スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月議会質問通告

013年 6月 5日(水) はれ

 今日から、少し早く起きることにしました。5時30分に。
 6時過ぎには「駅」で早朝の定例宣伝の準備です。
 昨日、学園前駅南口では6時30分頃には他の候補者に場所を「確保」されていましたから。

中村あつこ              ● 中村あつ子市長予定候補

 今日は定例のあやめ池駅。中村あつ子市長予定候補(元奈良市議)も応援に来てくれました。
 「あやめ池は”あったかい”ですね」とは中村さんの感想。
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 6月議会一般質問の通告をしました。私の質問日は6月11日(火)になりそうです。
 今回から、1、一括質問方式  2、一問一答方式が選択できます。
 私は、一問一答方式を選択しました。

 質問項目は次のおとりです。
1、菖蒲池駅のエレベーター設置について
①この間の進捗状況について(近鉄との責任分担・費用負担・国庫交付金など)
②今後の計画見通しについて
2、生活道路の改修と職員増について
①自治会等から寄せられる件数(過去5年)と完了件数(過去5年)
②この間の予算の推移
③このままいけば完了までどれだけかかる
④抜本的対策(予算・職員増員)は
3、通学路の安全対策について
①あやめ池・疋田線の進捗状況と今後の計画
②それに向けて、蛙股池交差点の安全対策は
4、介護保険利用料の減免について
①過去4年間、要介護認定と利用限度、それに対する利用実態は
②この実態(利用できるのに利用していない)をどのように分析している
③保険料の減免(所得により保険料を段階的にしている)はあるが、利用料の減免の必要性について
5、認可保育所の株式会社参入について
①認可保育所については「社会福祉法人」としてきた奈良市の判断と根拠は何だったのか
②その姿勢・判断は今後も変わらないか
③過日、厚生労働省から「株式会社の参入周知」の通知が出されたが、奈良市の対応は
  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 きょうの 潮流 (「しんぶん赤旗」より)

 首都圏の1級河川として、古くから人々の生活とともにあった多摩川。万葉集にも歌われた大河は、水質こそ変わったものの、いまも多くの魚類や動植物が生息しています。
ミドリカメ ● ミドリガメの群れ
 ところが、最近になって異変が起きています。外来種のミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)が急増。とくに5月の連休明けから、中流付近で目につくようになりました。在来種の生息が脅かされ、生態系への悪影響も懸念されます。
 3日にNPO法人「おさかなポストの会」が実施した捕獲作業に同行しました。前日に仕掛けたかごを次々と引き上げると、大小のミドリガメでいっぱい。川で繁殖したとみられる3センチほどのカメをふくめ、27匹も捕まえました。
 飼いきれなくなった魚やカメを引き取るおさかなポスト。同会の山崎充哲(みつあき)代表は、無断でカメを投じることを禁止してから川に捨てる飼い主が増えたとみています。「生物の飼育は子どもの情操教育にもなるが、最後まで面倒をみる責任と覚悟が必要」。
 多摩川は外来生物の宝庫で「タマゾン川」ともいわれます。これまで、ピラニアやアロワナなど200種をこえる外来種を発見。ほとんどが、観賞用やペットで飼っていた熱帯魚やカメを違法に投げ捨てたものです。
 問題は行政の動きが鈍く、ボランティアに頼りきっていること。「タテ割りの典型でどこも腰を上げない。もっと踏みこんで」と山崎さん。それぞれの場所で息づく多種多様な生命を守ることは、地球全体のバランスを保つうえでも大切なのに。 
                                        
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

 当面の奈良市議会日程  

 6月10日(月)・本会議代表・一般質問
  ~12日(水)※今回、私は一般質問にたちます。
   13日(木)・14日(金)常任分科会、委員会
   17日(月)・本会議最終日
   ※ 質問者の人数により、日程が変わることがあります。

  松岡かつひこ顔写真  松岡かつひこ 直近の予定
 
 6月 7日(金)・市長選・市議選立候補説明会
    8日(土)・「明るい会」中村あつ子市長予定候補事務所開き
         ・辻先生を偲ぶ会
   12日(水)・日本共産党演説会 7時~ 於:県文化会館
          市田忠義書記局長がお話をします。
          7月の選挙戦を控え、争点などわかりやすくお話させていただきます。ぜひお越しください。私もご挨拶を行います。 ※入場料は無料です。

   15日(土)・JR日本共産党後援会決起集会
   21日(金)・女性宣伝

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ■ お知らせ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp   
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
         赤旗申し込み
                  お申し込みは、松岡かつひこまで。

 align="left"style="padding:5px;"
スポンサーサイト

近鉄本社への要請

012年8月 9日(木) はれ 

 地域のみなさんが、近鉄本社に「要請」に行きました。
 あやめ池駅のエレベーター設置に向けての要請です。

近鉄本社          ● 近鉄本社ビル

 担当した近鉄側の返事が”煮え切らない”。そうです。
 駅のエレベーターの設置については、近鉄も「合意」しています。

 ただ、「維持管理」についてかなりの費用がいるし、運転時間をどうするか・事故があった場合の問題など、課題はたくさんある。等の答弁。

 なにか煮え切らない答弁だったらしい。 
 
 地域の方は「これまでのように、『奈良市が・・・・』とは言わなかった。『奈良市とわかり合えた』とのべるなど、少しづつ進展している感じがした」と感想を述べています。
 
 私も、議会で引き続き取り組んでいきたいと思います。 
  
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   きょうの潮流   

 「その時、巨大な火の玉をみた。地球の中から飛び出した火の玉のようであり…地上から異様な光景がわきだして、新しい生命が生まれてきているようだった」。
長崎原爆 ● 長崎原爆
 1945年8月9日午前、長崎の上空。原爆を落とした米軍機の搭乗員、ニューヨーク・タイムズ特派員ウイリアム・L・ローレンスの報告です。彼は、「怪物」のようなキノコ雲も「生命力に満ちているようだった」と書きました。
 勝ち誇るように「感動した」とのべた報告は、のちに非難されます。「火の玉」「怪物」の下で地上の地獄をみた人への同情もない、と。もともとアメリカ政府・軍みずから、広島・長崎の中心の上空で原爆を爆発させる考えでした。
 日本軍の施設や兵器工場をねらうだけなら、通常爆弾ですむはずです。しかし、どれほど大量に人を殺傷できるか試す思惑もあり、原爆を使ったのです。敵・味方をこえて被爆者が生まれました。
被団協 ● 被団協の「原爆と人間展」ポスター
 三十数カ国におよぶ国の人々が、被爆したとみられます。日本に連行されていた韓国・朝鮮人。長崎で捕虜になっていたオランダ軍兵士。戦後に広島や長崎にきた米軍兵士…。核兵器をなくす運動は、初めから国境をこえた人々の願いに根ざしています。
 日本原水爆被害者団体協議会の「原爆と人間展」に紹介されている日本の被爆者の叫びが、みる人たちを奮い立たせています。「俺は十歳で原爆孤児になった/…原爆は俺の体の中で ガンになって生きている/俺は死ねないんだ。原爆と心中するまでは―」(福田良弌(りょういち)さん)。 
           
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    直近の予定

 8月21日(火)・観光文教水道委員会
   24日(金)・議会制度検討特別委員会
   26日(日)・奈良県日本共産党後援会総会
   27日(月)・市会議員団総会
   28日(火)・9月議会内示会(提出予定案件の説明)
 9月 4日(火)・9月議会開会
 
      ■ メールのアドレスが変わりました。
          以下まで、よろしくお願いします。
          oka8nara@yahoo.co.jp


        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"

若葉台の「八栗池」

012年6月 1日(金) はれ

 この時期の「緑」は鮮やかです。
 目を癒し、温暖化の防止など私たちの周りの「緑」は欠かせません。

 しかしです。「放置したままの”緑”」はいただけません。
 森林も放置したままでは荒れてしまいます。

DSCF4459.jpg

 奈良市若葉台に「八栗池」というのがあります。
 奈良市にはたくさんある”ため池”のひとつです。

 周辺の方から「池の周囲にある木が、生い茂ってなんとかならないでしょうか・・・」との声をいただきました。
 さっそく、現地も見て、奈良市管財課に要望しました。

DSCF4457.jpg                 ● 地図上の下側の○印から見たところ

DSCF4458.jpg                 ● 地図上の上の○印から見たところ
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

       きょうの潮流

 「年をとったら枯れるなんていうが、とんでもない。これからも、生々しく生きる」。
 5年前にこう語っていた映画監督、新藤兼人さんが亡くなりました。100歳の大往生です。中学生の時に初めてみた新藤作品、「人間」はこわい映画でした。漂流する漁船で食べ物が底をつき、おぞましいできごとが起こる。
映画監督の新藤兼人さん ● 亡くなられた映画監督の新藤兼人さん
 年を重ね、新藤映画の数々をみるうちに気づきました。あの時こわかったのは物語だけではない。人間の生々しい生の根源にじっと目をこらす表現そのものがこわいのだ、と。「裸の島」では、夫婦が海から坂の上まで懸命にかつぎ上げた水を畑にやります。乾いてはやり、乾いてはやり…。
 水のない砂地のひどい自然条件。そこで生きるためのたたかい。監督は、のちに振り返っています。“乾いた土はわれわれなのだ。水を注ぎ続けないと干上がってしまうような、人の人生を描こうとした”。やはり、人間の営みをつきつめてみつめました。服こそ着ている夫婦ですが、文字通り人間の「裸」の姿でした。
 人間の生にこだわり続けた監督は、人の命を命とみない戦争と核兵器をずっと告発してきました。監督2作目「原爆の子」の発表は、原爆に関する報道や表現に対するアメリカ占領軍の規制が解かれた、1952年その年という素早さです。そして、遺作の「一枚のハガキ」まで、戦争の悲しみ、無意味さを伝えてきました。
 新藤さん、ありがとうございました。私たちも、「年をとったら枯れる」などといっておられません。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 ■ 直近の予定(主なもの)
    
 6月 2日(土) 松岡かつひこ事務所開き
    3日(日) 消費税増税反対市内全域宣伝(私は西大寺駅北口)
    5日(火) 6月議会「内示会」
    6日(水) 定例早あやめ池朝駅宣伝
    8日(金) 近畿地域いっせい早朝全駅宣伝(私は西大寺駅北口)
   10日(日) 奈良県母親大会(奈良県文化会館)
   12日(火) 6月議会開会       
   16日(土) 日本共産党演説会(志位委員長を迎えて) 6時30分開場 於:100年会館
    ■ 学園南・あやめ池・疋田町・菅原町方面から直通送迎バスを出します。
      下記のとおりです。ぜひお乗りください。(座席確保の都合上、事前に連絡いただければ幸いです)。 
DSCF4441.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"

あやめ池診療所健康まつり

2012年5月19日(土) はれ

 先のブログでも紹介した「塚口トーフ店」の塚口じいちゃん。
 5月16日(水)発行の「松岡かつひこレポート」(議会報告を中心にしたニュース)にも載せました。

DSCF4365.jpg
 
 いろんな人からお声がかかります。「よく紹介してくれた」「こんな記事が身近でいい」「これからも楽しみにしている」・・・・いずれも歓迎と励まし、期待の声です。
 本当にありがとうございます。頑張っていきたいと思います。
 
 今朝も「塚口じいちゃん」は自転車に乗って「チリン・チリン・・」と頑張っていました。
 
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
 吉田病院あやめ池診療所健康友の会の「健康まつり」があやめ池診療所前で行われました。
 私も午後1時から参加、模擬店(チヂミの販売)の店番と、挨拶をしました。

DSCF4368.jpg

 チヂミを買ってくれた方に「消費税増税しなくても財政再建、景気回復、社会保障の充実の道があります」のリーフレット、松岡かつひこ事務所移転と事務所びらきのチラシもいれてお渡ししました。 

DSCF4374.jpg

 今日は最高に天気が良く(少し暑かった)、多くの人で賑わいました。
  
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
     きょうの潮流

 雷鳴。突然の激しい雨。やがて、窓を打ちつける音。ひょう(雹)でした。直径1センチはあろうかという氷の塊が、植木鉢や隣家のブロック塀の上に転がっています。
ひょう ● 熊谷市に降った雹(ひょう)
 久しぶりにみた雹は、あっという間に解けました。雹は、およそこんなしくみで生まれます。まず、積乱雲の上の方で雪に成長した氷の結晶に、冷たい水滴がついて氷の粒あられ(霰)ができる。
 強い上昇気流にあって落下できないでいる霰に、次々と冷たい水滴がぶつかる。ふくらんだ霰は直径5ミリ以上の雹となって、ついに重みで落下する―。雹は、人の命も奪います。19世紀のインドで230人を死なせたという、むごい話も伝わっています。
 カボチャぐらいの大きさの雹が降った、という記録の残る町があります。埼玉の熊谷市です。1917年6月末のこと。家が壊れ、けが人がでました。同じ日、重さ3キロを超す雹も降ったそうです。
熊谷市 ● 熊谷市のホームページトップ写真
 熊谷といえば、日本一暑い町と覚えている人も多いでしょう。5年前の8月16日の40・9度は、日本で最高に暑い記録です。冬は赤城おろしで寒く、夏は暑い熊谷。雹も降ってきびしい気象ですが、年間の日照時間は全国でもっとも長い町の一つ、快晴日の多さも一、二を争います。
 そこで市は、「太陽と水の恵み 創エネルギー」の標語を掲げています。「太陽光、太陽熱エネルギーのまち」をめざし、利根川と荒川の水の利も、小型水力発電に生かそうというわけです。“逆転の発想”で、暑さもとりこむ試みに、全国が注目します。
      
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
■ 直近の予定(主なもの)

 5月21日(月) 厚生委員会
   24日(木) 日本共産党全国活動者会議(全活)~25日まで
   28日(月) 総務・水道委員会
   29日(火) 民医連後援会「小池晃さんと語るつどい」
   31日(木) 議会制度検討特別委員会 
 6月 2日(土) 松岡かつひこ事務所開き
    5日(火) 6月議会「内示会」
   10日(日) 奈良県母親大会(奈良県文化会館)
   12日(火) 6月議会開会
       ※15日代表質問 18・19日一般質問 20日~常任委員会 その後(議長選挙など)役員選挙の予定です。 
   16日(土) 日本共産党演説会(志位委員長を迎えて) 6時30分開場 於:100年会館
       ※ 学園南・あやめ池・疋田町・菅原町方面から直通送迎バスを計画しています。
         詳細は後日ご案内します。
 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         
   演説会のご案内

DSCF4304.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"

やっと出会えた「塚口とうふ」

2012年5月13日(日) はれ

 今日は「母の日」。私の母は「和歌山市」に住んでいます。元気です。「ありがとうございます。いつも感謝の気持ちです」。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 うまい!
 やっと出会えました。「塚口とうふ店」。

DSCF4348.jpg                 ● 菅原町にある「塚口とうふ店」

 菅原町・疋田町かいわいを、いつも自転車にのって「チリン・チリン・・・」と「とうふ」を売っている”おじいちゃん”がいます(寒い日も、暑い日も・・・・)。「おはようございます」と挨拶をすると、「いい天気になったあぁ~~~」と元気な声がかえってきます。「有名じいちゃん」。

 一度、とうふを買おうと思っていたのですが、「(とうふを入れる)うつわ」を持っていないので、機会がありませんでした。今日やっと「店」を見つけました。

DSCF4346.jpg                 ● 「張り紙」だけのお店

 「店」といっても”看板”はありません。ただ「キヌトーフあります」との張り紙だけ(表札もなし)。
「こんにちは~」。声をかけると、奥のほうから、おじいちゃんの「は~~~~~い。」元気な声です。

DSCF4344.jpg                 ● おばあちゃんが「薪」の部屋を見せてくれました。

 「店」に入ると所狭しと「とうふ作りの”工房”」(小学校から”社会見学”にくるらしい)。おじいちゃんとばあちゃんが迎えてくれます。

DSCF4343.jpg                 ● とうふ工房

 80歳台のご夫婦。豆腐店の2代目だそうで、「店」は、この場所で70年くらいやっているそうです。
 薪で湯を沸かす「かま」はさすがに歴史を感じます。おじいちゃんの話では「戦地、内モンゴルにも行った」戦争体験者。

DSCF4342.jpg                 ● 元気なおじいちゃんとおばあちゃん

 きぬこし豆腐を2丁買いました。200円。20年も前から値段は変わらないと言います。

DSCF4349.jpg

 この「店」のとうふ。ぜったいおすすめです。
 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 西大寺駅南北のトイレ・・・・
 駅南口の「交番派出所」の横にあります。駅北口には「仮設トイレ」があります。

DSCF4312.jpg                 ● 西大寺駅北口にある仮設トイレ

 明日の「建設委員会」の質問準備を進める中でわかりました。
 駅南口のトイレは近く取り壊されます。当面「仮設トイレ」を設置する予定になっています。
 
 「仮設」ですから、当然「本格設置」が前提です。建設委員会で求めていきたいと思います。
 また、「仮設」であれ「場所がわかりにくい」という声もお聞きします。「案内板」の設置も必要だと加えたいと思います。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
    きょうの潮流

 東京の郊外、国分寺市の共産党市議・幸野おさむさんは、先ごろ、党支部の人たちと商店街を巡りました。消費税の増税をやめるよう求める署名簿を携えて。
 ● 国分寺市の共産党市議・幸野おさむさんposuta1[1]
 軒並み、「増税は困る」の声が返ってきます。しかし、もし増税されてしまったら…。駅に近い商店街の店主たちは、おおむね、「やっぱり不況になる。しかし、なんとか値段に転嫁しなければ…」と考えていました。
 幸野さんが「私もびっくりした」と語るのは、駅から離れた通りでの話です。ある、おそば屋さん。党支部の人が「カツ丼、ずっと前から800円ですね」と話しかけると、ご主人がいいました。「もし1割値上げすれば、お客はこない。店をやめます」。
国分寺駅北口商店街 ● 国分寺駅北口商店街
 増税分を転嫁すれば客がこない。転嫁しなければ損ばかり。だから店を閉じる。そば屋さんだけではありません。文房具店、酒屋さん…。「みんな、いまでは利益をあげるためというより、来てくれるお客さんのために開いているような店」(幸野さん)です。
 「経済のグローバル化ですよ」と酒屋さん。「グローバル(地球規模)化」のかけ声のもと、酒を売る大型店がふえました。そこへ大増税。消費税の増税が、地域住民のためがんばってきた多くの店にとどめを刺そうとしています。
 15年前の消費税増税も、不況を起こしました。いま、当時より「グローバル化」の影響ははるかに大きい。働く人の賃金も、「グローバル化」の名のもとに大幅に減らされました。なにか、社会の崩壊さえ予感させる増税案です。
     
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
■ 直近の予定(主なもの)
 
 5月14日(月) 奈良市議会建設委員会 13時~(私の質問は4時頃からです=早まることがあります。)
   16日(水) 橋下・維新の会をどう考える「学習会」6時30分~
          奈良県文化会館
   19日(土) あやめ池診療所健康まつり


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         
   演説会のご案内

DSCF4304.jpg

        赤旗申し込み
    お申し込みは、松岡かつひこまで。
 align="left"style="padding:5px;"
プロフィール

松岡かつひこ

Author:松岡かつひこ
1954年和歌山県生まれ。高校卒業後、証券会社に勤務。日本共産党奈良県委員・同奈良地区常任委員。99年に奈良市議に初当選、4期目。日本共産党奈良市会議員団副団長。議会運営委員、厚生消防委員。議会改革推進委員。妻・長男。

■ 連絡先
〒631-0033
奈良市あやめ池南7丁目564-62
電話 0742-48-8188

■メール送信先が変わりました
oka8nara@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

困った人をほっとけない
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。