スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横断歩道の表示

014年 9月 20日(土) くもり 

 地域を回っていると、日頃、気がつかない自身が恥ずかしいことがあります。
 自宅の近所の道路、横断歩道の表示がほとんど消えています。それも、あちこちで・・・・。

 横断歩道は、子ども・高齢者・障がい者のみなさんにとって「安全・安心」に道路を渡るなくてはならないもの。
 「歩行者優先」はドライバーにとっても常識です。

 近所の方から「最近は、横断歩道で人が立ち止まっていても、平気で車が通りすぎる」との言葉も。
 さっそく、市に届けたいと思います。

DSCF9843.jpg                                  ● 近所の横断歩道

DSCF9844.jpg                                  ● すぐ近くの「三輪神社」前交差点の横断歩道

疋田                                ● 少し離れた疋田町の「横断歩道」。きれいになっています。
  
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日は近畿大学附属小学校のうんどうかいです。
 あいさつ回り・訪問をしても「留守宅」が多かった。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 

 米国人のウエストがこの10年間で3センチ増えたと外電が伝えています。米疾病対策センターによると、米国成人の35%にあたる約7860万人が肥満だといいます。
 世界をみても、成人のおよそ3分の1、子どもの4分の1が過体重であるという国際研究の報告書が発表されました。報告書によれば、30年ほど前は10億に満たなかった過体重または肥満の人口が、21億人に増加。日本も男性の肥満率が顕著に増えています。
 飽食が進む一方で、世界の9人に1人、8億をこす人々が飢えに苦しんでいます。飢餓人口は減少しているとはいえ、ほとんどが途上国に集中。栄養不良で年間500万人の子どもたちが5歳になる前に命を落としています。
 こんな調査もあります。世界で生産された食料の半分が食べられずに捨てられているというのです。英国の研究チームは途上国の生産技術や保存の不備、先進国の過剰購入や商品の外見を気にする消費者意識にも問題があると指摘します。
 以前、コンビニの店員から聞きました。一日に何度も食べ物を処分する作業があって、その都度、買い物かごにいっぱいになる。初めのうちはじくじたる思いがあったそうですが、いまは日々の作業として何も考えず廃棄していると。
 やせ細り、飢えて死に至る途上国の子どもたち。飽食の果てに食べ物が捨てられる先進国。街には食べ放題、飲み放題の看板があふれる、わが日本。地球温暖化とともに、放置できない資本主義の矛盾とゆがみが、ここにもあります。    
                        
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。

 昨日は、代表質問第1日目。
 今日の代表質問は、自由民主党、自由民主党改革、民主党でした。

 自由民主党改革の質問は7項目ありましたが、そのうち、”ホテル誘致による地域経済の振興について”は、知事が執念をもってすすめている県営プール跡地に国際ブランドホテルを誘致し、ホテルを拠点にしてコンベンションホールや屋外多目的ひろばや映画アトラクション屋内イベント広場やバスターミナルを配置し、日本最初の国際交流の地にする賑わいの街づくりを大いに励ますものでした。
 知事は「2020年東京オリンピックにむけて、”天平のまちびらき”をしたいと答弁。
 ホテル事業者の公募は始まっており、年内に決定して、来年度にはホテル外の事業者を公募していくと答弁。
 想像に絶する莫大な無駄遣いと奈良の街壊しがすすめられようとしています。

o0400030013071982400[1]
  
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 9月定例会の予定です。
    9月 1日(月)=内示会
       8日(月) =開会日
      11日(木)=代表質問
      12日(金)・16日(火)=一般質問
      18日(木)=産業文教委員会・分科会
      19日(金)=市民環境委員会・分科会
      22日(月)=厚生消防委員会・分科会
      24日(水)=総務委員会・分科会
      25日(木)=建設企業委員会・分科会
      29日(月)=予算決算委員会市長総括質疑
  10月  1日(水)=本会議最終日
    の予定です。 


 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり「内定」しました。
  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務  委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。
 
 ―― 詳細はお問い合わせください ―― 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。