スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生消防委員会

012年7月31日(火) はれ 

 厚生消防委員会でした。
 今回の常任委員会から「市民生活部・市民活動部」がはずれ、「消防」がいっしょになり、「所管事務調査」になります。
 今日の委員会の最初に、「西大寺駅南の”保育所建設誘致”に反対する請願」についての質疑が行われました。
 内容は、明日のブログで紹介します。

 おやすみなさい。
 
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流   

 敗戦から67年目の夏。悲惨な戦争の時代を、人間らしさを失わず生き抜いた一人の女性の存在を知りました。生活評論家の吉沢久子さん。戦時下の1944年11月から45年8月までの日記をまとめた『あの頃のこと』を出版しました。
あの頃のこと
 吉沢さんは94歳。日記は、会社勤めをしながら東京・阿佐谷で暮らしていた27歳の頃のものです。「政治家も含めて戦争を知らない人が多くなった今、選挙権もなかった時代の普通の女性が、いや応なしに戦争に巻き込まれ、ただ一生懸命に生きた姿を知っておいてほしいと思いました」。
 戦場に行く男たちのために、銃後の守りをするのだと教えられてきた日本の女たち。しかし日常生活も戦場と化していきます。絶え間ない空襲の恐怖に眠れない夜々。バリバリと不気味に響く焼夷(しょうい)弾の爆発音。真っ赤に上がる火の手。一面の焼け野原。昨日まで一緒に働いていた同僚の死。1週間に大根5センチの配給で飢えにあえぐ日々。
 「明日どころか今日のこともわからない、いつ死ぬかわからない毎日でした。希望のない状態は人を投げやりにし、自分の生死にも無責任になっていきます」。
 それでも一刻一刻を大切に生きようと、庭に野菜の種をまき、芽吹く緑のみずみずしさに目を向け、乏しい食料を工夫し、『源氏物語』を読み、つらい時こそユーモアを忘れずに、と努力する女性の姿からは、人間の生活の尊さが迫ってきます。
 不安と閉塞(へいそく)を感じる今こそ、子どもや若者たちと語り合いたい戦争の記録です。
         
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 8月 1日(水)・総務委員会
    4日(土)・原水爆禁止世界大会(6日まで)
    9日(木)・市民環境委員会
   21日(火)・観光文教水道委員会
   24日(金)・議会制度検討特別委員会
 
■ メールのアドレスが変わりました。
以下まで、よろしくお願いします。
oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト
プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。