スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問・対話、しんぶん赤旗のお勧め

014年 7月 19日(土) はれ・ときどきくもり

 「猛暑」。そんな言葉がぴったりの一日です。
 ”梅雨の中休み”・・・・湿度が高いし、頭がクラクラします。

 しかし、情勢は待ってくれません。安倍暴走内閣の支持率を見ると急落しています。「不支持」も伸びています。
 集団的自衛権の行使容認、消費税増税とくらし、原発再稼働問題、沖縄普天間基地の辺野古への移設・・・どれをとっても国民の願いと逆行する姿勢は「退陣」というほかありません。

 訪問・対話に、しんぶん赤旗の紹介に力が入ります。 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 

 最近の本紙読者欄に『アンネの日記』を読んだという投書が続けて載っていました。出版から70年近い現在も人びとの胸を打つ日記。オランダの隠れ家でつづられ始めたのは1942年の今頃でした。
AS20140509002157_commL[1] ● 杉並区の中央図書館で開かれている「アンネ展」
 思春期の早熟な少女の悩みや夢。家族や同居人にたいする鋭い観察眼と手厳しい批評。そしてペーターとの恋。そのどれもが、息をひそめ、ナチスの影におびえる暮らしのなかで感性ゆたかに活写されています。
 ユダヤ人というだけで迫害され、命を奪われたアンネ・フランク。絶望の淵(ふち)に立たされながら、彼女は希望を捨てませんでした。みんなの役に立ち、喜びを与える存在でありたい。私の望みは「死んでからもなお生き続けること」だと。
 その「アンネの日記」を劇団民藝が22日まで稽古場で特別公演しています。これまで13度の上演、全国で1700回以上の舞台を重ねてきた代表作。アンネや同居人とともに隠れ家に住むような臨場感が味わえます。
 今年2月、東京都内の図書館で『アンネの日記』が次々と破られるという事件が起きました。しかし、それを契機に国内外で励ましや支援の輪がひろがり、寄贈が相次いだ杉並区の中央図書館では「アンネ展」を始めました。
 歴史を逆戻りさせる政権が大手を振るいま、平和への思いがいっそう強まる夏。「人間は、この時代を乗り越えなくちゃいけないんだって。信じているの、それでも人の心の中は絶対にすばらしいのだと」。アンネが語りかける言葉は勇気と希望を運んでくれます。
   
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 
 
 キャラバンカーで富雄元町~学園中~学園大和町~中町~大和田~若草台とまわりました。
 7月1日、安倍内閣が国民の反対を押し切って強行した、海外で戦争する国づくりー集団的自衛権行使容認の「閣議決定」に抗議をするとともに、力を合わせ安倍政権の軍国主義復活の野望を打ち砕こうと呼びかけ、しんぶん赤旗のご購読のご案内をしました。

o0461034613007129381[1]

 子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求める学習交流会がひらかれました。
 子どもの医療費助成の対象年齢の拡大と窓口無料化を!
日本共産党奈良県委員会は、新婦人の会や奈良県保険医協会や民主医療機関連合会や奈良民主商工会女性部などととりくみ、奈良県に2回にわたり16300筆の署名を届けてきました。
 署名の協力をたくさんの皆さんに協力していただきましたが、障害児のお母さんから「障害のある子の医療費も窓口無料にしてほしい」と強い要望がありました。
 奈良県福祉医療制度は、こどもの医療費と心身障害者医療費とひとり親家庭医療費と重度心身障害老人等医療費の助成事業があり、みんな一緒の制度になっています。
 これからからの運動は、「子ども・障害者等の医療費窓口無料化と改善を求める要請書」として署名を集めていこうと確認し、「奈良県福祉医療制度の改善を求める会」を発足させることができました。
 引き続き、新しい署名にもご協力ください。
    
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の一部の中学校区。                
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定 
 7月 24日(木)・議会運営委員会
          ・奈良市戦争展(奈良市生涯学習センター 於:7月27日(日)まで)
 8月  2日(土)・平和の塔のつどい(於:般若寺)
     4日(月)・原水爆禁止世界大会(広島)~ 8月6日(水)まで

  ■ 閉会中の常任委員会日程

 ■ 建設企業委員会 7月23日(水) 13時~
 ■ 市民環境委員会 7月24日(木) 13時~
 ■ 厚生消防委員会 7月29日(火) 13時~
 ■ 観光文教委員会 8月11日(月) 13時~
 ■ 総  務 委員会 8月18日(月) 13時~
※ 7月29日(火)の「厚生消防委員会」で、私が質問に立ちます。時間は未定。
  インターネットでライブ中継行われます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。