スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市長総括質疑

014年 9月 29日(月) はれ 

 予算決算委員会市長総括質疑です。
 我が党からは井上議員が質問に立ちました。
1、補正予算について
2、「人口急激社会論」について
3、子ども子育て支援新制度について
4、介護保険制度について
5、災害対策について
です。

 今回の議会では「補正予算」も大きな議論になりました。
 1、シティープロモーション作成について
 2、観光案内所「改修」について
 3、就活中(ハローワークへの相談時)の市役所内の「託児所」設置について
 の3件の補正予算について、自民・なら未来の二つの会派から「修正・反対」動議が出されました。
 
 日本共産党奈良市会議員団の対応としては
 「補正予算」については、「マイナンバーカード(国民背番号制)に関する予算」「生活保護申請を水際で追い出そうとする”制度”」が含まれている。として「反対」を表明しました。
 また、「補正予算の修正案」(前述)について、「不急事業」であることを理由に「賛成」することも表明しました。

 他の議案関係では
 1、一般会計決算・・・・市民の暮らしが大変な時だけに、くらし・福祉優先にすべきを、税金の使い方が間違っている。
 2、奈良市駐車場事業特別会計・・・・ホテル日航の地下駐車場は、本来「ホテル日航が設置すべき」であること。
 3、子ども子育て支援新制度関係の条例・・・・保育の質を後退させ、公的責任を放棄し、民間に売り渡すことになる。
 4、帯解保育園の改築・・・・・「認定こども園」開設を目的とした改築であること。
 5、副市長の退職金の廃止・・・・報酬審議会等に意見を求めるべき。
として、反対することを表明しました。

DSCF9864.jpg                                                                             ● 「予算決算委員会市長総括質疑」が始まる直前の委員会室
  
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  きょうの 潮流 

 高く澄み渡る青空と色とりどりの紅葉。週末、秋山の景色を楽しんでいた登山者を突然、灰白の噴煙が襲いました。御嶽山の噴火。死傷者は増え、山頂付近では30人以上が心肺停止になっているといいます。
 自然を満喫する喜びから恐怖への暗転。あっという間に山肌を滑り落ちる熱い灰、無数に降り注ぐ噴石。息苦しい暗闇のなかを必死に逃げた登山者たちは「地獄のよう」「死を覚悟した」と振り返りました。
 いまも噴火はつづき、複数の火口から噴煙が上がっています。広い範囲で火山灰が降り、農作物にも影響が出ています。7年前の噴火後は静かだった御嶽山。今回も前兆はみられず、予知は難しかったと専門家も話しています。
 地下で四つのプレートがせめぎ合う日本は世界有数の火山国。110の活火山があり、この狭い国土に世界の7%が集中しています。地下にたまったマグマが、いつどこで爆発しても、おかしくない状態です。
 最近、巨大噴火についてのテレビ番組を見ました。周りの街を焼き尽くし、気候さえ変えてしまうすさまじさ。地球の営みがもたらし、何度もくり返している巨大噴火。もし、それが原発の近くで起きたら。その危険性が指摘されているのが、鹿児島の川内原発です。
 南九州には過去に巨大噴火を起こした火山が連なっています。火砕流が原発を襲えば、どれだけの深刻な被害がひろがるか。自然の猛威ではなく、人の手によって災いをまき散らす原発。それを止めることができるのも、人間の力です。                              
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ● 第16回 ●
  奈良赤旗まつり

 ■ 11月22日(土) 午前10時~ 
 ■ なら100年会館大ホールと時の広場

 
 楽しさ爆発! 勇気100倍  「模擬店」や「子どものコーナー」「文化行事」など、家族そろって楽しめる企画が盛りだくさん。
 記念講演では「市田忠義」(日本共産党副委員長)が行います。
 ご家族・ご近所お誘い合わせてお越しください。
 
 ■ 参加協力券 大人:1000円、 中・高・学生・障がい者:500円 
    (好評取り扱い中です=詳しくは、松岡かつひこまで)

DSCF6716[1]                                                                 ● 昨年4月に行われた「奈良赤旗まつり」より
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

照代                                                          ■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。

 
   
■ 小林てるよ県会議員  
 ● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年~2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
          
  松岡かつひこ顔写真   松岡かつひこ 直近の予定

 ● 9月定例会の日程です。
   
  10月  1日(水)=本会議最終日
    


 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり行われます。
  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務  委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。
 
 ―― 詳細はお問い合わせください ―― 
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
       しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
       631-0033
      奈良市あやめ池南七丁目 564-62
       0742-48-8188  

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp      
      align="left"style="padding:5px;"
プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。