スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「田起こし」始まる

012年5月 6日(日) はれ・一時あめ

 連休最終日、天気は荒れ模様です。
 午前中は曇り、昼ごろから雷が鳴り雨、そして夕方から晴れてきました。

DSCF4260.jpg

 雨の合間をぬって表に出ました。
 先日ブログで紹介した奈良市「歴史の道」。
 やはり、ご近所(私有土地等)のご理解・ご協力も欠かせないと思いました。
 地域の、住民協力のまちづくりはどうしても必要だと思います。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 近所で「田起こし」が始まっていました。

田植え

 稲作(米作り)の手順は通常以下のようになっています。

1、まず、育苗箱に稲の種・種籾(たねもみ)まき、育苗器で発芽させる。
2、次に、ビニールハウスに移して、ある程度まで大きく育てる。
3、トラクターにて、田の土を砕いて緑肥などを鋤き込む(田起こし)。
4、トラクターにて、圃場を整え田植えに備える(代掻き)。
5、育った幼苗を、田植え機(手押し又は乗用)で、本田に移植する(田植え)。
6、定期的な雑草取り、農薬散布、肥料散布等を行う(専用の農業機械を使う)。
7、稲が実ったら稲刈りと脱穀を同時に行うコンバインで刈り取る。
8、通風型の乾燥機で乾燥する(水分量15%前後に仕上げるのが普通)。
9、籾すり機で籾すりを行う(玄米)。
10、精米機にかける(白米)。

 ● 田植え後の水田(昨年)田植え後の水田(昨年)

 今年も”豊作”になりますように。
  
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    きょうの潮流

 政府や国会、東京電力が事故調査の最終報告書を準備しています。政府は7月、国会と東電は6月中にまとめる予定とされています。政府と東電が昨年出した中間報告書に何が書いてあったか、あらためて読んでみました。
thumbnail[2] ● 北海道電力泊原発
 東電の報告書にこんな記述があります。「本施設がなければ福島第一原子力発電所の対応は、継続不可能であった」と。本施設とは免震重要棟のことです。緊急時のために設置した免震構造を持つ施設をで、自家発電設備や換気装置を装備しているそうです。
 「想定を超える津波」と自己弁護の表現が目立つ報告書のなかで、目を引きました。というのも、政府の再稼働基準では、この施設について、電力会社の計画さえ出せばよいとしているからです。政府が再稼働を急ぐ関西電力大飯原発の場合は3年先に設置すればよいと。
あかはた                            ●地震国日本の原発(しんぶん「赤旗」より)
 理解できません。東電が”これがなければ事故の対応ができなかった”と表明しているのに、計画だけで安全対策はオーケーというのですから。政府の無責任さが際立ちます。しかも経済産業省原子力安全・保安院の資料によると、計画どころか「検討中」段階の原発も全国に少なくないのです。
 各地の原発を再稼働させたい政府の姿勢だけがはっきりみてとれるのではないでしょうか。一事が万事です。備えのない原発で国民に安全を保証出来るはずはありません。
 国内で唯一運転していた北海道電力泊原発3号機が発電を止め、全国で50基の原発がすべて止まりました。原発ゼロへの新たな出発点にしたい。 
   
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
■ 直近の予定(主なもの)
 
 5月 7日(月) 共産党市会議員団の会議          
    8日(火) 日本共産党の会議
    9日(水) 定例あやめ池駅早朝宣伝
   10日(木) 生活相談(障がいと生活設計について)
   14日(月) 奈良市議会建設委員会 13時~(私の質問は4時頃からです=早まることがあります。)
         
※ 建設委員会は直接傍聴ができます。(30分前には「議会事務局」までお越しください。)また、インターネット「市議会ホームページ」で当日は「生放送を視聴」、5月23日頃からは「録画視聴」できます。


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。