スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共産党しか信用できない・・・実感

012年2月1日(水) 雨のちくもりのち晴れ

       今日の街景色

夕日

 発達した低気圧の影響で、日本海側は大荒れの天気。豪雪の模様です。
 昨日の「潮流」でもお知らせした新潟県「栄村」朝から3メートルの雪。明後日ぐらいまで豪雪の予報です。雪下ろしなど、特に注意をして欲しいと思います。

 奈良は、朝方は小雨でしたが、夕方は綺麗な夕日。写真は生駒山に沈む夕日です。
 心持ち、夕日はいつもの太陽よりより大きい気がします。
 先日、テレビでやってました。「月が大きく見える日がある。いろいろ説があるのだけれど、実際は、月と地球の距離は同じなので、どうして大きく見えるのか、目の錯覚なのか・・・わからない」そうです。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日2月1日は、日本共産党のしんぶん赤旗創刊日です。
 1928年に創刊されて、84歳の誕生日を迎えたことになります。
しんぶん
 
 今日のしんぶん赤旗1面の記事を紹介しながら、定例のあやめ池駅早朝宣伝を行いました。
 右手にマイク、左手にしんぶん赤旗を紹介します。
 もちろん記事は、昨日の衆院予算委員会の赤嶺議員の質問。
 沖縄防衛局が2月12日投票で行われる宜野湾市長選挙に介入・・・というもの。
 
 しんぶん赤旗で「宜野湾市に選挙権がある職員や親族らのリストを作成し、対象者を集めて『講話』を行なっていたことが明らかになった」。内部告発をもとに、赤嶺議員が暴露したものです。
 
 通勤のある男性から「さすが共産党だね」と声をかけてくれます。
 思えば、昨年の九州電力の”やらせ”も、日本共産党への内部告発からでした。
食堂
 
 今日の昼食、市役所の食堂でとっていると、向かい側に座っていた男性が、「議員さんですか?と。「はい、そうですが・・・」「名刺いただけますか」「はぁ・・・松岡といいます」。
名刺をじっと見て「あんた共産党やな。少し時間ええかなぁ」「はぁ・・・・どのようなことでしょう」。
 昔は自民党の応援団。しかし、公明党と手を結んだから、少し嫌になった。その後、民主へ。これまた、怒り心頭。もう共産党しかない。と。

 今の奈良市にも腹が立つ。高齢者ばかりいじめて。なんとかしてほしい・・・・・・・。約20分お話を伺いました。

 いま、日本共産党しか信用できない・・・実感する一日でもありました。
 
■ ごあんない

 2月10日(金は、建設委員会です。私も質問に立ちます(3時30分ごろ~、時間は未定)。
 常任委員会も、直接傍聴が可能です。是非お越しください。また、インターネットでも視聴できます。
 
■ 直近の予定(各委員会は直接傍聴できます)

    2月  3日(金) ・ 厚生委員会
      7日(火) ・ 環境消防委員会
      8日(水) ・ 産業文教委員会
     10日(金) ・ 建設委員会
     17日(金) ・ 総務水道委員会  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    潮  流

 狭い路地を歩いていたら、1週間あまり屋根に積もったままの雪が、目の前に滑り落ちてきました。池は凍りつき、東京で軒下のつららをみるのも久しぶりです。
つらら
 天地が冷え切った日本列島。北国の雪の便りをきけば、江戸時代の越後の文人、鈴木牧之(ぼくし)が著した『北越雪譜』を開けます。雪国に生きる人の苦労を記す名著ですが、「秋山の古風」の一節に雪の話はほとんど書かれていません。
 秋山郷は、いまの新潟県津南町と長野県栄村のあたりです。牧之は、1828年秋に訪ねています。険しい山に囲まれた豪雪地帯は、冬に人を寄せつけなかったのです。
鈴木
 牧之がわずかに紹介する雪の話題は、冬に亡くなると寺にも運ばれない、村人のあわれです。米麦のとれなかった秋山の中心の村は、18世紀の凶作で村人すべて飢え死にし草原と化しました。閉ざされた冬のできごとかもしれません。
 いまの観光や農林業の里へと発展させてきた、先人の苦労がしのばれます。栄村は、昨年3月12日の長野県北部地震で、一時9割の村民が避難するほど大きな被害をうけました。秋山郷の地域も、地震で雪崩がおきて孤立しました。
栄村端が
 1945年には7・85メートルの積雪を記録した栄村。震災からの復旧・復興にとりくむことしも、すでに積雪が3メートルを超えています。仮設住宅の雪下ろしをしていた人が転落して亡くなる事故がおき、100メートル近い橋が雪の重みで崩壊しました。けれど、野田首相の施政方針は、災害に強い国土づくりの道筋を語らずじまいです。

(写真はyahooより)
赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。