スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温度計がうなぎのぼり・・・暑い

014年 7月 25日(金) はれ

 セミのオーケストラ・・・・。大変な”鳴き声”です。

 「蜂がたくさん飛んでいます。危険だし、こわいし・・・・・。何とかならないでしょうか。」連絡が入ります。
 若葉台の方からです。
 市役所の担当課を探します。
 保健所の「生活衛生課」(電話:93-8395)が窓口になっています。
 しかし「市ではハチの駆除は行っておりませんので、土地の所有者か管理者が自らの責任で行ってください。
駆除が困難であると判断された場合は専門の駆除業者(有料)にご依頼下さい。
業者のご紹介は下記の団体で行っております。
 ● 奈良県ペストコントロール協会 TEL:0742-23-7312
 と。
 
 身近にいるハチについて見てみました。
● ミツバチ 
ミツバチ
4月中旬~6月頃によく相談を受けるのがこのハチです。
この時期、ミツバチは巣別れをしており、古い巣を飛び立った群れが新しい巣を見つけるまでの間、真っ黒になる程のハチの群れが1箇所に集まっているのを見ることがあります。
数日から1週間その状態でいることがありますが、駆除しようとすると散らばってしまうのでそっとしておきましょう。

● アシナガバチ 
アシナガ 
夏場によく見かけます。
おとなしいハチですが、家の近くや花壇・茂みに巣を作ることがあります。
日常生活に支障のない場所であれば駆除しないでそっとしておきます。
六角形の穴がたくさんあいた巣を作ります。

● クマバチ 
クマ 
大きくて黒く怖そうに見えるハチですが、おとなしい花蜂です。
群れを作らず、人に危害を加えることはほとんどありません。

● スズメバチ 
スズメ
危険なハチと恐れられていますが、通常、巣に触ったりしなければヒトを襲うことはありません。
ただし、9月頃になると警戒心が強くなり、巣に近づくと危険です。
マーブル状の模様がある巣を作ります。
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 

 赤ちゃんを胸に抱いた母親の手にともるキャンドル。傷つき泣き叫び、命さえも奪われる子どもたちに寄せる思い。画面から伝わるむごたらしさに心を痛め、早くやめてと声を上げる人々が国内外にひろがっています。
 イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの無差別攻撃がつづきます。すでにパレスチナ側の犠牲者は700人をこえました。ユニセフの現地情報によると、殺された子どもは少なくても146人を数え、7割が12歳以下です。被害はさらに増えています。
 「安全な場所は、もうどこにもない」。地上と空からの攻撃にさらされ、日夜おびえ震える子どもたち。無防備な市民を巻き込んだ攻撃に国連の人権理事会もイスラエルへの非難決議を採択しました。
 この地でくり返される悲劇。今回の発端はイスラエルの少年3人が誘拐され、遺体で見つかった事件でした。いまイスラエルに向け、イスラム武装抵抗組織のハマスからロケット攻撃がつづき、これがガザ侵攻の口実になっています。
 暴力の日常のなかで子どもが育つ恐ろしさ。パレスチナ系の詩人ネオミ・シーハブ・ナイはそれをこう語ります。「どんな子どもも良く生きたい、希望をもって目覚めたい、幸せになりたい、笑顔でいたい、安心して暮らしたいと考えます。しかし暴力の毒がその子に触れると、復讐(ふくしゅう)に変わるのです」。
 暴力や憎悪、悲しみの連鎖を断ち切ることはできないのか。いや、それを乗り越え、対話し、共存していく英知と力が人類にはあるはずです。   
     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 猛暑の中ですが、お変わりありませんか?
 ここ数日、近年にない暑さです。水分補給やエアコンで涼をとったり、日中は公的な施設などで過ごすことも一つの方法だと思います。とにかく十分お気を付けください。
 私は、土・日だけでなく、平日も「訪問・対話」、宣伝に心がけていますが、さすがに”午後”は体力が消耗します。
 
 亡くなった元県会議員の田中美智子さんは口癖のように「歩いた距離は裏切らないからね・・・」と言っていました。
 松岡かつひこ奈良市議も、田中美智子さんの言葉をしっかりと心に刻み、昨年7月の市会議員選挙の時も、そして今も地域を回っています。
 「困った方をほっておけない・・・・」。たくさんの方とお会いし、お声を聞き、そして「暴走安倍内閣打倒」の訴えもし、来年の県会選挙勝利にまっしぐら―― 暑さに負けてはおれません。 
      
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の一部の中学校区。                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定 
 7月 24日(木)・議会運営委員会
          ・奈良市戦争展(奈良市生涯学習センター 於:7月27日(日)まで)
 8月  2日(土)・平和の塔のつどい(於:般若寺)
     4日(月)・原水爆禁止世界大会(広島)~ 8月6日(水)まで

  ■ 閉会中の常任委員会日程

 ■ 建設企業委員会 7月23日(水) 13時~ 終了しました
 ■ 市民環境委員会 7月24日(木) 13時~ 終了しました
 ■ 厚生消防委員会 7月29日(火) 13時~
 ■ 観光文教委員会 8月11日(月) 13時~
 ■ 総  務 委員会 8月18日(月) 13時~
※ 7月29日(火)の「厚生消防委員会」で、私が質問に立ちます。時間は2時ごろからです。
  インターネットでライブ中継も行われます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。