スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんな人に励まされて

012年4月 4日(水) はれ


 今日は、休暇をいただきました。
 何をするわけもなく、ぶらぶらしていました。

 ただ、早朝駅宣伝だけは行いました。昨日つくった「松岡かつひこレポート」を配りに後援会員の方4人が来てくれました。駅の南北の改札口に二人づつ別れて、230枚まいてくれました。

 駅宣伝の時、高齢者のNさん、Aさんがかならず手を振ってくれます。
 Yさんも決まった時間に出勤します。

 役所の親友、Mさんも声をかけてくれます。
 自転車で通勤するKさんも元気です。

 奈良行きのホームからTさんがニコッと笑って応援してくれます。

 いろんな人に励まされて、駅宣伝は力が入ります。

 



    きょうの潮流   

 「この国には乾いた時期、涼しい時期、暑い時期、雨の時期があるけれど、春はない」。3月30日、アウン・サン・スー・チー氏が語っていました。
 3日後、スー・チー氏は宣言しました。「新しい時代の幕開けです」。彼女の率いる国民民主連盟(NLD)が、1日投票のミャンマーの国と地方の議会補選で、発表された40議席すべてを得ました。
 人々は、国土の多くが春のない熱帯の、ミャンマーに政治の春がくる日を望んでいます。NLDは求めます。連邦議会の議席の4分の1を軍に割り当て、非常時に軍の最高司令官が権力を一手に握れると定めた、憲法の改正を、と。
 その国軍の「建軍の父」とよばれる人が、スー・チー氏の父、アウン・サンです。1915年生まれの彼の一生は、新しい国の産みの苦しみと希望を物語ります。支配者イギリスを追い出すため、日本軍の機関の援助をえてビルマ独立軍を結成する。日本の占領に対しては、国軍や共産党が組む反ファシスト人民自由連盟の議長としてたたかう…。
 戦後、独立めざしてイギリスと交渉し、独立間近の32歳で暗殺に倒れます。「民主主義」「共和制」「社会主義」の国を望んだ彼。独立後の国で軍の権力独り占めが長く続くとは、思いもよらなかったでしょう。
 アジアにあった、韓国、フィリピンやインドネシアの軍事独裁政権は倒れ、「アラブの春」もおしとどめられません。いよいよ、すでにアウン・サンの時代から民衆の根づよい抵抗の歴史を刻む、ミャンマーの出番です。
 
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 ■ 直近の予定
 
 4月 6日(金) ・議会制度検討委員会
   10日(火) ・あやめ池小学校(公立小学校)入学式
   11日(水) ・あやめ池幼稚園(公立幼稚園)入園式
   12日(木) ・伏見中学校(公立中学校)入学式
 ※ 幼稚園・小中学校の入園・入学式に「来賓」として出席案内をいただいています。
   お祝いに行きたいと思います。

       赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。