在。特に、この間、農協や医師会など今まで日本共産党と距離があった団体とも垣根がなくなっているもとで、さらに大きな運動を起こすためには、日本共産党の”支部”ががんばりどころ・・・・強く思いました。

DSCF4338.jpg

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 先日、私のブログで「三輪神社からの車両の速度規制・・・」を書きましたが、その後「伏見小学校のPTA」の役員さんから連絡があり「子どもたちの通学路。安全のために(40㌔ではなく、30㌔規制に)速度を落としてほしい。奈良西警察宛に”要望書”を出すことにしました。自治連合会からも出してくれるそうです」と。

 警察への問い合わせで「自治会・PTA等の要望書があれば・・・・」とのコメントをいただいており、一歩前進しそうです。

 最初にお声掛けをいただいた「Bさん」に経過を連絡しました。喜んでいただきました。
 もう一つ、お声(要望)をいただきました。

DSCF4328.jpg

 この道が狭くて危ない!なんとかならないか・・・・。と。
 さっそく、市に届けたいと思います。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
    きょうの潮流

 10日付の本欄で白馬岳の遭難について書き、読者のみなさんから「事実と違う」とのお叱りを受けました。ご指摘のとおりでした。
 ● 白馬岳白馬岳
 遭難が伝えられた当初の報道、「軽装」「冬山用の装備なく」にもとづき書きました。しかし後日、薄い羽毛ジャケットや風を防げる冬山用ズボンがザックに入っていた、と分かってきたのです。
 自宅に執筆当日の朝に配られた新聞に、新たに発見された事実が報じられていました。目立たない記事とはいえ見逃してしまい、無念の遭難にあわれた6人の方々の、名誉を傷つけてしまいました。
 北アルプスの名峰・白馬岳。正式には「しろうま」ですが、「はくば」の呼び名で親しまれています。60代から70代の6人は、雪解け水をたたえる雲上の火山せき止め湖、白馬大池から頂にいたる稜線(りょうせん)を進んでいました。さえぎるもののない展望が得られる分、風は吹きさらし、逃げ場が見当たらない道です。
白馬大池 ● 白馬大池
 夏に記者が同じ経路を登ったとき、予想以上に時間がかかりました。あの登頂の記憶を呼び戻すと、6人の足どりが目に浮かびます。5月の山は、天気がよいと暖かい。登り始めのころは、Tシャツ姿で平気だったかもしれません。
 が、いつしか疲れ、雨・風・雪に見舞われる。体の中心部が冷える低体温症は怖い。脳の働きが鈍り、重ね着する間もなく力つきたようです。6人のうち5人が医師や獣医師で、登山経験も豊かな、山男の命を奪った自然の魔力。こんど同じ道を行けば、倒れられた現場で黙とうしたい。
    
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
■ 直近の予定(主なもの)
 
 5月14日(月) 奈良市議会建設委員会 13時~(私の質問は4時頃からです=早まることがあります。)
   16日(水) 橋下・維新の会をどう考える「学習会」6時30分~
          奈良県文化会館
   19日(土) あやめ池診療所健康まつり

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         
   演説会のご案内

DSCF4304.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【車両の速度規制・・・「要望書を出します」と。】

2012年5月12日(土) はれ  日本共産党奈良県全県支部交流会議(「支部活動の手引き」を学ぶ学習会)が大和高田市の「さざんかホール」で行われまいた。学習会の講師は土

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。