スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議案調査と質問準備 2

014年 9月 10日(水) はれ 

 ふと気が付きました。
 セミの声が聞こえません。いつからでしょうか・・・・。
 そういえば、今年の夏は海・山・プール・・・・・どこにも行けなかった。行かなかった。
 過ぎ行く夏を惜しむような季節。いえいえ、大好きな秋を迎える時期となりました。

 引き続き、議案の調査と質問準備です。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「臨時福祉給付金」の申請書類が入った奈良市からの封書が届いている方から「相談」がありました。
 「どうすればいいのでしょうか・・・・」と。
 
 「臨時福祉給付金」は、今年4月からの消費税増税に伴って生活費が圧迫されることに伴って、一時的に「給付」される制度(青色の封書で来ます)です(同制度で「子育て世帯臨時特例給付金=赤色の封筒で来ます」と言うのもありますが、両方の「給付」を受けることができません=どちらか一方になります)。
 対象者は、①今年1月1日現在奈良市民であること(1月2日以降に奈良市に転入した方は、以前に住んでいた自治体から届きます。) ②住民税非課税(世帯全部で)の方 ③生活保護利用世帯の方は、保護費に「消費税増税分が『加算されている』」ために対象になりません。 ④ 支給される給付金は一人1万円(加算=5000円される場合がありますから、申請書を見て確認してください)
 となっています。
 奈良市では、現在、順次、対象者に「申請書」を封書で発送しています。
 不明な方は、34-9292 「臨時福祉給付金担当」(平日のみ ※ 9月6日(土)・9月13日(土)は開設しています)まで。)

DSCF9838.jpg

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

  きょうの 潮流 

 「沖縄は日本の心」。先日亡くなった米倉斉加年(まさかね)さんが、よく口にしていました。私たちは沖縄で本当の日本人の心を検証しなければならない。苦悩する沖縄は、私たちの日常の苦悩なのだと。
沖縄の夕べ東京[1]
 先の大戦で弟を栄養失調で亡くした米倉さんは、沖縄の現状にいつも心を寄せていました。「ふるさとの中にこそ祖国はある。人間を拒否する国家は祖国ではない。沖縄はそれを私に教えてくれた」(『いま、普通に生きる』)。
 沖縄の戦後は米軍基地との闘争の歴史です。昔は銃剣とブルドーザーによって、今は権力総がかりで、基地反対の運動は弾圧されつづけてきました。しかし、沖縄の心は折れません。それを示したのが今回の選挙結果でした。
 名護市では辺野古(へのこ)への新基地建設反対を貫く稲嶺市政を支える与党が過半数を守りました。野党の激しい切り崩しのなかで全体としても2000票の差をつけ、地元紙も「民意はまたも示された。辺野古断念は理の当然だ」と報じました。
 日本共産党も躍進。名護で新人がトップ当選。東村(ひがしそん)では米軍ヘリパッド反対の闘士、伊佐真次さんが村議会初の党議席を獲得しました。応援に入った赤嶺衆院議員は「基地反対でぶれない共産党に、これまでにない支持が寄せられている」。
 8日夜、東京で開かれた「沖縄との連帯の夕べ」。壇上からの訴えに共感の声をあげる会場。市町村議選の結果を喜び合い、次は知事選勝利の決意がふつふつと。ウチナーを、日本を変えるオール沖縄のたたかいはつづきます。                     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。

 近鉄菖蒲池駅での早朝宣伝です。
 あやめ池地域の方は、いつも暖かい。

 電車から降りてくる人、駅に向かう人、通学する子どもたち、車で通りかかる運転手と助手席に座っている人・・・・・もちろん、タクシーで働く人やバスの運転手。皆さん笑顔で挨拶してくれます(手を振ってくれる方も・・・)。

 日ごろから、松岡かつひこ市議と連携して住みよいまちづくりを進めていることがよくわかります。
 駅のバリアフリー・エレベーターの設置をはじめ、道路改修・側溝整備・浸水対策など「安心・安全」のまちづくりの取り組みが、大きな信頼を得ていること元になっていると実感します。

 日本共産党の議席の値打ちを肌で感じる地域でもあります。

42136dbd[1]

■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の一部の中学校区。                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

● 動画 「リニア中央新幹線がやってくる ヤア!ヤア!ヤア!」
「リニア新幹線という無用の長物の工事が始まろうとしているが、国民的関心は薄い。むしろ多くの国民は「別に税金で作るわけじゃないし、一度は乗ってみたいよね」という実にのんきな発想しかないのではないか。 原発以上にアホすぎるリニア新幹線のバカさ加減を、おもしろおかしく、でもしっかりと伝えている素晴らしい動画があったので紹介したい。ぜひ全国民が見るべき動画だと思う。」

 と紹介されている動画が話題になっています。
 下記アドレスをコピーして インターネットで見ることができます。(約17分)
 https://www.youtube.com/watch?v=u-cLZ2m6324

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 9月定例会の予定です。
    9月 1日(月)=内示会
       8日(月) =開会日
      11日(木)=代表質問
      12日(金)・16日(火)=一般質問
      18日(木)=産業文教委員会・分科会
      19日(金)=市民環境委員会・分科会
      22日(月)=厚生消防委員会・分科会
      24日(水)=総務委員会・分科会
      25日(木)=建設企業委員会・分科会
      29日(月)=予算決算委員会市長総括質疑
  10月  1日(水)=本会議最終日
    の予定です。 

    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。