スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良市成人式  お祝いを述べてきました

012年1月9日(月・祝) はれ

 今日の街色

新成人     ● 「成人式」に出席の新成人 きれいで元気な若者たち 

 成人の日、祝日です。今日は、奈良市鴻池総合運動場の体育館で「成人式」が行われました。
 私もお祝いに出席してきました。
 今年の「成人式」を迎えられたのは、1991年4月2日から1992年年4月1日までに生まれた方です。
 全員で3,658人になります(男性は1,815人、女性は1,843人)。
 ”少子化”と言われる中で、昨年、奈良市で生まれた赤ちゃんは約2,800人ですから、やはり”少子化”が進んでいます。

 この20年を振り返ってみると、身近なところ奈良市では、
● 第二阪奈道路開通(97年) ● 古都奈良の文化財が世界遺産登録決定、奈良市政100周年(98年) ● 中核市移行(02年) ● 奈良市・月ヶ瀬村・都祁村合併(05年) ● 平城遷都1300年祭開催(10年) など。

 国内に目を向けると
● バブル崩壊(91年) ● 阪・淡路大震災・地下鉄サリン事件(95年) ● 消費税5%に増税(97年) ● サッカーワールドカップ日本・韓国大会開催(02年) ● 新潟県中越地震発生(04年) ●後期高齢者医療制度スタート(08年) ● 東日本大震災・原発事故、全日本女子サッカーワールドカップ優勝(11年) など。

 そして、世界では
● 湾岸戦争勃発、ソビエト連邦崩壊(91年) ● ヨーロッパ欧州連合(EU)発足(93年) ● ラビンイスラエル大統領暗殺(95年) ● フランスが核実験終結宣言(96年) ● トルコ大地震、台湾大地震(99年) ● アメリカ同時多発テロ事件発生(01年) ● イラク戦争開戦(03年) ● スマトラ島沖地震(04年) ● 中東各地で民主化運動相次ぐ(11年) など。
会場

 こしてみると、社会は確実に進歩しているということと、紛争・戦争が繰り返されている。また、災害も国内・国際的にも頻発していることが伺えます。
 今日の「成人式」式典の直前、会場の近くで日本共産党奈良県会議員(奈良市選出)と市会議員団合同で新成人のみなさんに心からのお祝いを述べました。同時に、これからの奈良市・日本を作っていくみなさんと力を合わせ、貧困と格差をなくし生きがいと働きがい、夢ある未来に向かってともに力を合わせましょうと訴えをしました。
訴え

 今日、成人式を迎えられたみなさんとご家族のみなさんに、心からお祝いを申し上げます。おめでとうございます。

■ ごあんない
こくた                      ● 衆院議員・日本共産党国会対策委員長
1月21日(土)
午後2時から 日本共産党奈良県委員会主催の「新春の集い」が行なわれます。
当日は「こくた恵二」(衆院議員・日本共産党国会対策委員長)が”講演”を行ないます。
場所は、いかるがホール。
入場は無料です。連絡いただければ、自宅から会場まで送迎もします。
ぜひお越しください。

  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

潮 流 

 「…われながら子供っぽいなと思うのだが、それが私なのであり、いまだ子供っぽく、仕事や世の中に立向っているのである」。
林光 (2) ● 作曲家 林光氏
 作曲家の林光さんは、若いころを振り返る自伝の「あとがき」に、こう記しています。46歳の文章です。新年早々、林さんが80歳で亡くなったと伝えられました。最後までやっぱり、子どものようにまっすぐな気持ちで、民衆の側から世界に立ち向かっていたのではないでしょうか。
原爆小景 ● 原爆小景 
 林さんの最もよく知られた曲は、マルシャーク作「森は生きている」の劇中歌「十二月(つき)の歌」かもしれません。舞台を観て、おとなも子どもも、「燃えろ 燃えろ あざやかに」と、つい口ずさんだ人は多かったはずです。
 反戦に生き、交響曲もオペラもかいた林さんの、「転機になった」という代表作の一つが「原爆小景」です。広島の被爆詩人、原民喜の詩に曲をつけました。「水ヲ下サイ」を27歳で発表し、以来43年間にわたってかき継いだ合唱組曲です。
永遠のみどり
 2001年、4曲目「永遠(とわ)のみどり」で完結しました。「ヒロシマのデルタに/若葉うづまけ…/青葉したたれ」。林さんが当初、“作曲できるはずがない”といった詩句です。詩と、そして人類が初めて体験した被爆の現実と、どれほど格闘してきたのでしょう。
 昨年、東日本大震災の後に催された「原爆小景」演奏会に、林さんは次の文章をよせました。「また遠くなってしまった『永遠のみどり』への道。…瓦礫(がれき)の街にも、やがて若葉がうずまくことを、心からねがう」
 (写真はyahooより) 

赤旗ポスター
● しんぶん「赤旗」のお申し込みは 松岡かつひこまで

align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。