スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護のご相談 

012年1月11日(水) はれ・一時雨

 今日の街色

DSCF3261.jpg           ● 冬色の空

 西大寺に住むNさん夫婦、歳は80歳を超えます。ご主人は脳梗塞で倒れ、以降半身麻痺の状態。ご主人の要介護は”5”で最高の介護度です。収入もなく、生活保護の受給者です。

 家の中では、奥さんが世話をしますが、寝たきりになると、腕が上がらないなどの状態になるため、ディサービスに通所しています。
高齢者のイラスト         ● 記事と関係ありません

 問題は、デイサービスに出かける時。玄関の段差・玄関ドアの狭さ(90㌢ほど)で迎えに来てくれるデイサービスの職員が二人がかりで車に載せるのですが、かなりの困難を要します。また風呂も底が傷み、シャワーで済ます毎日(ご主人は、シャワーもままならない)。

 家主さんに家の改築・風呂の修繕を頼みましたが、直してもらえません。それどころか、「嫌なら出て行ってもらって結構」との返事です。
 やむなく保護課の担当者(ケースワーカー)に相談、引越しの申請をしました。
パン
 全国的に、「何とか力になってあげたい」と思いながらも、国の指導の厳しさから悔しい思いをする福祉職員さんが多い中で、一人の職員(ケースワーカー)が担当する生活保護受給者は120軒ほどあり、とても親身になれる状態ではありません。そんな中でも、奈良市の生活保護課の職員さんは頑張ってくれています。
 今回のケースでは、住宅改修(玄関の段差)により、安心して生活が出来るかどうか、お風呂の故障は奥さんから聞いていなかった、ご主人の体格等はどうか=体格の大きな方であれば、自宅から送迎の車までの移動も困難を極めるし・・・・(訪問時には「デイサービス」に出かけていて、ご主人とは会えていない)などの食い違いが生じたことが判明。
 
 「現在の住まい・生活実態を見て、ご主人の様子・奥さんへの聞き取りをあらためておこなって、対応したい」との答えをいただきました。

 Mさん(管理職)、Mさん、Kさん、ありがとうです。

■ ごあんない
こくた                            ● 衆院議員・日本共産党国会対策委員長
1月21日(土)
午後2時から 日本共産党奈良県委員会主催の「新春の集い」が行なわれます。
当日は「こくた恵二」(衆院議員・日本共産党国会対策委員長)が”講演”を行ないます。
場所は、いかるがホール。
入場は無料です。連絡いただければ、自宅から会場まで送迎もします。
ぜひお越しください。


■ 明日以降、直近の予定(確定分)

  1月12日(木)  あいさつ廻り、日本共産党奈良地区の会議
    13日(金)  市役所で新聞配達、生活相談(生活困窮問題)
    15日(日)  日本共産党奈良県党会議
    16日(月)  団会議、比例選挙制度学習会
    18日(水)  松岡かつひこレポート発行、奈良市革新懇年次総会
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

潮 流 

 「実務的なことは、一切任せていたので分かりません」。民主党の元代表、小沢一郎被告が裁判で語りました。
 またぞろ、「秘書が」「秘書が」? 小沢氏によれば、秘書は本当に信頼でき仕事を任せ切れる人らしい。だから、仕事に口出しも点検もせず、秘書がつくった政治資金の収支報告書も「いままでみたことはない」といいます。
小沢一郎
 すべて任せっぱなしなので「分かりません」といいながら、はっきり確信していることがあるそうです。ゼネコンからの裏金の受け取りなどは「一切ない」、と。資金管理団体の「陸山会」の土地購入をめぐる小沢氏の説明は、聞けば聞くほどよく分かりません。
 購入にあてたという4億円の出どころについて、小沢氏の説明はころころ変わってきました。政治献金。銀行からの借金。現金で事務所にしまってあった個人資産。裁判では、現金だったと語りました。
陸山会
 しかし、手持ちの現金を用立てたのならそれですむはずなのに、さらに土地を買うためと「了解」して銀行から融資を受ける書類に署名した、といいます。よく分かりません。2年前の説明も、裁判であいまいになりました。4億円は陸山会への「貸し付け」だったといっていたのに、「貸した、借りた、という言葉も、意識もなかった」とのべるのですから。
 小沢氏は、裁判でも「天下国家」を口にし、批判で自分の行動は左右されないと、大物ぶりを誇示してみせました。しかし、「天下国家」を説く前に、足元の真相をつまびらかにしてほしい。
(写真はyahooより)

赤旗ポスター
● しんぶん「赤旗」のお申し込みは 松岡かつひこまで

align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。