スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会最終日

014年 10月 1日(水) くもり・のちはれ 

 定例の早朝宣伝です。
 宣伝中、通勤の方から・車のドライバーが手を振って、会釈をして励ましてくれます。
 今朝も、「H」さん、「T」さんや「K」さん・・・・。もちろん、「M」さんもいつも通りに・・・。ありがたいことです。
 女性のドライバーが手を振ってくれます。
 「あれ?」。見かけない顔です。車が通り過ぎた後見てみると車の後ろに「T」の屋号。
 「あっ!『U』さんだ」。眼鏡をかけていたから一瞬わかりませんでした。またまた元気が湧いてきます。
 
 朝は少し眠いけれど、皆さんの顔を見るのが楽しみに駅に向かっています。
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 9月議会最終日です。
 あさから、幹事長会議、議会運営委員会が連続して開かれます。
 25年度決算、補正予算、条例などの議案関係は、すでにブログで紹介していますが「予算決算委員会」での採決どおりになりました。以下、再掲します。

 1、シティープロモーション作成について
 2、観光案内所「改修」について
 3、就活中(ハローワークへの相談時)の市役所内の「託児所」設置について
 の3件の補正予算について、自民・なら未来の二つの会派から「修正・反対」動議が可決されました。
 
 日本共産党奈良市会議員団は
 「補正予算」については、「マイナンバーカード(国民背番号制)に関する予算」、「生活保護申請を水際で追い出そうとする”制度”」が含まれている。として「反対」しました。
 また、「補正予算の修正案」(前述)について、「不急事業」であることを理由に「賛成」しました。
 議案関係では
 1、一般会計決算・・・・市民の暮らしが大変な時だけに、くらし・福祉優先にすべきを、税金の使い方が間違っている。
 2、奈良市駐車場事業特別会計・・・・ホテル日航の地下駐車場は、本来「ホテル日航が設置すべき」であること。
 3、子ども子育て支援新制度関係の条例・・・・保育の質を後退させ、公的責任を放棄し、民間に売り渡すことになる。
 4、帯解保育園の改築・・・・・「認定こども園」開設を目的とした改築であること。
 5、副市長の退職金の廃止・・・・報酬審議会等に意見を求めるべき。
として、反対しましたが、他会派の賛成多数で「可決」されました。

本会議 (2)

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 市長は自身の「ツイッタ―」で、「なら未来の会などが提出した補正予算の『修正案』、共産党などが賛成した。修正案に賛成しながら、補正予算全体に反対?とは理解しがたい」と述べています。
 はて?
 補正予算はいくつかの事業が提案され、一つの「議案」となっています。
 補正予算での「事業」の中には、当然、市民生活から見て必要なものもあれば、不要・不急なものまであります。「補正予算」一括での「賛否」が問われれば、内容を十分精査して判断するのが当然ではないでしょうか。

 前述に記した通り、「マイナンバー制度」「生活保護申請を水際で”断念”させる」などのための予算は、我が党としては到底認めるわけにはいきません。一方、「学童保育時間延長」などは当然賛成します。
 ですから、「不要・不急事業」である「三つの修正項目」には賛成しますが、他の補正予算全体をみれば、「反対せざるを得ない(「学童保育時間延長」などについては「討論」の中で「しっかりと『推進すべき』と述べています」)」という判断は大義と道理があると思っています。 
  
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  きょうの 潮流 

 故渥美清さんが主演した「寅さん」シリーズは終盤、おいっこ満男の恋物語が軸になっていきます。渥美さんの体調不良もありましたが、若い恋模様は連作に新風を吹き込みました。
 こみあげる思いをぶつけ合う満男と恋人の泉。喜びと切なさが交差する舞台に、よく新幹線のホームが使われていました。それぞれの出会いと別れ。遠くへと旅立つ新幹線は、さまざまな感情があふれる舞台の象徴になってきました。
 「夢の超特急」が東海道に開通してからきょうで50年。いまや各地に路線は延び、半世紀の間に延べ55億人を乗せてきました。一方で、在来線の消滅や縮小で地方の過疎化、格差がひろがっています。
 停車すれば活性するといわれた地方の街々は寂れ、大都市圏集中に拍車がかかっています。強引な路線拡大は環境や財政面からも批判を浴びてきました。そのうえ、いまリニア中央新幹線の建設計画が動きだしているのです。
 山梨・都留(つる)市にあるリニア見学センター。実際に走行する姿が見られ、超電導の仕組みがバラ色に描かれています。しかし、新たな「夢の乗り物」に、疑問や不安は大きくなるばかり。南アルプスの貫通をはじめとする環境破壊、安全性や総額9兆円にものぼる巨額の建設費と、問題が山積みだからです。
 加速する大都市圏への集中はこの国の将来にとって望ましいのか。ヒトやモノを速く動かせば、それだけ社会は発展し、豊かになる。そんな見方は、そろそろ改めたほうがいい。悪夢を走らせてはなりません。                                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ● 第16回 ●
  奈良赤旗まつり

 ■ 11月22日(土) 午前10時~ 
 ■ なら100年会館大ホールと時の広場

 
 楽しさ爆発! 勇気100倍  「模擬店」や「子どものコーナー」「文化行事」など、家族そろって楽しめる企画が盛りだくさん。
 記念講演では「市田忠義」(日本共産党副委員長)が行います。
 ご家族・ご近所お誘い合わせてお越しください。
 
 ■ 参加協力券 大人:1000円、 中・高・学生・障がい者:500円 
    (好評取り扱い中です=詳しくは、松岡かつひこまで)

DSCF6716[1]                                                                 ● 昨年4月に行われた「奈良赤旗まつり」より
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 
    
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり行われます。
  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務  委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。