スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伏見中学校入学式

012年4月12日(木) はれ

 伏見中学校の入学式がありました。
 今年の新入生は205名。6クラスです。

DSCF4072.jpg

 式場に入場する新入生の顔は、どことなく緊張気味です。しかし、目は輝いていました。

 つい先日まで小学生だったとは思えないほど、しっかりしています。
 新入生代表「誓いの言葉」には感心させられます。

DSCF4069.jpg

 3月に行なわれた卒業式では、卒業証書を受け取った生徒が、その場で卒業証書を破りました。それも自己の主張なのでしょうか・・・・・。
 式が始まる前、校長先生のあいさつにそのことが触れられ、「先生と生徒が信頼関係を築かなければ、あのようになる」と・・・・。

DSCF4065.jpg

 これからの3年間の中学校生活。自身の将来の夢に向かって進む一歩となります。とにかく友達をたくさんつくって”財産”にし、勉学に部活に花をさかせてほしいと思います。
 
 私も応援します。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

   きょうの潮流

 4月15日は、北朝鮮の金日成主席の誕生日といいます。本人は18年前に亡くなっていますが、北朝鮮では「永遠の主席」とあがめられています。
 北朝鮮が発表している「人工衛星」の打ち上げは、主席の生誕100年を記念する行事です。折も折、孫の金正恩氏が最高指導者となります。北朝鮮は、打ち上げを、強く盛んな国「強盛国家」づくりの象徴にする考えを明かしています。
ミサイル ● 写真は「共同通信社」より
 人工衛星なら、日本も韓国も打ち上げています。しかし、国連の安保理事会は北朝鮮に、決議で「弾道ミサイル」の技術を利用した発射をやめるよう求めています。仮に人工衛星を積む発射だとしても、核爆弾を運ぶ弾道ミサイルの技術開発につながるからです。
 決議は、核開発をめぐる約束を守らない北朝鮮への、国際社会の回答です。北朝鮮が、決議を重く受けとめなければ、各国の不信が募り、大手をふって宇宙開発に参加する道もみずから閉ざすでしょう。
 「わが国領域内に落下するケースは、通常は起こらないと考えており、国民各位におかれては、平常通りの生活を送っていただきたい」。北朝鮮が発射した場合についての、日本政府の発表です。官房長官は、備えは「万万が一」のため、といいます。
 「万万が一」が物々しい。沖縄の島々に撃ち落とすミサイルを持ち込み、警報の試験放送は当初、「攻撃対象地域 沖縄県」と表示していました。まるで有事か。戦争訓練の好機とばかりにはしゃいでいては、外交力で発射をやめさせるのに逆効果です。

■ 直近の予定
 
 4月13日(金) ・日本共産党奈良市後援会ハイキング
          ・近畿全駅いっせい宣伝」 
   14日(土) ・西大寺地域で日本共産党を語るつどい

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。