スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生立ち3(小学編)

012年4月 9日(月) はれ

 生い立ち 3

838273d7cbb59495135e-M[1]

 田舎では仕事がほとんどありません。
 父が和歌山市の住友金属に出稼ぎで働きに行きました。
 父が「いつまでも、ここにいては子ども達のためにも、生活のためにもよくない。和歌山市に引越ししょう」。となったそうです。

 小学校5年生のときでした。
 住み慣れた自然いっぱいの故郷を後にするのはつらく、友達とも別れるのがいやで泣きわめいた記憶があります。

 そして、和歌山市へ。
 都会です。驚くことばかりです。
 紀ノ川の川幅に驚き、車の多さ、道の広さ・・・・・
 かつひこ少年には見る物全てが別世界です。

 一番の驚きは「空がこんなに広いものなのか・・・」でした。(田舎では、山に囲まれて、空が狭かった)

DSCF3976.jpg                ● 左端が かつひこ少年(中学生の時=住友金属前で)

 そして中学生に進級します。 

              ー つづく ー

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 市役所の桜もほぼ満開になりました。

桜
 
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

   きょうの潮流

 雪国の読者からいただいたお便りの封を開けると、春の香りが漂いました。摘んだばかりのフキノトウの差し入れでした。
 さっそく刻み、みそ汁に散らして味わいました。ごちそうさま。「春は苦いものを食べよ」という昔からの教えどおりです。香り高くあくの強い野草や山菜をいただくと、大地からもえでた生命の息吹が体中を巡るような気がします。
 さあ、次はタケノコの苦みが待ち遠しい。が、福島や茨城、千葉のあちこちで採れたタケノコから、基準値を上回る放射性セシウムがでた―。「いづこへも行かぬ竹の子藪(やぶ)の中」(三橋敏雄)。しっかり根を張ってどこにも逃げない、タケノコがかなしい。
たけのこ
 この国土と自然を汚し、生産者を泣かせ、私たちの体も食文化も脅かす放射能。のほほんとしたふうの、東京電力の経営陣や閣僚たちの顔をみると、またもや憤りを抑えられません。しかし政府はおかまいなく、止まっている原発をふたたび動かそうとします。
 運転を再開するかどうか判断する基準を決めましたが、安心する人はまずいません。いま安全対策がなくても、電力会社がその計画をつくればいいというのですから。ある新聞に、「深刻な事故回避『確約』 政府…」の見出しがありました。なるほど。まだ対策をとっていないが、政府が安全を確約するのだ、とにかく運転を認めよ、というわけか。
 ならば、大事故をひきおこす地震や津波が起こらないと、政府が保証するとでもいうのでしょうか。人の命をなんと心得ている。

■ 直近の予定
 
 4月11日(水) ・あやめ池幼稚園(公立幼稚園)入園式
   12日(木) ・伏見中学校(公立中学校)入学式
   13日(金) ・日本共産党奈良市後援会ハイキング
          ・近畿全駅いっせい宣伝」 
   14日(土) ・西大寺地域で日本共産党を語るつどい

 ※ 幼稚園・小中学校の入園・入学式に「来賓」として出席案内をいただいています。
   お祝いに行きたいと思います。

       赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。