スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人情報流出? 調査の申し入れ

012年2月2日(木) はれ・一時雪

        今日の街景色

雪

ゆうやけ

 天気予報では、奈良県北部午後から”雪”。雪対策をして市役所に行きました。
 確かに、一時雪。しかし、すぐに止み、夕方から綺麗な夕焼けが・・・・・・。
● 写真上、雪がちらつきました。 写真下、夕焼け雲。
 
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 10時から、2月10日に行われる建設委員会の正副委員長の打ち合わせ。
 委員会の冒頭、理事者から「報告」があるかどうか、事前に調べるためです。今回は、都市計画区域報告と、下水道事業の企業会計移行に向けた学識経験・専門家による審議会の立ち上げ報告の2件でした。

正副

(景観審議会で、近鉄奈良駅行基広場大屋根問題が「継続審議」となった経過や、今後のスケジュールなど報告してもらおうかと思いましたが、委員会質問の中でしたほうがいいか・・・・思案しました。)


 その後、「市民の個人情報保護についての緊急申し入れ」を行ないました。

申し入れ

 昨日、日本共産党市会議員宛に出所不明の文書が届きました。内容は、企業・個人を特定し、「本税●●円、延滞金●●円(いずれも金額を明記)」等、税の滞納状況を一覧表にしたもので、日本共産党以外にも、奈良市議会の全議員、監査委員、市の特別職等に送付されてきたもの。

告発

 共産党市会議員団が調査したところ、2011年3月議会の予算特別委員会に提出された資料(滞納整理課作成)と比較しても金額が酷似しているところから、奈良市の税務関係の情報が流出している可能性が極めて高いと判断。仮に、市民の個人情報がこうした形で流出していたとすれば大問題との立場から、事実関係について調査するよう申し入れたものです。
 同時に、今回、市議団に送付された内容が、事実だとすれば、1億3000万円以上もの滞納(本税と滞納金併せ)者を放置したまま、生活困窮の小口滞納者には「督促状」を発行し、差し押さえをチラつかせながら、徴収強化を進める市のあり方も問われることになるでしょう。
 この申し入れには、津山恭之副市長が対応しました。

■ ごあんない

2月10日(金)は、建設委員会です。
私も質問に立ちます(3時30分ごろから。※時間は未定です)。直接傍聴が可能です。是非お越しください。
また、インターネットでも視聴できます。

■ 直近の予定(各委員会は直接傍聴できます)

  2月 7日(火) ・ 環境消防委員会
     8日(水) ・ 産業文教委員会
     10日(金) ・ 議会建設委員会
           (※ 私が質問に立ちます。15時30分ごろから=時間は未定です)
    17日(金) ・ 総務水道委員会  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     潮 流 

 「問題として取り上げた事柄について、分かりやすく説明して、聞かせること」―。辞書で「講話」をひいてみました。
 「ある題目について、大勢の人にわかりやすく講義をすること」と解説する辞書もあります。「憲法についての講話」とか「校長先生の講話」とか、「講話」ときくと、なんだかありがたい話を思い浮かべます。
真鍋 ● 沖縄防衛局真部局長
 「宜野湾市在住職員及び選挙権を有する親族がいる職員に対する局長談話」。日本共産党の赤嶺政賢衆院議員があばいた、防衛省沖縄防衛局長の「講話」です。問題として取り上げる事柄も「題目」も事前に明かさないまま、電子メールで聞く人をよびよせました。
 しかし、選挙にかかわる「講話」であるとは分かります。5日告示の宜野湾市長選が迫るなかでの、局長の「講話」でした。業務内の時間に催し、「必ず聴講するよう」職員に求めているのですから、業務命令とみていいでしょう。
赤嶺 ● 赤嶺政賢衆院議員 
 防衛省によれば、局長は次のように話したとか。“宜野湾市は普天間飛行場があるところで、市民の民意が重要だ。公務員として、棄権してはいけない”。この通りだとしても選挙への介入は否めませんが、疑いは深まるばかり。たとえば、防衛局は「講話」に先立ち、職員の家族、いとこ、親戚について調べています。親族に投票を頼むよう「講話」しなかったのか。
 選挙や国家公務員のあり方を定めた、法にふれる「講話」です。どんな「題目」を、どう「分かりやすく説明」してみせたのか、こそこそせずに明かすべきです。

メール        
        ● [告発メール」日本共産党のホームページより 


(写真はyahooより)
赤旗ポスター
● しんぶん「赤旗」のお申し込みは 松岡かつひこまで

align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。