スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暮らしのアンケート

014年 7月 30日(水) はれ・一時あめ

 いま、日本共産党奈良県会議員団が「暮らしのアンケート」を取り組んでいます。
 7月29日現在で180通近いアンケートが返信されています。

 私の地域でも、皆さんのお宅に「奈良市会議員団6月議会報告」「小林てるよ6月議会報告」とともに、「アンケート」をお届けしています。もちろん返信用の封筒もつけて(返信用封筒は、「後納郵便」ですから、切手は要りません)。

 寄せられた「アンケート」では、「暮らし向きが悪くなった・少し悪くなった」が75%、「悪くなった原因」については「ねんきんが減った」67%、「医療や介護、国保の負担増」58%(いずれも重複回答可のため)が上位を占めています。
 さらには、県議団控室には「初めて電話をしますが、聞いてほしい・・・・」との声が寄せられたり、「返信用の封筒がない」などのお声も。
 もちろん、県政に係わる問題ばかりではありませんが「日頃、感じていること、願っていることを言う場所がない表れ」だと言えると思います。

 くらしの悩み、福祉のこと、今の政治への怒り、さらには皆さんのお宅の周辺等で「危険な個所(略図を書いてください)」等をお聞きし、政治に生かしたいと思います。
 ぜひ、ご記入のうえポストに投函いただければと思います。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公園の水1                                                                                ● いろどりの森公園の水飲場(写真下も)

水2
 
 早朝宣伝(あやめ池駅南口)時に声をかけていただきます。
 「あやめ池北側の『区画整理事業』内の”いろどりの森公園”内の水道の蛇口が『壊れて』いる感じ・・・・」。
 この公園の水飲み場、先日まで開詮されていませんでした。
 「この暑いときに、なぜ水が出ないの??」というお声をお聞きし、さっそく手配したばかりです。
 そして、今度は「蛇口が壊れて?」いる?????。

 市の公園緑地課にさっそく連絡を取ります。
 「えっ?。実は、登美が丘近隣公園で5か所、東登美が丘中学校の近くの公園で1か所『同様の被害』が出ているのですよ」と。
 警察に被害届を出しているとのことですが、場所も近い。同一の行為では・・・・?
 疑念を抱かずにはおれません。
 意図的に”壊した”となれば、いたずらを通り過ぎて、決して許されるものではありません。
  
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 

 梅雨明けとともに、各地で夏の甲子園の代表校が次々と決定しています。息詰まる競り合い、予想もできない結末。乾いたグラウンドに、歓喜と失意の涙が染み込んでいきます。
61+OEZyAK4L._AA300_[1]
 石川大会の決勝では0―8と劣勢だったチームが九回裏に一挙9点を挙げてサヨナラ勝ち。まれにみる大逆転劇でした。猛暑のなか、くり広げられる熱闘。高校生が互いに力を尽くし、あきらめずにたたかう姿は見る者の心も揺さぶります。
 青空のもとで白球を追うのは若者だけの特権ではないでしょう。医師の日野原重明さんが結成した「バルーンエルダリー」は平均年齢78歳のスローピッチソフトボールのチーム。“空飛ぶ老人”の愛称をもち、老いてますます盛ん。
 投手が山なりの球を投げるスローピッチは、ルールを工夫して年齢にかかわらず楽しめるスポーツ。連盟もあり、大会も開かれています。いつも試合前のじゃんけんには勝つ「バルーン~」ですが、本番では負けつづき。
 合言葉は愛とゆるしがこめられた「ドンマイ」。そんな最高齢チームが待望の勝利に浸るときがやってきます。その奮闘ぶりは『日野原新老人野球団』に描かれていますが、絶体絶命の危機から力を振り絞る姿は世代をこえて重なります。
 いま102歳の日野原さん。生きることは年をとる、老いることだといいます。そして「未知の世界に果敢に挑戦する私たちの生の軌跡が、あとにつづく人たちのための『生きるというモデル』になる」と。そこに、年齢の境界線はありません。  
     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 安倍内閣の暴走ー集団的自衛権行使容認の閣議決定ー
 戦争か平和かの戦後最大の岐路に立たされているいま、安倍「亡国」政権に一日も早く別れを告げようと呼びかけながら、赤旗しんぶんの購読を呼びかけました。
 7月15日に党創立92周年を迎えた日本共産党は、「反戦平和、国民主権」の旗を高く掲げ国民のみなさんと平和と民主主義、くらし、いのち守れと闘いぬいてきました。
 その歴史を語りながら、20人と対話をし、日刊新聞が2部と日曜版は5部ふやすことができました。
 さらに多くのみなさんと対話を続けなければと思いました。

o0461034613018294665[1] ● 訪問先で見つけた「琉球雀瓜」
       
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の一部の中学校区。                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定 
 7月 24日(木)・議会運営委員会
          ・奈良市戦争展(奈良市生涯学習センター 於:7月27日(日)まで)
 8月  2日(土)・平和の塔のつどい(於:般若寺)
     4日(月)・原水爆禁止世界大会(広島)~ 8月6日(水)まで

  ■ 閉会中の常任委員会日程

 ■ 建設企業委員会 7月23日(水) 13時~ 終了しました
 ■ 市民環境委員会 7月24日(木) 13時~ 終了しました
 ■ 厚生消防委員会 7月29日(火) 13時~
 ■ 観光文教委員会 8月11日(月) 13時~
 ■ 総  務 委員会 8月18日(月) 13時~
※ 7月29日(火)の「厚生消防委員会」で、私が質問に立ちます。時間は2時ごろからです。
  インターネットでライブ中継も行われます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。