スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国都道府県委員長会議

014年 8月  4日(月) くもり・ときどきはれ

 月曜日、定例の「団会議」です。
 昨日、「日本共産党全国都道府県委員長会議」が開かれ、7月までの「特別月間」の取り組みの総括とともに、今後の活動の方向が示されました。
 今日の「団会議」の冒頭に同会議の内容を記した「文章」を読み合わせ、感想・意見を出し合いました。

DSCF9819.jpg
 
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 先日から歯が痛んでいます。
 先週の土曜日、我慢がしきれずに歯医者へ・・・。
 「まぁ、何とも言えませんが、『抜歯』しかないですね・・・・」と。化膿止めと、痛み止めをいただき、土日は少しは痛みも和らぎましたが、今日、2本を抜歯。
 うううううううううううううう・・・・・・・・・・・・。 

29201300152_0000002681_3[1]
 
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 

  「ほんとうの母の愛情は、子どもを守ることだけではなく、戦争をやめさせることです」。60年前にアメリカの水爆実験によって夫を亡くした久保山すずさんの言葉です。
05[1] ● 第五福竜丸 
 死の灰を浴びて被ばくしたマグロ漁船の第五福竜丸。乗組員のなかで最初に命を奪われたのが、無線長の久保山愛吉さんでした。広島・長崎につづく、三たびの被ばく。憤りとともに、原水爆禁止の運動と署名は瞬く間に広がりました。
 ビキニ事件の翌年、核兵器から子どもを守ろうと始まったのが、母親大会でした。子どもたちに父親を返してください。すずさんの訴えにすすり泣く母たち。少しずつのカンパで全国から集まった会場は涙で解け合いました。
 命を育て、命を守る歩みを刻んできた母親大会。節目の60回を迎えた今年の大きなテーマは「戦争する国づくり反対」でした。安倍政権への怒りと不安が高まるなか、平和と民主主義の分科会は参加者であふれました。
 「わが子を戦争に行かせません」と題した会場は、戦争体験の話に涙につつまれました。肉親を次々に失ったつらさ、爆弾が降るなかを必死に逃げ回った恐怖、疎開先で「おかあさん」と叫んだ子どもたち…。赤ちゃんを胸に聴き入る若い母親の真っすぐなまなざし。
 親から子へ、子から孫へ。連綿と手渡してきた生命のバトン。二度と手放してなるものか。「憲法9条は、戦争で亡くなった父が残してくれた遺言。命あるかぎり守っていく」。鳴り響く拍手、強まる連帯の輪とたたかいの決意でした。  
         
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 
 
 朝から小雨が・・・。明日の天気も台風の影響で危ぶまれ、夏祭りは決行。
 第一部は、消防団が中心になって防災訓練で放水訓練とバケツリレー大会。
 ふれあいステージでは、奈良蟻の会合唱団、アゴラ音楽クラブのアゴラ太鼓演奏、富中卒業生バンド、富中ボランティアクラブ ダンスパフォーマンスなどトラックの舞台で・・・
 第二部は、オープニングセレモニー 富雄中学校 吹奏学部演奏に始まり、育英西高等学校 軽音楽部演奏に続いて、富雄中学校区域の富雄北、三碓、鳥見小学校のティチャーズパフォーマンスが披露されました。
 その間を縫って盆踊り、地元に長く伝わる”三碓音頭”が力強い太鼓の演奏で、唱ってくれたのはTさんとUさん。
 ”三碓音頭”は富中生も一緒に練習しました。
 みなさんの手振りをまねながら、私も雨にぬれて、汗もかいて、持っていた団扇が雨ではがれてぼろぼろになっていました。
 フィナーレは~大抽選会~
 さいわい7時ごろから雨はやみ、こどもも大人も、先生も消防団も老人クラブも約3000人のみなさんが地域の交流を深めました。

o0400030013023493489[1]
         
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の一部の中学校区。                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定
 
  8月  4日(月)・原水爆禁止世界大会(広島)~ 8月6日(水)まで
      5日(火)・臨時教育委員会(来年度の小学生教科書採択のため)
      6日(水)・奈良市革新懇
           ・日本共産党奈良県委員会総会
      7日(木)・奈良市平和委員会
      8日(金)・日本共産党奈良地区委員会総会
     15日(金)・終戦記念宣伝

  ■ 閉会中の常任委員会日程

 ■ 建設企業委員会 7月23日(水) 13時~ 終了しました
 ■ 市民環境委員会 7月24日(木) 13時~ 終了しました
 ■ 厚生消防委員会 7月29日(火) 13時~ 終了しました
 ■ 観光文教委員会 8月11日(月) 13時~
 ■ 総  務 委員会 8月18日(月) 13時~

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。