スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸の中日

014年 9月 23日(火・祝=秋分の日) はれ 

 妻の兄弟(5人兄弟)のうち、次女がすでに他界しています。
 彼岸の中日、妻の生地=岸和田で兄弟が集まります。
 両親もすでに他界していますから兄弟だけになります。

 穏やかな日差しの中、偲んで「合掌」です。  

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 

 東京大学などで教壇に立った故・川田侃(かわたただし)氏が、日本初の国際関係論の教科書「国際関係概論」を出版したのは1958年。国連加盟から2年後です。
 川田氏は後年、アジア・太平洋戦争中に出征した中国戦線で「盗賊の一団に成り下がった日本軍の兵士」を目撃したと告白。国際関係論を志した理由を「若いころのささやかな戦争体験にもとづいている」と述懐しました。「国際関係概論」は反戦の教科書でした。
 日本共産党が提唱する「北東アジア平和協力構想」も、日本と近隣国の友好・協力のために「侵略戦争と植民地支配の反省は、不可欠の土台となる」として、「慰安婦」問題などの早期解決を主張しています。
 日韓の国交を正常化した65年の日韓基本条約は、両国関係の原則の一つに「両国民間の関係の歴史的背景」を明記。しかし当時は議題にならなかった日本軍「慰安婦」問題がいま、「両国民間の関係」を大きく傷つけています。
 先週訪韓した日本共産党の笠井亮衆院議員が元「慰安婦」や与野党幹部らと懇談。国交正常化50周年となる来年を「心通う新たな友好の一歩にしよう」と語り合いました。韓国側が重視するのは、日本政府が93年に発表した河野談話です。談話は「慰安婦」問題でお詫(わ)びと反省、真実の直視、歴史教育を約束しました。
 安倍政権も“河野談話を継承する”と言う以上、その実践が問題解決の鍵となるはずです。「お金がほしいのではない。明確な謝罪があれば安らかに死ねる」。「慰安婦」だった金(キム)福童(ボクトン)さんの言葉です。     
                        
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。

 午前中はキャラバンカーで、鳥見町~富雄団地~三松ヶ丘~城ヶ丘~二名平野~西登美ヶ丘へ。

 安倍内閣の戦争する国づくり、消費税増税で暮らしと経済を壊し、原発再稼働で命を奪い、島ぐるみの「基地なくせ」の声をふみにじり、沖縄の新基地建設を強行する「亡国の政治」をストップさせるため、安倍政権打倒に力合わせよう!と訴えました。

 来たる11月22日(土)、JR駅前のなら10年会館・時のひろばで開催される、なら赤旗まつりへの参加のご案内をしました。

o0300040013074972082[1]

 
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 9月定例会の予定です。
    9月 1日(月)=内示会
       8日(月) =開会日
      11日(木)=代表質問
      12日(金)・16日(火)=一般質問
      18日(木)=産業文教委員会・分科会
      19日(金)=市民環境委員会・分科会
      22日(月)=厚生消防委員会・分科会
      24日(水)=総務委員会・分科会
      25日(木)=建設企業委員会・分科会
      29日(月)=予算決算委員会市長総括質疑
  10月  1日(水)=本会議最終日
    の予定です。 


 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり「内定」しました。
  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務  委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。
 
 ―― 詳細はお問い合わせください ―― 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。