スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つどい・要求懇談会・・・切実な声が。

012年2月24日(金) はれ

       今日の街景色

つどい

 午後から、あやめ池地域で「つどい」(日本共産党を考えるつどい)が開かれました。私から、民主党野田政権がすすめる「税と社会保障の一体改革」の危険な内容と、日本共産党の考え方、取り組みなどをお話しました。

つどい2        ● 真剣に聞き入ってくれました。

「次の選挙、絶対勝たなあかんね・・・」と、心強い感想が寄せられました。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 6時30分から、市議団主催の「議会報告と要求懇談会」を文化会館で行いました。
 40名をこえる方が参加してくれました。

報告会

 最初に、この間の市役所でおきた犯罪(税金の着服)・市議会の不祥事(前議長による収賄、議員による口利き)について、報告と日本共産党の取り組み、・今後の方向を約30分かけて報告。
 参加者から、「奈良市には、まだまだおかしいところがる。共産党市議団、頑張って欲しい」等、期待の声が寄せられました。

 次に、来年度の予算と、市民要求について、報告。
 参加者から、「暮らし・福祉を守ってほしい」との願いから、いくつかの要望が出されました。
 シルバーパスを守ってほしい。
 映画館がなくなった。
 学校のトイレ、洋式トイレが少ない。
 歩道の整備が遅れている。傾き、デコボコが多い。
 保育料を下げて欲しい。
 子どもの医療費引き下げだけでなく、高齢者の医療費引き下げも・・・・など。

 しっかりと3月議会で取り上げていきたいと思います。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

   お知らせ 
集会案内 来月3月11日は、東日本大震災・原発事故からちょうど一年。
 奈良では、「3.11原発ゼロ、震災復興をめざす集い」が行われます。
 3月11日(日)11時~15時 JR奈良駅前広場
 ※ 東北3県、奈良被災地の物産展、医療や健康何でも相談コーナー、バザー、ミニコンサートなど多彩に行います(14時~メイン集会とパレード)。入料は無料です。
 主催: 3.11集会実行委員会

■ 直近の予定

   2月 25日(土) ・ 総選挙勝利奈良県活動者会議 13時30~
   2月 29日(水) ・ 内示会
   3月  3日(土) ・ 原発シンポジュウム
       4日(日) ・ 不登校親の会
       7日(水) ・ 本会議開会
       8日(木) ・ 大阪橋下維新の会をどうみる「学習会」
      11日(日) ・ 3・11なくそう原発・復興支援集会(前述)
   
   3月議会で、私は、予算委員会のメンバーに入る予定です。議会日程の詳細は後日お知らせします。
  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     きょうの 潮 流 

 「もっと大きな夢を…」。野田首相が、「官邸かわら版」で若者たちによびかけています。
 首相はいいます。“バブル崩壊後に生まれた人たちは、きょうより明日がよくなるという思いをもてない状況だ。では、どういう夢があるか。正社員になって結婚することが夢になりつつあるという”。なるほど、そうでしょう。
派遣
 ここで首相は、「そうではなくて」と話を転じます。「そうではなくて、もっと大きな夢を描いて、日本のためにがんばろう、世界のためにがんばろうという人たちがふえる環境をつくる」。「正社員」や「結婚」への願いなど政府が環境をつくるに値しないほど小さな事柄、と聞こえます。
 「大きな夢を」は、国会でのやりとりの一部でした。議事録をみてみると民主党議員が、首相の「大きな夢」発言を引き取ってのべています。非正規雇用の労働者が4割に達しようとしている。だから家庭をもてない人がふえてきた。
高橋ちづこ ● 高橋ちづこ議員
 低所得の世帯がふえ、1世帯あたり所得額のちょうど真ん中にあたる中央値は、1995年の550万円から09年の438万円まで112万円も減った。貯蓄ゼロ世帯も、2割を超えふえ続けている…。
 答弁に立った首相は、肝心の使い捨て非正規雇用の改善に一言もふれていません。日本共産党の高橋ちづ子議員は、きのうの衆院予算委で、気迫をこめて労働者派遣法の「抜本改正」を求めました。若者の尊厳を奪い、人生の夢をはぐくむ環境づくりもできないで、なにを偉そうに「大きな夢を」でしょう。
赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。