スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生消防委員会 質問準備

014年 7月 24日(木) くもり・ときどきはれ

 厚生消防委員会の質問原稿の作成にあたります。
 29日(火)の厚生消防委員会では
 ① 精神障害者医療費助成
 ② シルバーパス入浴補助制度とポイントカード制度導入に向けた計画
を取り上げたいと思います。

 当初、介護保険制度(来年4月から「第6期介護事業計画」が始まります)について、特に、この間の国の動き「介護保険法改悪」が強行され、要支援1・2の軽度判定者の介護保険サービスが「地域支援事業」となり、自治体間格差が生じるおそれがあります。
 奈良市としてどうしていくのか・・・この問題をお聞きしようと思っていましたが、28日(月)に国(厚生労働省)の「報告」があることが判明。国の対応を見極めたうえで質問したいと思いますので、9月議会に回したいと思います。
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 

 二つの週刊誌記事をめぐって、NHKの対応が分かれました。籾井(もみい)会長の「記憶力に問題あり」などと報じた週刊誌に対してNHKは22日、「事実と異なり、会長の名誉を傷つけ、NHKの信用を損なう」として、東京地裁に提訴しました。
img_0[1]
 もう1件は、「クローズアップ現代」(3日放送)にふれた、写真週刊誌です。番組は菅(すが)官房長官が出演して、集団的自衛権について説明。キャスターから突っ込まれたと安倍官邸側が激怒し、菅氏に籾井会長がわびたといいます。
 官房長官もNHKも「事実ではない」と否定。しかし、両者とも週刊誌には「抗議しない」と。抗議すると、番組の制作過程の公開が求められます。政権とNHK会長のかかわりがより露骨になる恐れもあります。こちらは早々に幕引きをねらっているのでしょうか。
 確かに番組は、憲法9条に対置させて集団的自衛権の行使容認の問題を菅氏に質問しました。夜の7時や9時のニュースでは、見られなかった視点です。
 安倍・籾井路線に甘んじない動きはNHK経営委員会の中にも見えます。「政府が右と言っているのを左とは言えない」と発言した籾井会長。公共放送のトップとしての姿勢を問う論議が、定例の会合で繰り返されています。
 視聴者による会長辞職を求める署名は6万人に迫りました。18日には、元NHKのアナウンサーやプロデューサーら172人が「籾井会長の辞任勧告か罷免を求める声明」を発表。内と外で「籾井会長ノー」の声が強まっています。  
     
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 西大寺のSさんと、私のかっての勤務先である吉田病院の周辺町内のお宅を訪ねしました。

 Tさんご夫婦とは、私が勤務したころから健康診断を通して親しくしていただいた方ですが、奥さんが一年ほど前から急速に認知症が進み、「もう私が誰かも分からなくなっています。”家へ帰る帰る”といって出て行ってしまうので、目が離せないんです」とおっしゃっていました。
 「週一回のディサービスに行っている間に急いで買い物をしてきます」と大変疲れた様子でした。
 「これまで一緒に苦労してきたので、できるだけのことはしてやりたいと思っています」と言われ、今すぐになにも力になれないことを心苦しく思いました。

 次にお訪ねしたTさんは「3年まえからひとり暮らしです。なにもすることがなくて、ひとりでじいっと家にいると淋しくて不安になってきます。ヘルパーさんは週一回きてくれますが・・・」といい、落ち着かないので良く外を歩き廻られるようです。
 Tさんは要支援1のようです。このままの状態では、心も身体も壊されて行くのでないでしょうか。
 介護保険制度は不足だらけ、機能していません。誰もが安心して地域で住み続けることができる制度が急いで求められます。 

o0400030013012272310[1]
      
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の一部の中学校区。                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定 
 7月 24日(木)・議会運営委員会
          ・奈良市戦争展(奈良市生涯学習センター 於:7月27日(日)まで)
 8月  2日(土)・平和の塔のつどい(於:般若寺)
     4日(月)・原水爆禁止世界大会(広島)~ 8月6日(水)まで

  ■ 閉会中の常任委員会日程

 ■ 建設企業委員会 7月23日(水) 13時~ 終了しました
 ■ 市民環境委員会 7月24日(木) 13時~ 終了しました
 ■ 厚生消防委員会 7月29日(火) 13時~
 ■ 観光文教委員会 8月11日(月) 13時~
 ■ 総  務 委員会 8月18日(月) 13時~
※ 7月29日(火)の「厚生消防委員会」で、私が質問に立ちます。時間は未定。
  インターネットでライブ中継行われます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。