スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「松岡かつひこレポート」作り

012年4月 2日(月) はれ

DSCF4013.jpg              ● 何という名の花でしょうか。近所で一面に咲いています。

 今日から、新年度。街にも、「新入社員・職員」の顔を見かけます。
 爽やかに、元気良く若い力を発揮していただきたいと思います。
 ただ、気になるのは「正社員・職員」だろうか・・・・・。近年、非正規社員・職員が急増しています。生活保護基準以下の低収入しかない人も多い。

 市役所でも新入職員が入職。少し、元気がないのが気になります。市民のために」これから頑張って欲しいと思います。

 明後日は第一水曜日。「松岡かつひこレポート」の発行日です。
 毎月、第一水曜日発行の「レポート」は、後援会員の方が駅配布をしてくれます。また、しんぶん赤旗日刊紙・日曜版の折込みをします。
 今日は、その「松岡かつひこレポート」作りをしました。(写真は「案」です。) 

DSCF4017.jpg

DSCF4016.jpg
   
  きょうの潮流   

 潮流子が使っている机の高さが60センチと少し。先週、東京電力の福島第1原発2号機の中の冷却水の水位がその程度だったと発表されました。
 水温が50度なので溶けた燃料は冷えていると、東電は説明しています。しかし、予想より3メートル以上も低かったというのですから、不安です。東電と政府は昨年12月、「冷温停止状態」を完了したと言って、事故収束を宣言しました。その後はどうでしょう。
水漏れ ● 水漏れ
 原子炉から放射性物質を含む汚染水は増え続け、処理した水を入れるタンクを増設する場所もなくなっています。施設から汚染水が漏れる事故は多発し、海へ流れてしまった事故も2度発生。原子炉の状態を把握できないのに、頼みの監視温度計の故障が相次いでいます。
 事故は現在進行形です。なのに、政府は原発の再稼働の動きを強めています。まるで事故を忘れたかのようです。しかも、再稼働の判断に使うストレステスト(耐性試験)の審査は、専門家の意見も尽くさず、おざなりでした。
炉心 ● 炉心溶融
 審査した原子力安全委員会は1日に廃止されるはずでした。今月中旬に任期を終える委員全員が「国民から信用される存在か、自信がない」から辞めたいと言っているそうです。原発の安全を担う規制機関がないことを裏書きしています。
 水位を直接観測したのは2号機が初めてでした。では炉心溶融が一番早かった1号機、水素爆発して建屋がぼろぼろになった3号機は? 国民が求めているのは、安全ぬきで再稼働を押しつける政治判断ではありません。
 
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 ■ 直近の予定
 
 4月 6日(金) ・議会制度検討委員会
   10日(火) ・あやめ池小学校(公立小学校)入学式
   11日(水) ・あやめ池幼稚園(公立幼稚園)入園式
   12日(木) ・伏見中学校(公立中学校)入学式
 ※ 幼稚園・小中学校の入園・入学式に「来賓」として出席案内をいただいています。
   お祝いに行きたいと思います。

       赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。