スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問・対話

014年 7月 27日(日) くもり・ときどきはれ
 
 訪問・対話です。
 西大寺地域を小林てるよ県議と回ります。
 「昨年7月の市会議員選挙ではお世話になりました。ご挨拶の伺いました。やっと●●さん宅まで来れました・・・・」と始めます。
 市会議員選挙では、たくさん のご支持をいただき、その一人ひとりにご挨拶に回らなければなりませんが、なかなかまわりきれません。今は、小林てるよ県議と一緒に「今度は県会選挙にお力お貸しください」と。
 一年ぶりでもしっかりと覚えてくれています。「あ~、松岡さん。頑張ってるねぇ、あんた」とお声をいただくのはなにより嬉しい。

 同時に「世直し大運動にお力を」との訴えにも、快くしんぶん赤旗赤旗購読を約束してくれます。
 みなさんの励ましとともに、「奈良市を、奈良県を、そして国の政治をよくしてほしい」その願いがひしひしと感じられる訪問です。

 Sさん宅ではでっかくて立派な「すいか」をいただきました。
  
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 

 ちまたに「うまい、やすい、はやい」があふれるようになったのはいつ頃だったか。いまや街中にはチェーン店が軒を連ね、何でもすぐに口に入る生活が当たり前のように浸透しています。
unagiWM20(2)[1] ● 「ニホンウナギ」(魚類図鑑より)
 29日の「土用の丑(うし)」を前にウナギ商戦がピークを迎えています。昔のごちそうも最近はスーパーやコンビニ、回転ずしや牛丼店にまで登場。ヨーロッパに続いてニホンウナギも絶滅危惧種に指定されながら、相変わらずの過剰ぶり。
 世界のウナギの7割は日本人の胃袋に収まっているそうです。稚魚もどんどん減るなかで中国や台湾から大量に輸入。手頃な値段で食べられる最後の年かもしれない、と関係者が不安を示す現状にも、国内の保護対策はほとんどとられていません。
 ウナギは、地球環境を語る魚といわれます。ニホンウナギは日本から2千キロも離れたグアム島近くの海で生まれ、海流に乗って移動します。黒潮に乗り換え、姿を変えながら陸地に近づき、川をさかのぼる。潮の流れや水温の変化に非常に敏感です。
 人間による環境破壊も深刻な影響を及ぼしています。河川や湿地、干潟などの埋め立て、遡上(そじょう)を阻むコンクリートやダムの壁。水質汚染や自然破壊が昔から付き合ってきた仲間を脅かしてきました。
 ウナギは長い距離を長い時間をかけて動く“スローな生き物”です。ゆっくり、のんびりと地球をまたにかける。その存在は自然環境や食生活のあり方を映し出します。彼らが住みやすい世界は、私たち人間にとっても望ましいはずです。     
     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 ”平和の世を守るために戦争を語り継ぐ”第21回平和のための奈良市戦争展が開かれました。(主催は平和のための奈良市戦争展実行委員会)

 特別講演は、「戦後はまだー刻まれた加害と被害の記憶ー」戦争を体験した70人の方々の肖像と証言で構成する写真集を出版されたフォトジャーナリスト山本宗補氏。

 広島、すなわち日本人の戦争被害を考えるときに、その前になされていた日本によるアジアの人々に対する侵略と加害に対して真剣に向き合わなければ平和を訴える日本人の声はアジアの人々に受け入れられない・・・

民間人をターゲットにした空襲や原爆はいかなる理由があっても許されるものではない。ただいきなり原爆が落とされたわけではない。それに至る歴史の歩みを認識し、原爆に至る道日本がつくってしまったことを省みなければならないと思う・・・

 日本がおこなった侵略戦争の加害と被害の重層構造と、その深さと広さ、深刻さを、人間という存在の深いところで理解し感じ取っているジャーナリストだからこそ、
生み出すことのできた写真集だと思う。
   ー解説 関東学院大学・現代史 林 博史教授ー
       
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の一部の中学校区。                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定 
 7月 24日(木)・議会運営委員会
          ・奈良市戦争展(奈良市生涯学習センター 於:7月27日(日)まで)
 8月  2日(土)・平和の塔のつどい(於:般若寺)
     4日(月)・原水爆禁止世界大会(広島)~ 8月6日(水)まで

  ■ 閉会中の常任委員会日程

 ■ 建設企業委員会 7月23日(水) 13時~ 終了しました
 ■ 市民環境委員会 7月24日(木) 13時~ 終了しました
 ■ 厚生消防委員会 7月29日(火) 13時~
 ■ 観光文教委員会 8月11日(月) 13時~
 ■ 総  務 委員会 8月18日(月) 13時~
※ 7月29日(火)の「厚生消防委員会」で、私が質問に立ちます。時間は2時ごろからです。
  インターネットでライブ中継も行われます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。