スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女が共に活躍できる社会を

014年 10月 22日(水) くもり・ときどきあめ

 明日から 「お元気ですか 松岡かつひこ です」のブログ(「JUGEM」=ジュゲム・ブログ)に移転します。
 そちらに立ち寄ってください。


  インターネットで 「 お元気ですか 松岡かつひこです 」 と入力してアクセスしてください。
  ご迷惑をかけますが、よろしくお願いします。


 昨日、日本共産党は「女性差別を解決し、男女が共に活躍できる社会を」との提言を発表しました。
 記者会見した山下よしき書記局長は「安倍政権の『女性の活躍』論には、男女の格差の是正や差別の撤廃という政策がみられません。いま求められているのは、国連の女性差別撤廃条約に基づく実効ある措置の具体化です。どういう政策が必要か、具体的に提起しています」と述べました。

 日本共産党は、この間「女性の政治参加の取り組み」も進めてきました。
 具体的には、地区委員会役員や支部責任者の四人に一人、党中央役員の21.2%、地方議員の35.7%、都道府県議員の50.9%、政令指定都市議員の52.0%を女性が占めており、先頭に立って力を発揮しています。

 これまでも、これからもです。

DSCF9974.jpg

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 過日、日本共産党奈良県会議員団が取り組んだ「暮らしのアンケート」で、3200通を超える「回答」が返送されています。
 その、一枚一枚に切実な願い・強い要望がぎっしりと書き込まれています。すでに紹介しているところですし、関係機関に「要望書」を提出しています。
 さらに、地域では「アンケート返送『ビラ』」の配布(奈良市内全戸配布)」も始まりました。
 松岡かつひこ事務所でも4「ビラの配布」がやりやすいように後援会の方が「二つ折り」にしてくれています。
 あやめ池地域の担当は8,500戸。一枚一枚心を込めて折ってくれています。間もなく、皆さんの手元にお届けできると思います。
 ぜひお読みいただいて、感想・ご意見などお寄せいただきたいと思います。

DSCF9969.jpg

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回取り組んだ「アンケート」には「信号機を設置してほしい」という要望もたくさん寄せられています。
 小林てるよ県会議員の話によると、「調べてみると、毎年、県下では130基ほどの要求が出されるのですが、なんと、ここ5年間で年間約『10基』ぐらいしか設置できないそうです。お金(予算)がないというのがその『理由』ですけど、やはり税金の使い方=優先順位が間違っていると思います」。
 
 安全は、何事にも優先します。
 先日に紹介した「横断歩道の塗り直し」も同じだと思います。
    
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流  

 中選挙区時代、群馬3区は「上州戦争」と呼ばれるほどの激戦区でした。福田赳夫、中曽根康弘の両氏らとともに、熾烈(しれつ)を極めて議席を争ってきたのが小渕恵三元首相でした。
 「ビルの谷間のラーメン屋」と自嘲していた小渕さんは、強固な後援会をつくって強力な相手に対抗しました。「当選した翌日から選挙運動をやっていた」と、一族郎党や後援会員を中心に選挙区内を這(は)いずり回ったといいます。
 その父親から「地盤・看板・かばん(お金)」を引き継いだ小渕優子議員が、政治とカネの問題で経産相辞任に追い込まれました。第1次安倍政権のときも政治とカネをめぐって辞任が相次いだように、相変わらずの自民党の金権体質です。
 松島みどり議員の法相辞任とともに、内閣改造の目玉閣僚が一日でそろって欠ける異常な事態。安倍首相もみずからの任命責任を認めて謝罪しましたが、それだけでは済みません。
 残っている女性閣僚は靖国3人組。人気取りが早くも破綻したことは、この政権がもつ危うさの反映です。最新の世論調査では内閣支持率も下落。消費税の再増税にしても、原発再稼働にしても、カジノにしても、安倍政権が推し進める政策にたいして、ことごとく、反対や疑問の声が多数を占める状況です。
 目先を変えて、いくら顔触れを新たにしても自民党政治への国民の厳しい目はかわせません。政権打倒のたたかいに拍車がかかったいま、沖縄知事選勝利、いっせい地方選の勝利につなげ、政治を変える契機としたい。    
                                          
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ● 第16回 ●
  奈良赤旗まつり

 ■ 11月22日(土) 午前10時~ 
 ■ なら100年会館大ホールと時の広場

 
 楽しさ爆発! 勇気100倍  「模擬店」や「子どものコーナー」「文化行事」など、家族そろって楽しめる企画が盛りだくさん。
 記念講演では「市田忠義」(日本共産党副委員長)が行います。
 ご家族・ご近所お誘い合わせてお越しください。
 
 ■ 参加協力券 大人:1000円、 中・高・学生・障がい者:500円 
    (好評取り扱い中です=詳しくは、松岡かつひこまで)

 ■ 物産・模擬店(一部)を紹介します。
   チヂミ・豚汁・豆ごはん・おでん・三色団子・三笠饅頭・焼きそば・焼き鳥・フランクフルト・アマゴの塩焼き・さんまの塩焼き・富山県かまぼこ・各種丼物・カレー・居酒屋風おつまみ・炊き込みご飯など。
  (※ 天候等により出品が変更されることがあります。了承ください)


DSCF6716[1]                                                                 ● 昨年4月に行われた「奈良赤旗まつり」より
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

 2015年度の予算要望書を提出。
重点要望は8項目。全体では、186項目にのぼりました。
以下のとおりです。
 ①消費税10%への引き上げの中止を国にもとめること
 ②「原発ゼロ」を国に求めること
 ③集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を
 ④若草山モノレール設置ははっきり断念を
 ⑤子どもの医療費の窓口立て替え払いをなくして
 ⑥住宅リフォームへの助成を県制度として創設すること
 ⑦減災対策を強化し、、被害を最小限に抑える取り組みを
 ⑧自衛隊基地・駐屯地の県内誘致活動は中止を

o0311018513105278961[1]

続けて、市町村議員のみなさんとそれぞれの市町村・地域から寄せられたさまざまな暮らしの願いを要望しました。
 本日は、子育て支援について、介護など高齢者支援策について、健康福祉部に申し入れました。
 健康福祉部の土井次長はじめ長寿社会課、子育て支援課、子ども家庭課、地域包括ケア推進室のみなさんが応対されました。

o0306015913105278962[1]
    
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 ■ 第66回 正倉院展
 
 10月24日(金)から「第66回 正倉院展」が開催されます。
 今年の正倉院展には、北倉6件、中倉28件、南倉22件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の、合わせて59件の宝物が出陳されます。
 そのうち初出陳の宝物は6件です。例年通り正倉院宝物の概要と来歴がわかるような内容・構成となっています。

 会 期  10月24日(金)~11月12日(水)
 会 場  奈良国立博物館 東新館・西新館
 休館日  会期中無休
 開館時間  午前9時~午後6時
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月24日~26日、10月31日~11月3日、7日~9日)は午後7時まです。
※入館は閉館の30分前まで
  観覧料金 当日     前売・団体   オータムレイト
  一 般   1,100円  1,000円   800円
  
shosoin_top[1] ● 鳥毛立女屏風 (とりげりつじょのびょうぶ) 第4扇 部分

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり行われます。

  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務 委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト
プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。