スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不急事業の補正予算

014年 9月 16日(火) はれ 

 今日で本会議質問(代表・一般質問)が終わりました。
 明日は、休会日。明後日からは「予算決算委員会」が開かれます。

 この間の本会議質問で明らかになったのは上程されている「補正予算」の不急事業。
 いくつかの事業で疑問が残ります。明後日からの委員会で明らかにしたいと思います。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昨日は敬老の日。
 今日は地域の後援会の方が「敬老の日のお祝い」を企画しました。私は議会のため出席できませんでした。
 77歳(喜寿以上の後援会員)の皆さんを事務所にお誘いをして、チラシ寿司、かぼちゃの煮つけ、チキンハム、酢の物、プリンアラモードなどすべて手作りの料理でふるまいました。また、これから寒くなりますので「インスタントカイロ」も添えて…。

 若葉台にお住いの「H」さんから私の携帯に電話が入ります。
 「今日は、おいしい料理と心温まるプレゼントをありがとうございます」と。
 「H」さんは90歳代。耳が少し聞こえにくいのですが、とても元気です。
 本人いわく「いつも、『しんぶん赤旗日曜版』を愛読しています。特に”クロスワードパズル”。考えることで『認知症』の予防に役立っています」との言葉・・・・・。

 「いつまでもお元気で、長生きをしていただきますように・・・・。そして、皆さんの経験を教えてください」と伝えました。
  
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 

 いくつもの流れが合流し、雄大な大河になったかのようです。
 「辺野古の新基地建設に断固反対する」。こう訴えて、沖縄県知事選への立候補を表明した翁長(おなが)雄志・那覇市長。支えるのは、保守・革新を乗り越えた「オール沖縄」の流れです。
 名護市辺野古への新基地問題が浮上した18年前、最初に声を上げたのは、地元のわずかな住民でした。日本共産党主催の学習会で、新基地の危険性を知ったことがきっかけです。
 政府の度重なる圧力と分断攻撃に耐え、住民は粘り強くたたかってきました。その結果、「辺野古の海にも陸にも基地を造らせない」と訴える稲嶺名護市政が誕生し、「オール沖縄」の原動力へとなっていきます。
 自民党の沖縄県連幹事長を務めるなど、「保守本流」にいた翁長氏も時代の変化を感じ取っていました。第1次安倍政権が、沖縄戦で軍が住民に集団自決を強要したとする記述を教科書から削除したことに抗議して開かれた県民大会を契機に、「オール沖縄」への思いを強めていきます。以来、辺野古新基地断念、オスプレイ配備撤回の県民大会で先頭に立ってきました。
 13日の出馬会見でひな壇に並んだうち、翁長氏を含め、少なくない人たちは4年前、仲井真弘多(なかいまひろかず)知事を支援していました。仲井真氏の裏切りに抗議して自民党を除名された那覇市議など、それぞれに葛藤があったと思います。しかし、「子や孫に責任を持とう」と、心を一つにしたのです。「翁長知事」誕生へ、この流れをさらに強く、大きく―。 
                        
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。

 ”65歳以上最高3296万人。総人口に占める割合は25、9%でほぼ4人に一人の計算。人数、割合とも過去最高”との報道。

 三連休はブロックで150回の宣伝をしょうとの目標にむけて、3組で分担して取り組みました。
 私は宣伝カーで鳥見町、三松、三松ヶ丘、富雄川西、富雄元町、学園中町などまわりました。
 街頭宣伝では、必ず励ましの声に出会います。回数を増やしていきたいと思っています。

 みんなで協力して150回の目標は達成できました。ひとつひとつ目標に向けてこれからも頑張りましょう。

o0400030013043279669[1]
 
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の一部の中学校区。                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

● 動画 「リニア中央新幹線がやってくる ヤア!ヤア!ヤア!」
「リニア新幹線という無用の長物の工事が始まろうとしているが、国民的関心は薄い。むしろ多くの国民は「別に税金で作るわけじゃないし、一度は乗ってみたいよね」という実にのんきな発想しかないのではないか。 原発以上にアホすぎるリニア新幹線のバカさ加減を、おもしろおかしく、でもしっかりと伝えている素晴らしい動画があったので紹介したい。ぜひ全国民が見るべき動画だと思う。」

 と紹介されている動画が話題になっています。
 下記アドレスをコピーして インターネットで見ることができます。(約17分)
 https://www.youtube.com/watch?v=u-cLZ2m6324

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 9月定例会の予定です。
    9月 1日(月)=内示会
       8日(月) =開会日
      11日(木)=代表質問
      12日(金)・16日(火)=一般質問
      18日(木)=産業文教委員会・分科会
      19日(金)=市民環境委員会・分科会
      22日(月)=厚生消防委員会・分科会
      24日(水)=総務委員会・分科会
      25日(木)=建設企業委員会・分科会
      29日(月)=予算決算委員会市長総括質疑
  10月  1日(水)=本会議最終日
    の予定です。 

    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。