スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風一過・・・・・定例の団会議

014年 10月 14日(火) くもり 

 台風一過、「爽やかな秋晴れ」を期待しましたが、雲が広がり、むしろ肌寒い。
 朝、半そでのシャツで家を出ましたから、空気が冷たい。

 昨日の台風では、全国的に大きな被害をもたらしました。
 奈良市では幸いなことに倒木・ブロック塀の被害が数件あったものの、「人的被害」が報告されていません。良かったです。
 昨日のブログでも紹介しましたが、昼過ぎに役所に詰め、深夜23時30分~日付が変わる頃まで任務にあたってくれていました。避難所では、2か所、今朝まで開設していただいたとのことです。
 お疲れ様です。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 定例の団会議です。
 団会議の冒頭に行う「学習」。「綱領教室」(●著書 志位和夫 =新日本出版社)を学びます。
 昨年11月から始めた「綱領教室」学習。第1巻は今年6月までかかりました。
 第2巻に入ったのは7月14日。そして、8月25日以降は9月議会の対応のために中断していましたが、再開することに。
 市議7人が順番で「輪読」をし、感想を出し合う方式で進めます。

 新たな発見がある「学習」。有意義な取り組みだと思います。

DSCF9935.jpg

DSCF9934.jpg

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流  

 「(自衛隊初の)独立した『情報機関らしい組織』がスタートした歴史的瞬間」―。国民監視活動が批判されている自衛隊情報保全隊の前身である調査隊が発足したのは1952年。設立に関わった自衛隊元幹部の松本重夫氏は、「情報戦」を回想した著書で、こう述べています。
 モデルは当時の米陸軍情報部(CIC)です。この情報機関を参考に「情報の長期収集の努力の累積によって任務を遂行」(松本氏)する組織をめざしました。悪(あ)しき“伝統”は今も変わりません。
 日本共産党が2007年に告発した陸上自衛隊情報保全隊(当時)の国民監視活動をまとめた内部文書で、そのことが明るみに。イラク派兵反対から春闘まで、広範かつ長期にわたって市民の運動を監視していたのです。
 内部文書に記載された東北地方の市民たちが、監視差し止めを求めた訴訟の控訴審が仙台高裁で審理中です。6日には、陸自の司令部である陸上幕僚監部の元情報保全室長が証言。「(情報保全隊に)情報収集項目を与えていた」と認めました。
 平和と民主主義を守る市民の行動を「反自衛隊活動」と敵視し、組織をあげて監視を続け、情報を集積する。民主主義のもとで絶対に許されません。
 秘密保護法、集団的自衛権行使容認…。歴史の歯車を逆回転させる動きと、国民監視の強化は一体です。控訴審は来春にも結審の予定。国民監視を違法とした一審に引き続き、司法の良識を発揮させよう。原告団・弁護団、支援者の訴えに一段と熱がこもります。  
                                     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ● 第16回 ●
  奈良赤旗まつり

 ■ 11月22日(土) 午前10時~ 
 ■ なら100年会館大ホールと時の広場

 
 楽しさ爆発! 勇気100倍  「模擬店」や「子どものコーナー」「文化行事」など、家族そろって楽しめる企画が盛りだくさん。
 記念講演では「市田忠義」(日本共産党副委員長)が行います。
 ご家族・ご近所お誘い合わせてお越しください。
 
 ■ 参加協力券 大人:1000円、 中・高・学生・障がい者:500円 
    (好評取り扱い中です=詳しくは、松岡かつひこまで)

DSCF6716[1]                                                                 ● 昨年4月に行われた「奈良赤旗まつり」より
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 三連休の最後の日。大型で強い台風のニュースが連続してテレビから流れていました。日本列島を縦断するようです。
 私は、この連休中は16日まで続く決算委員会の質問準備に集中しようときめていましたので、朝から事務所に出かけました。

 明日から3日間、5~8項目の質問がありますので、それをまとめるための準備にはやっぱり時間がかかります。
 夕方近くになって風はそれほどではありませんが、強い雨がふってきました。

 大雨による土砂災害、火山噴火による災害、台風による冠水・浸水・・・と続く災害に防災対策・備えを強めなければならないと・・・
 これからの防災対策は、これまで経験したことのない事態への対応が求められています。 

o0461034613003235460[1]
   
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり行われます。
  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務  委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。