スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルパーさんの時間

012年3月23日(金) あめ

       今日の街景色

 今日は、3月議会休会日(議会事務局事務作業の日)です。
 午後から、議会運営委員会の「意見書※」調整委員会がありました。
 これまで、「意見書」の扱いは、幹事長会議に計られ、全会一致以外は日の目をみることはなく、もちろん、どの党・会派がどういう態度をしたのか、反対の理由は何なのか・・・など明らかにされることがありませんでした。(つまり「検討中」ということだけで、市民にも提案者にも説明のないまま、廃案になっていました。)
 これまで、わが党は「公開の場で行なうべき」と求めていましたが、現在行なわれている「議会制度検討委員会」で扱いを論議。「議会運営委員会」で扱うとともに、公開していくことになったものです。
 ただ、各党・会派の「意見書(案)」を出来る限り提出させたいとの思いから「調整委員会(事務折衝的なもの)」を開くことになったものです。
(※「意見書」 地方自治法99条では、都道府県や市区町村が国政に関する事項について「意見書」を提出する権利があることを定めています。 地方自治体がこうした意見書を提出することは、国の制度創設にとってたいへん重要です。)

DSCF3966.jpg

 今回の予算委員会で、私が質問した項目の中で「介護保険料、後期高齢者医療保険料の推移」や、「ホームヘルパーの生活援助時間の変更」に関するパネルを使いました。
 ①、介護・後期高齢者保険料の引き下げを!の質問に対して、市は「保険料の引き上げに”危惧”している。市単独で押さえるのは厳しいが、国・県に負担割合を増やすよう求めて行きたい」との答弁でした。

DSCF3965.jpg

 ②、ヘルパーさんの家事援助の時間が減らされ、利用者が困る。一方でこれまで同様の時間を使えば、ヘルパーの自己負担増か、事業所の持ち出しになるではないか。市として支援をすべきだ・・・との質問に、市は「事業所の都合によるサービスの打ち切りなどがないように指導・監督していく」という答弁にとどまり、市の支援策については触れませんでした。
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 お花見のおさそい
okinawa_e_01[1]

 ● と き  4月8日(日) 
 ● ところ  京都府井手町
 ● 会 費  1000円 (交通費・昼食込

 ー主 催ー <松岡かつひこ後援会>
 お申し込みは 48-8188 松岡かつひこ(自宅)
        53-8013 松岡事務所(火・金曜日のみ)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 直近の予定

   3月 ・現在、3月議会~26日(月)まで
      ・現在、3月議会予算委員会(~22日(木)まで)
 
      25日(日)  ・広陵町議選挙支援
  
   4月  1日(日)  ・あやめ池南7丁目自治会総会 
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     きょうの 潮 流 

 ふだん野球に興味のない友人も、いささか気分が高ぶりました。選抜高校野球大会の2日目第3試合です。
 宮城・石巻工と鹿児島・神村学園の対戦。友人は、震災ボランティアとして、たびたび石巻を訪れています。石巻工の周りをよく通りました。ついでに、日本共産党から県議選で初当選した三浦一敏さんのビラ配りも手伝いました。三浦さんの出身校、石巻工の試合と聞き、なおさら…。
 21世紀枠で選ばれた石巻工、一時は逆転しましたが、三浦投手の指を痛める思わぬ事故もあって敗れました。石巻工の挑戦を受けてたった、九州大会の優勝校、神村学園の実力をたたえたい。
石巻応援
 石巻工の、最後まで食い下がる気持ちは伝わりました。「あきらめない街・石巻! その力に俺たちはなる!」。かかげた標語に恥じない、互角の試合をくり広げたのですから。活発な打線に、神村学園の監督は「すごい、元気をもらった」と振り返ります。
 部員の7割が被災しました。学校の校舎とグラウンドは津波で水に浸り、厚い汚泥に埋まりました。野球部の立て直しは、一面の汚泥のかき出し、がれきの取り除きから始まりました。地方大会での好成績、そして甲子園行きなど、夢のまた夢だったでしょう。
 部員みんなの相談でつくった、開会式の阿部翔人(しょうと)主将の選手宣誓が心に残ります。「人は誰でも、答えのない悲しみを受け入れることは苦しくつらいことです」。石巻工の野球部は、そこから立ち上がる人間の底力を、みずから証明してみせました。
 -写真は石巻工を応援する地元(共同通信より)―
   
       赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。