スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護が続きます・・・・

012年1月16日(月) くもり(さむ~~~い一日)

 今日の街色

道路2
● 奈良西警察北側の「都市計画道路」拡幅工事。調べてきました。あすのブログで紹介します。


 午前中、共産党市会議員団の会議がありました(9時30分~12時ごろ)。

 団会議の最中に携帯が鳴ります。小林県議からです。「T君が・・・・・」。
 あ~~、やっぱり。
 先日の障がいのあるT君。今度は小林県議のところに行っていました。
 とりあえず、保護課に相談に行っていただいておきます。会議が終わって「合流」すると、「生活保護の申請、受け付けていただきました」と。よかったです。しかし、これからも、関わりが必要なのでしょうね・・と小林県議。
 そんな会話をしているところに、路上生活者(ホームレス)が部屋を訪ねてきます。今度は、私が対応します。
 Iさんは68歳。新大宮駅でホームレス状態になっているらしい。
 以前は、大阪で奥さんと二人暮らし(生活保護受給)。しかし、昨年末に奥さんが家を出ていき、家賃も滞納し行くところがなく、本籍のある奈良市に来たらしい。
ホームレス            ● 「生活を取り戻したい」。相談にのりました。※本人の了解を得ています


 ひとつは、今日以降の宿泊・食事。
 二つは、今後、どこで生活をやっていくのか(奈良市で生活をするなら、奈良市の生活保護申請も・・・)。
 両面で対応をしなければなりません。
 奈良市の救護施設の空き状況を保護課と相談しながら、とりあえず、Iさんの生活歴をもう少しお聞きします。

  少し経って、保護課の職員が「今も、大阪の東住吉で生活保護受給してはりますやん。東住吉の職員が言っていますよ・・・・」。
 はて?
 聞けば、1月分の生活保護費が支給されているらしい。本人も認めます。けど・・・・・「奥さんがカードで全て引き出していて、私はもらってない・・・」。その奥さんは、行方不明・・・。
 
 とりあえず、明日にでも大阪東住吉区役所に行き、相談してもらうことに・・(あ~~、交通費が・・・)。
 交通費、食事代、電話代を渡して別れました。
 5時30分になっていました。

 この間、生活保護課のAさんが昼食もそこそこ、ず~~~~と親身に対応してくれます。
 またまた、Aさんに頭を下げ、役所を後にしました。


■ ごあんない
こくた                      ● 衆院議員・日本共産党国会対策委員長
1月21日(土)
午後2時から 日本共産党奈良県委員会主催の「新春の集い」が行なわれます。
当日は「こくた恵二」(衆院議員・日本共産党国会対策委員長)が”講演”を行ないます。
場所は、いかるがホール。
入場は無料です。自宅から会場まで送迎も出来ます。
ぜひお越しください。

■ 直近の予定
  1月18日(水) ・あやめ池駅早朝宣伝、
           ・松岡かつひこレポート発行
           ・奈良市革新懇年次総会
    19日(木) ・新聞配達
    21日(土) ・あいさつ回り
           ・新春のつどい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

潮 流 

 帰省客3億5000万人、交通機関の利用者のべ30億人。中国で世界最大の帰省ラッシュがピークを迎えています。旧暦の春節が本番の正月です。今年は1月23日。
列車事故
 出稼ぎ労働者や寮生活の学生にとって春節は年1回、家族と過ごせる貴重な休みです。この人たちが無事に家へ帰れるか。交通機関の手配は毎年、政府の重要な仕事です。今年は鉄道の安全運行が重点課題だとか。そう願いたいものです。
嵐
 もう両親のもとに帰っただろうかと思う若者がいます。昨年、中国に出張したとき、世話になった日本語専攻の女子学生です。日本のアイドルグループ「嵐」のファンでした。「好きなのは翔君(櫻井翔)。でも演技力はニノ(二宮和也)が一番だと思う」と相当くわしい。
 ニノが出演したテレビドラマも見たといいます。中国では日本のテレビ番組をインターネット回線で見る人がいます。怪しげな技を使うこともあるようですが、そうまでして見たいという熱意に感心してしまいます。
 中国の若者が日本の芸能、アニメ、ファッションに向ける目は熱い。日本人が見る中国はどうでしょうか。世論調査で中国人の対日感情は「良い」「悪い」がほぼ同じ。日本人の対中感情は人権、領土などの問題が影響してか、「悪い」が7割くらいを占めます。
日中
 今年は日中国交回復40周年。人の行き来は増え、街なかで中国語が聞こえることも多い。ただ、国民同士の理解はどこまで進んだでしょうか。隣人は選べません。互いを丸ごと知る努力が大切です。
(写真はyahoo より)

赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。

align="left"style="padding:5px;"

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。