スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織圭選手の快挙

014年 9月  7日(日) はれ 

 快挙のニュースが飛び込んできました。
 テニスの錦織圭選手が世界4大大会(グランドスラム)・全米オープンで第一シードのジョコビッチ選手に勝利し、決勝進出を果たしました。
 もちろん、男女合わせてシングルスでは、四大大会で日本人初といいます。

 私も、永く「テニス」(私は「ソフトテニス」ですが)をしていましたから、心から拍手を贈りたいと思います。
 決勝戦では、自分のプレーを行って欲しいと思います。そうすれば「結果」は必ずついてくると思います。 

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 秋晴れの爽やかな天気です。
 湿度もなく「カラッ」としていて、過ごしやすい。
 わたしの大好きな季節です(いえいえ、「食欲の秋」ではありませんよ)。

 一方、これからは「台風」シーズンでもあります。近年の豪雨を考えると被害がでないことを祈るばかりです 
  
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  きょうの 潮流 

 「禾乃登(こくものすなわちみのる)」。七十二候の一つで、田に稲が実って穂をたらすころ。稲や穂の漢字につく「禾(のぎ)」は穀物の総称で、実が垂れ下がった姿を描いた象形文字でした。
 めぐる季節とともに、大事に育ててきた稲を感謝の気持ちをもちながら刈り取る収穫の秋。機械化された今も、稲刈りは昔から日本の風土に根付いた原風景でしょう。最近は、その稲刈りをイベントにするところが増えています。
 「田んぼアート」が有名な青森県の田舎館(いなかだて)村。今年も稲刈り体験ツアーを呼びかけています。昔ながらの手作業で田植えから稲刈りまで。米づくりや農業の楽しさを知ってもらおうと始まった「田んぼアート」も今年で22回を数えます。
 7色10種類の稲を使った縦150メートル、横100メートルの水田の巨大な芸術。天守閣風な村役場の展望台からは繊細な絵画のような「富士山と羽衣伝説」が一望できます。一昨年から設けられた第2会場にはアニメ「サザエさん」の一家が愉快にかたどられていました。
 デザインや設計、測量の専門家をはじめ、県内外の総勢1600人が参加する一大行事。むらおこしがきっかけとはいえ、地域の一体感や、大勢が力を合わせてつくり上げる達成感を学ぼうと、海外からも視察に訪れます。
 いまや、各地にひろがる「田んぼアート」。伝統や文化を引き継ぎ、おとなから子どもまで、人びとがまとまって汗を流し、実りの秋を迎える。苦労を分かち合い、ともに喜ぶ美しい風景。禾は「和」にも通じます。        
           
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。

 県会議員団の視察で、9月3日は佐賀県の吉野ヶ里遺跡、9月4日佐賀県立博物館・美術館に行ったことはすでに紹介しました。
 総集編でお知らせします。

 吉野ヶ里遺跡は、国営吉野ヶ里歴史公園(面積約54ヘクタール)と佐賀県立公園(面積約63ヘクタール)が一体となった、総面積約117ヘクタールの歴史公園として整備されています。
 開園区域および計画区域は、「入口ゾーン」「環濠集落ゾーン」「古代の原ゾーン」「古代の森ゾーン」として整備されていました。
 {吉野ヶ里歴史公園の役割}
 吉野ヶ里の遺跡の保存を通じて本物のこだわりと、適切な復元や分かり易い手触りの展示などの遺跡の活用を通じて、弥生時代を体感できる場を創出します。
 (国営吉野ヶ里歴史公園整備・管理運営プログラム)
 約半分が国営公園となっていますが、歴史や遺跡や自然環境や景観に配慮された管理運営がされているように思いました。
 ”佐賀県の歴史と文化をさぐる”佐賀県立博物館・美術館は隣同志、一体的に運営されていました。
 同館の学芸課長・総務課長に全館にわたり、丁寧な案内をしていただきました。
 佐賀県の歴史と文化と美術の一端に触れることができ、”博物館”の魅力が開発された思いがしてきました。
 博物館では、佐賀県出身の森永製菓の初代 森永太一郎生誕150年記念展が開かれており、玄関ホールでは、佐賀県の銘菓が販売されていました。
博物館・美術館の見学にきていた小学性が玄関でパンの昼食。
 その一角にある「レトロ館」で昼食をすませ、博物館の向かいにある佐賀城本丸歴史館へ
外御書院・大空間ー一之間・二之間・三之間・四之間合わせると320畳の大広間
 佐賀城本丸歴史館は、佐賀城本丸御殿の一部を復元した木造の建築物。天保時代の遺構を保護しながら復元した施設で木造復元物としては全国最大級の規模。
 ボランティアガイドさんが、親切丁寧に案内していただきました。 
 佐賀県には、名古屋城博物館、九州統一文化館と、あわせて5つの博物館がありとても羨ましく思いました。

o0461034613058567274[1]

o0256019213058566153[1]

o0461034613058570164[1]

o0461034613058570165[1]

■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の一部の中学校区。                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

● 動画 「リニア中央新幹線がやってくる ヤア!ヤア!ヤア!」
「リニア新幹線という無用の長物の工事が始まろうとしているが、国民的関心は薄い。むしろ多くの国民は「別に税金で作るわけじゃないし、一度は乗ってみたいよね」という実にのんきな発想しかないのではないか。 原発以上にアホすぎるリニア新幹線のバカさ加減を、おもしろおかしく、でもしっかりと伝えている素晴らしい動画があったので紹介したい。ぜひ全国民が見るべき動画だと思う。」

 と紹介されている動画が話題になっています。
 下記アドレスをコピーして インターネットで見ることができます。(約17分)
 https://www.youtube.com/watch?v=u-cLZ2m6324

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 9月定例会の予定です。
    9月 1日(月)=内示会
       8日(月) =開会日
      11日(木)=代表質問
      12日(金)・16日(火)=一般質問
      18日(木)=産業文教委員会・分科会
      19日(金)=市民環境委員会・分科会
      22日(月)=厚生消防委員会・分科会
      24日(水)=総務委員会・分科会
      25日(木)=建設企業委員会・分科会
      29日(月)=予算決算委員会市長総括質疑
  10月  1日(水)=本会議最終日
    の予定です。 

    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。